スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Z会小学1年生の国語,算数,経験学習

小学1年生と幼稚園年中の下の子達がやっているZ会について書きます。

現在、小学1年生の弟がZ会を始めて半年以上経ちました。

Z会は、長女がサピックスに入る前にやっていた通信教育でもあります。
長女の時は、1学年先取りをしていましたが、長男は、学年相応の教材をやっています。

小学1年生の通信教育は、進学塾がやっているものも含め、複数の会社があります。
どこの会社のものも、小学1年生の場合、勉強の難易度よりも、計算や読み書きをしつつ勉強を習慣づけることを第一としています。
あとは、各社でそれぞれの特徴を出しています。

うちの息子は、腰を据えてじっくり考えるタイプではありません。
Z会の勉強をしている時も、1問するたびに、できれば立ちあがり大喜びし、分からないと突っ伏すか寝っ転がってしまいます。
できてもできなくても、スムーズに次の問題に進めません。

小学校での授業中は、とてもおとなしいのに、家では、自由に騒ぎます。
Z会の時間が運動会のようです。
静かに問題を解き進めていく娘達と違い、次の問題に行くのに時間がかかります。

そんな息子ですが、それでも、Z会のドリルZとエブリスタディを、毎月やり終えています。
本当は計画を立ててやるのですが、息子の場合は、気持ちの入る日とやる気にならない日があるので、今のところ計画は立てず、やる気が無くても国語と算数を毎日1日分やるようにしています。

とは言っても、野球をやって疲れて帰って来た日などは、学校の宿題だけで終わってしまう事もあります。
そのかわり、やる気のある日は一気に数ページ進めるので、月末には終了できています。

その理由は、ドリルZとエブリスタディ共に、教科書レベルの問題と、基本ができれば理解できる(解けなくても親が説明すれば理解できる)発展問題からなっているからです。
問題数もちょうど良いです。
小学校入学と同時に始めたZ会ですが、1年生になって半年以上経ったからといって難易度が上がるわけでもありません。

かつて、長女は、Z会を始める前に、ピグマキッズくらぶ(サピックスの通信教育)をやってましたが、その時の経験から、じっくり考えさせる問題が多いピグマだと、息子の場合は続かないのではと思ったのも、Z会にした理由の1つです。

Z会は、国語と算数以外に、経験学習として、理科のテーマと社会のテーマが毎月あり、どちらか一つ好きなほうを親子でやってみてから絵を描いて、国語や算数の添削と一緒に提出します。

これも、1年生にあわせたテーマなので、難しいものではありません。
例えば、11月では、社会のテーマが、「昔の遊びを楽しもう」で、すごろくや、おはじき、お手玉などで遊んだり、昔と今の家の様子の違いを考えたりします。
理科のテーマは「秋の自然を楽しもう」で、公園などに行って枯れ葉やどんぐりを探し、そのどんぐりや枯れ葉で工作をします。そして、木の一年間の変化についても考えてみます。

うちの場合、日頃からやっている事がテーマだったり、既にやった事があるテーマだった場合は、改めてやらずに絵を描いてしまってます。
例えば、公園に行ってどんぐりや落ち葉を拾って、学校の授業で同様のテーマで工作したので、理科のテーマを選びます。

自宅で親子で作ってみなければならないものがテーマという事もあります。
私は、これが重荷に感じる事は正直あります。
でも、毎月、親子でなじめないテーマが続くわけではないですし、時にはそういう月もあるという程度です。
そういう時は、負担にならない程度に、それに関する話を親子でするだけでも十分だと、私は勝手に思っています。

だからこそ、長女の時からZ会を続けています。

以下では、11月号のエブリスタディやドリルZの一部です。

「今日は疲れたからやりたくないなぁ」と息子が言った時も、「じゃあ1ページだけやろうよ」と声をかけ、短時間で終わらせる事が出来そうな内容です。

算数ドリルZ
ドリルZの算数です。
引き算ですが、教科書レベルの内容です。
私自身がZ会で大学受験に合格している事もあり、Z会をやることで、今の時期は、この程度のレベルができればいいのだという安心感があります。

算数ドリルZ発展
算数のドリルZ発展問題の一部です。
この写真は文章題ですが、他にも考えさせる問題は有ります。
算数の学力というよりは、読解力が少し必要な問題という印象です。

国語ドリルZ
ドリルZの国語です。
今は、漢字の練習がメインです。あとは、言葉の使い方も出てきます。
発展問題は、読解力を付ける問題や、自分の好きな物や考えを書かせる作文などがあります。
うちの長男の場合、読解問題は順調に進みますが、作文問題は、親が見るだけなら適当で良いだろうと、いい加減になります。
本当は、作文問題だけ先生に見て欲しいところですが、そうはいかないので、作文問題だけは、機嫌のいい時に話しかけて、やらせることもあります。
物語を自分で作るのは好きなようで、そういう問題の時は自分からすらすら書いています。

エブリスタディ算数
エブリスタディの算数の一部です。
エブリスタディは、初めての単元を分かりやすく説明しつつ問題を解かせるので、Z会の教科書にあたります。
この写真は、発展問題です。
基本的な問題は、ドリルZの写真のように引き算のやり方を分かりやすく説明してあります。
また、この写真の発展問題は、ドリルZの発展問題の一部にもあります。
エブリスタディでやる事は、ドリルZでもやることになっています。
繰り返しやる事で、勉強する内容が定着しやすいようになっています。

エブリスタディ国語
エブリスタディ国語の一部です。
読解問題の写真ですが、見開き2ページの上半分に文章があり、下半分に問題があります。
見開き2ページで、小学校の国語教科書とあまり変わりない難易度です。
問題数も3問なので、ちょうど良いです。
そのぶん、上半分に書いてある文章を、ゆっくり読むことができます。

⇒ 小学生のためのZ会

無料お試し教材を請求しても、しつこい勧誘はありません。

他の教育ブログはこちら
にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村
関連記事

[ 2014/01/31 14:08 ] Z会(年の離れた弟妹) | TB(-) | CM(-)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ