スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

SSの志望校別講座に第1志望校が無かったので

早くも12月になり、2013年も終わろうとしています。
そんな中、次女は、相変わらず、毎週日曜日はサンデーサピックス(SS)に通っています。

SSは、志望校別講座と2講座選択する単科講座があります。

志望校別講座については、当然、自分の志望校にあわせた講座を選ぶわけですが、次女が行きたいと言っている中学の名前がついたコースはありませんでした。

SSのコースを決める場合、大抵の場合、実力相応の学校かチャレンジしたい学校を選ぶのに、次女の場合、偏差値的には、既にクリアしていて、滑り止めの学校として受験してもおかしくありません。

こういう場合どうしたらよいのだろうと考えていたところで、サピックスの先生から電話が来て、SSのコースどうしますか、という話になりました。

なにせ、次女が行きたい中学を選ぶ第1条件が、陸上部がある、ということだけだったからです。
私も、次女の言う中学の説明会に行き学校見学をし、先生のお話しや生徒さん達の様子が好印象だったので、そこが第1志望で良いと思い始めていたのですが、もう少し考えてみる事になりました。

次女の興味の対象や通いやすさだけでなく、成績も考慮して再び考えることとなりました。

6年生の授業開始当初、次女の成績は、ちょうど真ん中のコースでした。
5年生になって以降、少しずつ成績が下がっていき、上がったり下がったりを繰り返しながらも、長期的に見ると下降していき、6年生は、ちょうど真ん中のコースからの出発でした。

次女が受験したいと言う中学は、私としては、更に成績が下がるかもしれないという事も考えた上での中学選択でした。

一方、次女の成績は、6年生が始まって以降、それ以上悪くなる事は無く、現状維持と少し成績が良くなる事を繰り返しました。
夏期講習の頃には、アルファベットコースの最上位まで回復し、毎日の授業では、授業点により、αコースの子と入り乱れつつ授業を受けるようになりました。

そんな経緯もあって、先生から電話が来たわけです。

改めて、次女と志望校について話し合うと、これまで通りで良いと言いつつも、次第に次女なりの考えを言い出しました。
結局、これまで口にしなかった2校を挙げたので、改めて先生に相談しました。

すると、
「今の成績で、その2校を受けるとなると、2校とも不合格になる可能性があります。実際には、そのうちの1校を受験することを考えて、そこを第1志望校としてはどうでしょう。」
と言われました。

私は、急に第1志望校を変えることに違和感を持ちました。
しかし、次女は、これまで第1志望としていた中学は、日程的に、これまでの予定通り受験できるのなら、別の学校も考えてみたい、と言いました。

陸上部が無い事を指摘しても、「それなら、その学校にある部活の中から選ぶから」と、以前よりも部活に対しては、拘りが少なくなったようでした。
現実問題として、部活動にばかりに拘っていられなくなったのかもしれません。

そこで、更に、2校のうちどちらを第1志望校にするか次女と話し合い、その結果を、サピックスの先生に伝えました。
ただ、次女は、少し迷っているような様子もあったので、それも先生に伝えました。

すると、先生からは、
「もし、途中で別のコースに変えたいとなったら、言ってください。変更はできますから。」
と言われました。

そうやって、SSの志望校別講座のクラスが決まり、現在に至っています。

SSの志望校別講座では、その中学が第1志望の子ばかりが集まっているわけですから、授業の内容も、その中学合格に向けての内容です。

次女は、5年生以降、もはやα1コースとはすっかり無縁になっているため、初めてのSSでは、教室内に混じっているα1コース常連の女の子のレベルの高さに、感心するばかりで、別世界の人を見るような感じでした。

しかし、毎週、同じ顔ぶれでSSを受けてるうち、教室内の子達と会話するようになり、次女は楽しいと言うようになっていきました。
毎週、授業での成績によって変わる席順も、ずっと一番最後の席なのではと思っていたのですが、そうでもなく、それなりについていけている様子です。

ただ、サピックスに通う以上、楽しいだけでは過ごせないのは確かです。

次女の場合、第1志望校をどこにするか迷いがあり、とりあえず、難易度の高いほうの中学のコースに入りました。
しかし、2学期の成績によっては、早めにコースを変更することを決める事になります。

これは、次女のSSのコースを決める際に先生から言われたのですが、その中学受験のための勉強についていけるか、成績次第では、別のコースに移ることが必要になってきます。
チンプンカンプンで授業を聞いているくらいなら、自分に合ったコースで勉強すべき、と言う事です。

他の受験ブログ 中学受験(本人・親)はこちら
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
関連記事

[ 2013/12/05 15:30 ] SAPIX(サピックス)次女(5年生) | TB(-) | CM(-)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ