スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

サピックス授業後の質問教室について子供の感想

サピックス新6年の長女は、新学年が始まった直後の2月、急に増えたプリントの量に四苦八苦していました。

これまでは、分からない問題を親に質問してくる事は滅多になかったのに、6年生になった途端、算数の問題について質問してくる事が急に増えました。

そんな時、私が一緒に考えて教える事で、対応できてましたが、ある日、算数の問題で、当人曰く「どうもすっきりしない」問題がありました。

「1問くらい放っておく?」という思いもあったものの、「たかが一問、されど一問」という思いもあり、長女は、初めて質問教室を利用しました。
小学3年からサピックスに通っていて、利用するのは初めてでした。

以下、長女との会話から知った様子です。

日によっては、混んでいる事もある質問教室ですが、長女が利用した日はそれほどでもありませんでした。

その日、質問をしている子達の中に、長女と同じクラスの子や、何度か同じクラスになった事のある顔馴染みの子達は誰もいず、全く知らない子達ばかりでした。
そのため、「同じクラスの人達は、みんな、しっかり理解できたんだろうな。私だけ分からなかったんだろうな」と思い、今いるクラス内では、自分だけが、ずば抜けて算数が苦手なのではと、心配になったそうです。

教えてくれるのは、算数の先生が教えてくれますが、普段授業で教えてくれている先生ではなく、別のクラスの算数の先生でした。

質問教室を利用する際には、どの問題のどの点が分からないのか、きちんと説明できるようにと、先生から言われているとのことで、質問教室を利用する日の直前には、どういう点が分からないか、きちんと説明できるようにしておきました。

うちの場合は、実際に先生に説明するつもりで、私を先生に見立てて、長女が、分からない点を説明してみて、ちゃんと先生に言えるか確認しました。

親相手なら話慣れているのでスラスラ説明できても、質問教室で先生に説明となると、緊張して頭が真っ白になってしまう可能性もあるため、念のため、そんな予行演習をしました。

質問教室を終えて、普段より少し遅く帰宅した長女は、とても明るい表情でした。
「とても分かりやすく教えてもらえた」と、先生が書いて説明してくれた紙を、私に見せてきました。

マンツーマンで教えてもらえて、まるで家庭教師みたいだと喜んでました。

教えてくれた先生は、6年生のアルファベットクラスの中でも下位クラス担当の先生でした。

これまで、私が目にしたネット上の色々な書き込みの中には、サピックスの下位クラスの先生について疑問や不安を持っている書き込みを目にした事がありましたが、子供がとても満足している様子を見ると、うちがお世話になっている校舎では、下位クラスの先生だって、分かりやすく教えてくれるという事を実感しました。

そして、今、早いもので3月も終わりになり、春期講習が始まりました。
6年生になって間もなく2カ月になりますが、だいぶ自分のペースをつかめてきた様子です。

プリント量の多さや難しさは相変わらず大変ですし、テストも頻繁にありますが、2月の頃のような、戸惑っている様子はほとんど見られなくなりました。

慌ただしさに毎日があっという間に過ぎていきます。
きっと、あっという間に夏休みになり、あっと言う間に正月になり、中学受験シーズンを迎えるのでしょう。

他の受験ブログ 中学受験(本人・親)はこちら
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
関連記事


トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://4chibi.blog98.fc2.com/tb.php/98-cdede820








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ