スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

SAPIX(サピックス)志望校診断模試から豊島岡女子学園中学入試の考察

数日前、長女が、先月行われたサピックスの志望校診断模試の答案を見ながら間違えた所を軽く見直していました。
普段の復習テストとは違って、具体的に受験したい学校名が登場するので、中学受験が近づいてきているのを実感できる機会でもあります。

娘に話しかけられたついでに、模試の成績が書いてある紙を改めてじっくり見てみると、桜蔭を第1志望としている子達の中で、豊島岡女子学園を第2志望としている子が多そうだなということが分かります。

うちの長女も、多くの女の子達と同様に、今のところ、豊島岡女子学園も受験予定中学としています。

先月の豊島岡女子学園の文化祭に行った次女から、パンフレットを見せてもらったり、文化祭の様子を聞いて、「やっぱり豊島岡に行こうかな」と、気持ちが揺らいでいる様子でした。
が、数日後には、やっぱり桜蔭と言ってましたが。

先月の志望校診断模試の結果の中で、志望校別の順位を簡単に数字だけ書いてみますと…

桜蔭(2月1日入試) 14位/323人
豊島岡女子学園(2月2日入試) 15位/395人
豊島岡女子学園(2月3日入試) 6位/171人
豊島岡女子学園(2月4日入試) 12位/328人
といった感じです。
概ね、実際の入試の傾向が出ているように思います。
実際の入試の縮小版といったところでしょうか。

長女も次女も気になっている豊島岡女子学園ですが、3回ある入試日の中で、どの日が一番入りやすいか考えてしまいます。
入りやすいと言っても、どの日の入試も、この模試データを見る限り、偏差値60以上ないと合格可能性80%以上とはならないので、難関である事は確かです。
それでも、敢えて少しでも難易度が下がる日を選ぶとするなら、2月3日です。
どの日もレベルは高いですが、2月2日が一番難しく、次に2月4日、その次が2月3日となっています。

長女の順位から推測するに、2月1日に女子御三家を受けた子達が、翌日の2月2日に豊島岡女子学園を受験するというパターンが多いのではないでしょうか。
共学が良い場合は、渋谷幕張や渋谷渋谷、大学の付属が良いなら慶応湘南藤沢といったところでしょう。
2月2日は、2月1日と同様に、ほとんどの子が受験する日ですから、同じ日が試験日の難関校が複数あっても、豊島岡女子学園の難易度が下がる事は無いようです。

2月3日になると、2月1日に受験した学校に合格して入学する子は受験しないでしょうし、筑波大付属などの国立中学や慶応中等部の試験があるので、子供達が分散するのでしょうね。
相対的に、豊島岡女子学園の難易度が微妙に緩みます。

そして、2月4日になると、最難関と呼ばれる学校の試験は無いため、豊島岡女子学園に集中します。
浦和明の星なども試験日ですが、将来理系に進みたい女の子達にとっては、豊島岡女子学園は最後の砦なのかもしれません。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
関連記事


トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://4chibi.blog98.fc2.com/tb.php/65-7abcae6e








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ