スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

桜蔭学園文化祭(2010年)の見学

豊島岡女子学園中学の文化祭に行ったことを前回書きましたが、どうやら、豊島岡女子学園で検索してこちらに来られる方々もいらっしゃるようなので、昨年に行った桜蔭中学の文化祭についても書きます。

本当は、今年も桜蔭の文化祭に行く予定だったのですが、3才の末っ子が高熱を出してしまい、それどころではなくなってしまいました。
来年は、長女は6年生ですし、次女は桜蔭中学には興味すら無いようなので、もう桜蔭中学の文化祭に行く事は無いでしょう。

昨年行った文化祭のパンフレットです。
あれから1年以上経ちましたが、今後行く機会がなかなか無さそうなので、大事にとってあります。
桜蔭中学文化祭パンフレット

桜蔭中学は、JR水道橋駅から徒歩5分くらいの所にあり、とても便利です。
都営地下鉄三田線 水道橋駅からなら、もっと近く、交差点を渡る必要が無いので、信号待ちの時間も無く、2~3分で着きます。
学校までは坂になっていますが、これが通称「桜蔭坂」(本当の名前は忠弥坂)として有名です。
すぐ近くには、私立の男子校だった(2005年から共学)昭和第一高校がありますが、俳優の佐藤浩市さんやV6の坂本昌行さんの母校です。

私は、午前中に、長男と三女を託児所に預け、長女と次女と一緒に行きました。
上履きは必要無く、土足のまま入れました。

桜蔭は、水道橋駅から行って坂を上がると、道を挟んで、左に本館・西館、右に東館があります。
行くと、まずは受付を通ることになりますが、行列になっていることも無く、スムーズに受付を済ませパンフレットをもらいました。

パンフレットの校舎案内図を見て、本館・西館側の中庭で縁日があると知り、まずは、本館・西館側の縁日に行きました。
ヨーヨー釣りは結構人気で、桜蔭の校名がローマ字で入っていてその下にウサギの絵が書いてあるものが、特に人気で、子供達はそれを一生懸命取ろうとしていました。
途中で、その校名入りヨーヨーは1人1つとなりました。
その脇では、ケンタッキーとドミノピザの出張店舗があり、飲食物を何も用意せずに行った私たち親子には大変ありがたかったです。
そういえば、先日に行った豊島岡女子学園の文化祭にも、ケンタッキーが来ていました。
豊島岡の場合は、校舎内にありましたが、桜蔭は中庭の縁日の隣で、とても分かりやすかったです。

こういうお店、校内にあるととても便利なのですが、出張店舗だけあって、数に限りがあるようで、お昼のピーク時を過ぎていくと、メニューによっては売り切れのものもあります。
なので、買うのなら少し早めに買うのがお勧めです。

桜蔭の西館ロビーには、休憩スペースが広く取ってあり、飲食しながら一休みできるようになっていました。
窓が大きく外の光がよく入ってきて、とても明るい感じでした。
西館の展示は、文系の展示が多く、歴史についてや核問題について、相当突っ込んだ内容で、細かくぎっしり書かれ、貼りだされていました。
その充実ぶりには、とても感心します。

一通り見た所で、東館に移動しました。

東館は、1階にはカフェや洋食をとれる部屋があり、家庭部料理班が手料理を出してくれる部屋もありました。
女子中高生らしい雰囲気が漂っています。

東館2階は、サイエンスストリートとなっていて、理系の各部が展示をしていました。
長女の意向で物理部にいた時間が長かったように思いますが、電気の配線を自分で組んで、カラフルなネオンサインが展示してある所で、桜蔭の女の子から色々説明を受けてました。
化学の実験も見ようと思いまいたが、生物部のカエルの解剖の方に行くことにしました。
が、結構な人だかりになっていて、なかなか見えませんでした。
モニターで表示されているので、モニターを通して見ることはできるのですが、それも小学生の娘には、大人達の頭でよく見えないと、ピョンピョン跳ねてました。
そして、数学部の部屋では、みんな黙々と渡された問題を解いてました。
うちの娘達は、全くの無関心で素通りし、1階に下りて、カフェに入りたかったようですが、1階のお店はどこも人でいっぱいで、廊下に行列ができている所もありました。

廊下や階段では、時々、運動系の部活の生徒達とすれ違いました。

勉強一筋で、なんとなく明るさに欠けるような先入観を持ってましたが、生徒達の全体的な印象は、みんな明るく元気で、笑顔がよく見られるという事です。
ごく普通の女の子たちだけど、勉強はとてもできる子達なのでしょう。
文化祭で、非常に内容の濃い展示を見てよく分かりました。

また、豊島岡でもそうでしたが、桜蔭でも男子校の生徒達が数人で一グループとなって来ていました。
特に、開成は、制服と持っているバックからすぐに分かりました。
関連記事

[ 2011/11/14 16:06 ] SAPIX通塾の日常生活 | TB(0) | CM(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://4chibi.blog98.fc2.com/tb.php/56-1878c26e








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ