スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

不安定な成績の我が子に対する親としての考えや態度

小学5年生の次女は、サピックのαコースとアルファベットコースを行ったり来たりして、成績が落ち着きません。

成績が上がると、途端に気持ちが緩み、勉強の仕方が大雑把になります。
勉強したからこそ、やっと成績が上がったのに、「勉強したから」という大事なことをすぐに忘れて、気が大きくなり、一度上がったらもう安泰と言わんばかりの余裕をかまします。

そんな態度ですから、いずれ成績が下がってきます。
すると、今度は、自分が勉強してない事を棚にあげて「どうせ何やっても成績上がらないし」と言いだします。
そんな時に、先生がアドバイスをしてくれて、励ましてくれると、また成績が上がってきます。

これまで、そんな事を何度繰り返したことやら。
いちいち数えていないので、何度繰り返しているのか分かりません。

もし、私が、次女と真正面から向き合う事に専念し、いつの間にやら視野が狭くなっていたら、きっと、相当イライラしてストレスが溜まりまくることでしょう。

もしくは、何が何でも私立中学へ行かせたいと私自身が思うなら、いつの間にやら私自身が一番深刻になってしまい、相当イライラしてしまうのかなとも思います。

が、次女については、長女よりも精神的に幼い面を強く感じていたので、公立中学から公立高校に行くのが良いと思っていました。
そのためか、余りイライラはしていません。

そもそも、次女がサピックスに入ったきっかけは、長女が3年生の夏にサピックスに入るのを知った次女が、軽い気持ちで「私も入ってみたい」と言いだした事でした。
当時、うちの3番目と4番目の子達は、まだ3才と1才で手がかかっていたので、私自身の送り迎えの負担を考えて、当時2年生だった次女をサピックスに入れるつもりはありませんでした。
が、どうしても行ってみたいと言うので通わせることにしました。

合わなければ途中でやめればいいという軽い気持ちでしたが、サピックスに入ってから成績が良かったのは、当初は、長女ではなく次女のほうでした。
それは、4年生の夏休み前まで続きました。

サピックスでの成績が、思いのほか良かった事で、サピックスをやめる理由は何も無く、そのまま続けたのです。
その後、時々クラス落ちするようになり、上がったり下がったりしつつ、現在に至っています。

しかも、サピックスは、中学受験のための塾ですから、いくら公立中学でも良いと思っていても、子供自身に行きたい中学が出てきて、自然と中学受験する方向に向かって行きます。

子供自身が中学受験したいと言うのですから、子供の意思を尊重するつもりです。

ただし、私立中学に行きたいと当人から言ったからには、自覚を持って勉強しなければならないのに、随分のんびりしているな、という点で、親として不満を感じています。
相変わらず、難しい問題はすぐに嫌になって逃げてしまったり、勉強よりテレビ優先にするなど、次女の幼さが目に付きます。

勉強で口うるさく言う事はしていませんが、そんなのんびりムードの次女の様子を見て、あれこれ言いたくなる事もあります。
が、もう少し様子を見てみようと、言いたい気持ちをぐっとこらえて静観です。
学校から帰ってきてからの私との会話や、食事中の私との会話から察するに、当人なりに自分の状況が分かっているようなので。

それでも、時には、親が見ていることをアピールしています。

ずっとテレビを見ているようなら「今日の勉強は何をする予定なのかな?」と聞き、勉強した様子が見られないのに寝ようとしている時には、まずは「基礎トレはやったの?」と聞きます。

そんな時、既に勉強を終えている状態なら、次女は、かなり不機嫌に舌打ちをしながら「もうとっくに終わっているよ」と投げやりに言います。
どうして普通の口調で言えないのかと、そこで言い合いになった事もあります。

が、こちらの心配通りの場合は、「ん?今からやろうと思っていたところなんだよ」と、慌てて筆記用具やテキストを用意しだします。笑ってごまかそうとする事も。

こちらから見ていると、分かっているようで分かってないなぁ、と思える事が多いです。

勉強しないと合格できない、という一番基本的な事を、実は一番分かってないのではとも思ってしまいます。
きっと、実際に受験して不合格になって、初めて受験の厳しさに気が付くのかもしれません。

それならそうと、一番肝心な大学受験ではなく、中学受験で経験するのは良いのでは思っています。
私自身がそうだったのですが、その経験は高校受験で役に立ち、大学受験では第一志望に合格できました。

長い目で見た場合、中学受験から大学受験まで順調な子もいますが、そうでない子もいます。
私みたいに中学受験はダメでも、大学受験でが結果を出せる場合もありますし、中学受験で最難関校に入ったのに大学受験では、私よりはるかに成績の悪い結果になった知人もいます。

本当に人それぞれで、中学受験失敗したから人生ダメと言うわけではないですし、成功しても、その後の数々の試練のどこで躓くか、そしてそこから立ち直れるか、考え出したらきりがありません。

私は、あれこれ考えるほど、次女にとって何が一番良いのか分からなくなりますが、とりあえず、今の段階では、次女の好きなように受験させるのがベストだと思っています。

受かったらそこに進学しますが、落ちたら公立中学に進学です。
ここなら良いかなと妥協するような軽い気持ちで受けて受かった学校に進学、という選択肢は、うちにはありません。

どうしても行きたい学校を受けて受かったのなら、高い入学金も払う甲斐がありますが、中途半端な気持ちの学校にお金を払うつもりはありません。
不合格だった場合は、公立中学に行って高校受験をすることになります。
それは、次女も了承済みです。

次女が勉強しようがしまいが、時間はどんどん経過していき、あっと言う間に6年生の3学期になるのでしょう。
その時の受験の結果によって、その後の高校受験の有無が決まってきます。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
関連記事


トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://4chibi.blog98.fc2.com/tb.php/89-b2c6bf40








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ