スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

高学年になった時の事を考えた上での小学1年生2年生の通信教育や塾

サピックスや日能研などに入室を考えている子の多くは、小学校では成績が良いのではないでしょうか。

小学校入学時に、既に1~2年分先取りで算数の勉強をやっている子もいることでしょう。
でも、このままでいいのかな?と思いませんか?
特に、サピックスなど大手の塾入室を考えて、市販の本を使って先取り勉強を勧めている方ほど、気になるのでは。

私は、初めての子(長女)の時は、どんな教材があるか、通信教育に会社だって分かってませんでした。
そこで、まずは、その辺を、リサーチする事から始まりました。

きっと、多くのお父さんお母さん達も、リサーチした中から選択していくのでしょうし、いろいろなやり方があると思います。

とりあえず一通り小学校の算数を終わらせたいと思う人、小学校1~2年だけど中学受験を踏まえた「中学受験小学1年生」的な本をさせたい人などなど…。
また、科目によっても扱いが違ってくることでしょう。

以下の文は、娘達が低学年の時に経験した事をもとに書きます。
あくまでも、うちの娘達はそうだったということです。
娘達については、現在高学年になりましたが、反抗期の時期に入ってきているので、気難しいところがあり、こちらの言う事にいちいち反抗したりで、低学年の時とは別の事で試行錯誤の連続です。

低学年については、結論を言ってしまうと、いくら小学校で勉強ができて、自宅で先取り勉強していたとしても、小学校1~2年生の過程では、中学受験なんて無関係に、学年相応の学習が一番良いという事です。
親は子供の中学受験を考えていも、子供はまだ低学年です。

仮に、先取りしている高学年の受験問題集を子供に与えてみたところで、受験という言葉自体「?」という感じで全く実感がわかないですし、そもそも、そういう問題集は、低学年向きの挿絵などめっきり減って文字だけですし、低学年から見たら、「つまらない」ものになっています。
よっぽど親が子供を納得させて、一緒にやらないと、自発的には、やらないと思います。

低学年の子には、低学年という成長過程に合ったやり方があるようです。
どんな子も、得手不得手があるわけで、勉強ができる子の場合は、あくまでも「勉強については年齢以上の事ができる」というだけで、全てが勝っているわけではありません。
人間関係構築や日常生活に必要な色々な点については、年相応、場合によっては、他の子よりも苦手という点もあるのではないでしょうか。

勉強については、今の様子を維持もしくは伸ばしてあげる事を考えても、基本のしつけは年相応に、人間形成を考えた方が良いです。
親としても、「我が子は勉強ができるんだ!」と無意識のうちに舞いあがってしまってますが、冷静になって、我が子が成人する姿を想像して、今この子には何が大事かを考える必要があります。

ところで…
小学1~2年生で、勉強ができる子なら、きっと基本的な事は分かっているのでしょうから、更に楽しく思えるようにしてあげたらいいのでは、と思ってます。
低学年で、勉強ができるという場合、きっと子供自身も、「自分は勉強得意なんだ!」という自信が少しはあると思います。
それはとてもいい事ですから、その気持ちを生かして、更に楽しめたらいいですよね。
もし、将来的に中学受験するつもりなら、これが、幼い頃の受験対策といった感じです。

そのやり方は、親子の数だけ方法があるので、どの方法がベストかというのは無いでしょう。

お友達と遊んで、仲良くしたり喧嘩するのも大事だと思います。
親子で自然観察や工作などを体験したり、絵本の読み聞かせも大事だと思います。

そして、学校で勉強ができる低学年の子の場合、そのままずっと勉強が好きで得意でいられるようにしてあげたいものです。

実は、これが難しいと思うのです。
優しい内容から難しい内容になってくると、じっくり考えなければならず、それまでのようにすんなりとはできなくなってきます。
子供にとっては大きな壁にぶつかることになり、それを乗り越えていけるかが大事です。
低学年の頃に「勉強ができる子」が、学年が上がって難しい事を学ぶようになっていくうちに「普通の子」になっていることは、よくあることです。
親なら誰でも、それは避けたいと思い、色々対処法を考えます。

私は、当初、市販の問題集を親子でマイペースにやっていたのですが、高学年になった時の事を見据えて、もっと一工夫できないかと思ってきました。
勉強時間をむやみに増やすのではなく、毎日少しずつ、学校の宿題のついでにできるものは無いかなと。

そんな時、Z会や、サピックスの「ピグマ」や、四谷大塚の「りとるクラブ」、日能研の「知の翼」などの通信教育を利用するのは良い方法の1つだと思いました。
また、大手の塾では1年生から通えますが、習い事の1つのように通うだけですから、自宅から通いやすかったり、習い事の日程と重ならなければ、通塾も良いと思います。

低学年からの通塾と聞くと、そんな低学年から勉強させて…と思う人がいるようです。
が、それは実際に体験したことが無い人が、実情を全く知らず、他人の話や様子を個人の勝手な解釈をした上で言っているだけで、実際は、低学年から受験勉強で子供を締め付けるのとは全く違います。

当然ですが、高学年のような受験勉強生活ではなく、低学年の小学生としてごく普通の生活するわけですから、高学年で息切れして成績が下がる、というなんてありません。
もし、高学年で成績が下がってきたら、別の理由でしょう。
そもそも、通塾するしないにかかわらず、低学年のうちから、子供なりに勉強の習慣を少しずつ付けていくのは、中学受験をしなくても当然のことです。
塾に入室する前には、説明会に行ったり授業を体験するなどして実際の様子をよく分かった上で入室するわけですから、他人の噂は全く気にする必要はないです。

通信教育にせよ、通塾にせよ、それが親子のペースメーカーになりますし、低学年のうちは、量も少ないので親の負担もそう大きくはありません。
小学校の教科書とは違った頭を使う問題も出てくるので、ちょうど良いのではないでしょうか。

私の場合は、上の子達が低学年の頃は、末っ子を妊娠中で、切迫早産による自宅安静の期間を経ての出産や、長男の手術があったため、送迎が必要な通塾は考えられず、通信教育にしました。
通信教育の4社については、全てサンプルをもらい、子供と一緒に見ながら比較検討しました。
どの会社もよくできているので、子供に合っていそうなものを選べばいいと思います。

参考までに、うちが実際にやっていた通信教育について書いておきます。

一番頭を使う問題が多いのは、ピグマです。
カラーの挿絵が豊富で、楽しく頭を使う感じです。

また、理科と社会について、低学年から親しんでおきたいのならZ会です。
親と一緒に台所用品を使ってちょっとした実験をしたり、生活に密着した内容で毎月課題があります(難しいものではないです)。

りとるクラブは、1~2年では国語と算数だけですが、3年から理科と社会が入ってきます。
理科と社会は、生活に密着した簡単な内容ですが、Z会ではある実験のような課題は無いです。

長女も次女も、通信教育では、1年先の学年をやっていました。
通信教育で先取りしていたからと言って、塾に入る際も1年先の学年で入るかというと、そういう事は全くしません。
通信教育の良さは、我が子のペースに合わせて親子でできるのが最大のメリットですが、塾にいくなら、学力的に近い同じ学年の子達と授業を受けて、先生や同級生達から刺激を受けるのが大事と思います。
塾では、時に、ちょっと考えてしまう問題もあり、お友達の方がすぐに解けてしまうこともあったりで、ちょうどいいと思います。

うちが実際に通った事のある塾は、家から近いという理由からサピックスだけですが、どこの塾が良いかも、自分の子に一番合っている所にするのがベストです。

参考までに
通信教育の会社のHPです。
いずれも、資料請求しましたが、しつこい勧誘は一切無く、自分たち親子にあったものはどれか吟味できました。
安心して、資料請求してみてください。
小学生のためのZ会
四谷大塚「りとるクラブ」
サピックス「ピグマ」
日能研「知の翼」

以下は、塾のHPです。
通信教育よりお金がかかるので、説明会や体験授業などで様子をしっかり把握しておいた方が良いです。
体験授業が無い場合は、講習会だけ受けてみるのも良いですよ。
うちの場合、最初に、サピックスの夏期講習会を受けました。
夏期講習期間中に、2学期から正式に通塾するかどうかの確認の電話がありましたが、返事を急がせることは無かったです。
うちは、そのまま通う事にしましたが、とりあえずそこでやめておきたい場合は、断われば良いです。
一旦講習だけ受けて終わりにし、新学年で通い始めた同級生の子達もいますので。
サピックス(SAPIX)
四谷大塚
日能研
早稲田アカデミー
市進学院

また、低学年のうちは、読書の時間が沢山あるので、問題集やドリルではなく、算数にまつわる本も良いですよ。
うちは、以下の本を小学校入学時に買いましたが、長女がよく読んでいました。
次女は、あまり興味を示さなかったですが、長女が話題にする事があったため、その部分だけ読んでいました。
これを読んで成績が上がるわけではないですが、平易な言葉で書かれていますし、カラフルなイラストも豊富です。
特に、知識欲旺盛な子や算数が好きな子にはお勧めです。
以下のリンクは、Amazonのサイトに飛びますが、口コミが載っていて参考になるかと思います。うちは、上の子達でも試行錯誤ですが、現在幼稚園年中の子と3才の子がいるので、低学年の学習についても、相変わらず試行錯誤の日々です。
子供の気持ちを尊重したいので、子供1人1人との会話は重要ですし、その中で、笑ったり言い合いになったりと色々です。
上の子供達とは全く違うタイプの男の子もいるので、全てが手探り状態です。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
関連記事








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ