スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

サピックス6年生2学期の個人面談

11月には、サピックス最後の個人面談があります。

最後と言っても、1学期に1回、2学期に1回あるだけですが、保護者会では、2学期の個人面談について、受験間近になってきているので、具体的な受験校の選択が話題になると言われてました。

また、これまでの成績から、無理がある場合は、先生の方から遠慮なく別の受験校にするように言われる場合もあるとのことでした。

うちの場合は、11月半ばに個人面談がありました。

1学期の個人面談の経験から、担当の先生は、校舎責任者の先生と分かっていたので、あとはどんなことを言われるかが気になる点でした。

当日、受付の人に案内された教室で着席すると、間もなく、校舎責任者の先生が入ってきました。
思わず立ち上がり、先生にご挨拶。

そして、早速個人面談が始まりました。

先生は、中学入試日別偏差値一覧を広げつつ、最近の長女の家での様子を聞いてきました。

夏期講習の時の、毎日鼻血が出て困った話や、朝から晩まで復習を全て終えようと、睡眠不足になりがちだったことなどから話し始め、今は、マイペースにサピックスの復習をやっている事を伝えました。
2学期に入ると必死さが無くなり、夏期講習で精根尽きたかのようにも見えるので、先生に相談したところ、サピックスではこれまで通りの態度だし、授業点もこれまで通り、SSでの志望校別コースでも、常にトップ3に入っているので問題無いです、とのことで、ホッとしました。

また、2学期に入って以来、夜型の生活になっている事も気になったので、先生に伝えました。

午後4時過ぎに小学校から帰ってくると、お菓子を少し食べて、そのまま布団に入って眠ってしまいます。
午後7時ごろ起きてくるのですが、場合によっては、午後9時ごろ、酷い時は、午後10時になっても起きてこないので、さすがに私が起こします。

起きてから、夕食や入浴を済ませ、それから学校の宿題を終わらせ、最後にサピックスの勉強をしています。
そして、午後2時ごろ就寝するのですが、さすがに私は、その時間まで付き添ってはいられないので、先に寝ています。

そんな話を先生は聞いて、「大学生みたいな生活してますね」と笑いながらも、
「やらなければならない事は自分のペースでやっていくと思うので、当面は、そのまま見守ってあげて下さい。入試が近づいてきたら、徐々に朝方に切り替えるようにしてはどうでしょう。」
と言われました。

こちらの気になる事に対して、少しはホッとできる言葉をいただきましたが、だからと言って、心の底から安心できることはできません。
どうしても、不安や心配は残るもので、きっとそれは、中学入試が全て終わるまで続くのでしょう。

次に話題になったのは、受験する中学の組み合わせ方です。

1学期の個人面談以来、大きな変動はありませんが、先生から、1月に最低1校は受験して合格しておいた方がいいというアドバイスを受け、ここなら合格すると思われる中学を1校受験することにしました。

長女自身も、「先生の言う通り、1月のうちに受験することで、受験会場の雰囲気に慣れておきたいし、行く行かないは関係なくとりあえず合格も経験したい」とのことだったので、1校だけ受験することにしたのです。

先生からは、千葉中を受検しないのならと、他に受験してはどうかと勧められた中学が出ましたが、それについては、やんわりお断りしました。
下手にあちこち受験して、1校でも落としてしまった場合、それを引きずって2月の受験をするのが嫌だからです。
また、余計な外出で風邪をもらうのも嫌だと思っています。

また、2月1日、2月2日の受験校については、1学期の時から変更をありません。

また、2月3日については、念を入れて、2月2日受験校の2回目入試に出願し、2月2日に合格しているなら2月3日は欠席することにしました。

先生からは、1学期の時と同じように、「万が一全部落ちた場合はどうしましょう」と言われました。
そこで、私は、長女が、「2月1日と2月2日の受験で終わり!」と言いきってばかりで、その後の受験校についてはほとんど無関心である事を伝えたところ、先生は、
「確かに、1月に滑り止めとして1校受験しますし。うーん…〇〇さん(長女)の場合、2月1日と2日両方落ちる事は...無いでしょうね…」
という事で、長女の意見がそのまま通りました。

あとは、先生に、念のため、国立中学を併願する場合について少し質問をしました。

国立の中学については、受験科目が多く、しかも、採点基準が分からない事もあり、
「どうして不合格だったのか分からない子が毎年いるんですよ。なので、普段のサピックスの成績だけでは予測が難しい学校です。」
と言われました。
先生のこの言葉を聞いて、出願しないことが確定したと思いました。

個人面談の予定時間は、1人30分間ですが、この時点で数分余ったので、話は次女のほうに移りました。
先生が、話を振ってくださったのですが、アドバイスというよりは、珍しく、お褒めの言葉をいただきました。

国語の成績と授業での様子について話して下さいました。
次女の場合、国語の成績だけは良いのです。
偏差値は常に60代後半を維持し、時々70を越えます。
先生からは、「あれだけの読解力と文章力があれば、国語については問題ありません。」
と言われました。
日ごろ頭を悩ませてしまう事が多い次女に対して、お褒めの言葉をいただけるのは、こんなに嬉しいのかと実感しました。

が、よくよく考えてみれば、国語だけの話で、他の科目は問題だらけ。
結局、その後は私の愚痴に。
算数について、親が何度言っても逃げの口実ばかりで、やり始めたと思ったらもう別のほうに気が向いている、という話になってしまいました。
そして、先生も、もう同じセリフを言うしかないのでしょう。
これまで通り、「お姉ちゃんと比べではダメですよ、お母さん」と言われました。

そしてあっという間に、終了時間になり、最後には、「お子さん4人と多いですし、色々な子がいて大変だとは思いますが、頑張ってください」とのお言葉をいただき、サピックスをあとにしました。

他の受験ブログ 中学受験(本人・親)はこちら
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
関連記事

[ 2012/11/25 20:11 ] SAPIX(サピックス)長女(6年生) | TB(-) | CM(-)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ