スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

サピックス6年生最後のマンスリー実力テストの後

前回書きましたが、次女の日常生活については、これで大丈夫なのかと心配になってしまう様子でした。
そんな中、11月末には、サピックス生活最後の組み分けテストでもあるマンスリー実力テストがありました。

最後の組み分けテストの結果は、最近見た事がない悪さで、6年生になったばかりの時の成績を思い起こすような成績でした。

このマンスリー実力テストの結果は、子どもがサピックスで成績表をもらう前に、私がサピックスのHPにログインして見て、子どもに結果だけ伝えました。

私は、「これは悪い。やっぱり、予想通りの展開」と思ったものの、子どもには、親としてのコメントは何も話さず、結果だけ短く伝えました。

次女は、私から今回の成績を聞いた途端、自分の目で成績を確認せず、無言のまま別室に入り、しばらくこもっていました。
部屋から出てきても、しばらく無表情で無言。
いつも通りに学校の宿題やサピックスの復習をしていましたが、おそらく、相当ショックだったことでしょう。

成績が悪かった場合、いつも、その日のうちに私から何か話してたのですが、その時は何も話しませんでした。
何か言い出したことで、ヒートアップして、余計な事まで言ってしまわないようにしなければ、と思いましたし、おそらく当人が一番ショックを受けているはずだから、親があれこれ言う事もないだろうとも思いました。

もしかしたら、親が何も言わなかった事で、返って深刻さを感じたかもしれません。

最後の組み分けテストでもあるマンスリー実力テストは、クラス落ちするのが嫌だからと、欠席する子もわずかながらいるとのことです。
そのため、保護者会では、先生から、
「絶対に休ませないでください。クラス落ちが嫌だからと言ってずる休みして逃げる子は、その後の受験本番でもいい結果が出ない割合が大きいんです。そもそも、クラス落ちしても、冬期講習は、志望校別クラスでの授業ですから。」
と言われてました。

うちの子どもの場合、そう言う事は気にしないので、テストの日も、平然とした様子でサピックスに行きましたが、クラスは急降下となりました。


翌日、学校から帰ってきた次女に、テストの結果について少し話した方がいいかと思い、話題を振るタイミングを何気なく見ていました。
すると、次女は、学校の宿題を終えると、テストの見直しを始めました。
特に、一番悪かった算数については、もう一度解き直していました。
途中、夕食の時間になり、夕食後は、私も一緒に解き直しましたが、私としては、次女自ら算数を解き直す様子を見て、少しはホッとしました。

テストの復習ついでに、苦手と思っている項目について、通常授業でやったテキストをざっと解き直したり、場合によっては、5年生の時のテキストを引っ張り出しました。
簡単に復習を済ますだけのつもりだったものの、あれもこれもと、結構突っ込んだ勉強をしました。

その後、SSや土特の復習をしたのですが、そこでまた分からない問題があると言って、ずっと考えこんでいます。

その頃、うちの下の子達は、「ママと寝るんだ」と言って、ずっと私を待っている状態。
次女の勉強を見なきゃいけないし、下の子達に先に寝るように言っても、ずっと私を待っているので、どうしようかと思ったのですが、結局、私の様子を見かねて声をかけてきた長女に、次女の勉強を見てもらう事にしました。

私が、下の子達に絵本を読んで寝かしつけている間、隣の部屋からは、長女と次女の話し声が聞こえてきていました。
1歳4ヶ月違いの年子姉妹なので、知らない人が見たら同級生同士に見えますし、友達のような雰囲気の姉妹です。

何を話しているかは分からないですが、時々笑い声が聞こえています。
そして、時々、「えーっ」という長女の悲鳴のようなものも聞こえています。

しっかり教えているのか心配になりましたが、私は下の子達に専念しました。

その後、下の子達が寝付いたので、上の子達がいる部屋に戻ってみると、長女が、私の顔を見るなり、「〇〇(次女名)、ほんと解けなさすぎ」と苦笑いした顔で言い、次女は、次女で、「〇〇(長女名)の教え方、分かるけど、すぐ雑談して勉強にならない」と、互いの不満を言いだしました。
もっとも、勉強にならないと言いつつ、姉妹でとても楽しそうなんですが。

「で、結局解けるようになったの?」と、私が聞くと、姉妹で頷いていたので、とりあず、この日の算数の勉強はそこで終了としました。

これまで、ずっと前から、次女は、長女から勉強を教えてもらう事をかなり嫌っていましたが、12月ごろには、「教えてよ」と自分から言うようになってました。
次女なりに切羽詰まってきている様子です。
長女は、以前から、次女に教える事に抵抗はなく、去年長女自身もやったばかりという事で、私が教えるよりもはるかに効率よく解いて教えていきます。

ここにきて、長女がちょっとした家庭教師として活躍してくれています。

しかし、気になる事は、このテストの結果が、たまたま悪かっただけなのか、本当に急降下してしまったのか、どちらなのか、ということでした。
この約1週間後には、第4回合格力判定サピックスオープンがあり、サピックス生活最後のテストでもありました。

そのテストの結果次第で、その後の予定が、これまで通りのシュミレーションとは違ってきますし、態勢を立て直すための予定を改めて組み直さなければならないと思いました。

他の受験ブログ 中学受験(本人・親)はこちら
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
関連記事

[ 2014/01/23 14:35 ] SAPIX(サピックス)次女(5年生) | TB(-) | CM(-)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ