スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

小学5年長女の夏休み総括

塾から、国語の問題集と算数の問題集をやるように言われていた小5の長女は、それなりの計画を立てていたものの、夏期講習の復習に追われ、なかなか大変そうだった。
塾が無い日は、寝転がって読書しているか、兄弟達と遊んでいた。
遊ぶ時間をもう少しだけ減らして勉強に回すと全然違ってくると思うんだけど。
読書量だけは、小さい頃から相変わらず多い。
でも、算数と理科の基礎トレは、全くやらず…。
夏期講習の復習だけはしっかりやっているので、こちらは敢えて何も言わず様子を見ているだけ。
学校の宿題は、夏休みのドリルは7月21日に全部終了し、それ以外も8月前半に終えていたが、自由研究はずっとほったらかし。
結局、昨日、有り合わせの布とファスナーを使って、ポーチを作り、これが自由研究だと言う。
しかも終わったのは、9月1日午前2時。
午前7時過ぎに起きて、午前7時半過ぎに登校した。

サピックスでは、6月に久しぶりに2番目のクラスに落ちたもののすぐに元の一番上のクラスに復活し、いつも通りのクラスで授業を受けられ、当人は満足していた。
2番目のクラスに落ちた時の4科目総合の偏差値は63で、当人はかなり落ち込んでいた。
しかし、次のテストの偏差値は71で、当人はホッとしたと同時に、元のクラスに戻れることをとても喜んでいた。

夏休みは終わって二学期となったが、9月4日は志望校合格診断テストがある。
当人の希望から、桜蔭を第1志望とし、第2と第3で、豊島岡とお茶大付属を登録した。

長女が言うには、一番上のクラスの雰囲気が大好きとのこと。
賑やかな男の子達がいて、授業中の先生とのやり取りが漫才のようで笑いっぱなしだと言う。
1クラスでは12人いて、その中で女の子は5人とのこと。
ずーっと一番上から落ちたこと無い子もいるが、たいていは1~3番目のクラスを行ったり来たりしているそうだ。
この楽しいクラスから落ちたくないというのも、長女が勉強をする上でのモチベーション維持の一端となっている。

国語と社会は、得意で、特に社会は常にトップクラスの成績を維持している。
小さいときから、地図を見るのが大好きで、地図を扱う絵本は昔からよく見ていたのが大きいようだ。
国語も、読書量は昔から多く、漢字については、小学校入学直前に、当人が「漢字ってとても面白い」と言って、毎日自由帳に練習し、あっという間に小学6年までの漢字の読み書きができるようになってしまった。

だが、算数と理科は特別得意というわけではない。
理科は、化学分野は大好きで、ニュートンの化学分野の記事は特によく読む。
周期表を見るのが大好きで、原子番号と元素記号はほとんど覚えていて、更に1つ1つの原子の性質や使用用途などに強い興味を示す。
が、それ以外の分野については、特に興味は無い様子。
算数は、それほど好きではない。
かと言って、特別嫌いというわけでもないようだが、約分や通分で間違えるなどの、単純なミスが目に付くのが欠点。
夏休み中、塾では、算数で比や割合を扱っていた。
3冊セットになっている夏休みの問題集も、それを扱ったもので、みっちり勉強するようになっている。
が、内容はとても基本的な所から入っていくので、分かりやすく、子供1人でも勉強しやすかった。
力は付いたのかな…。
丸付けをするのは私の役目だが、相変わらず計算ミスが目に付く。
入試まで、1年5カ月。
ついこの間入学したと思ったら、もう5年生か。
月日の経つのは早いものだ。
関連記事


トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://4chibi.blog98.fc2.com/tb.php/38-4235b130








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ