スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

小学校PTAの広報に専念中

このブログからだいぶ遠ざかっています。

昨年の11月ごろ、このブログで、私が小学校PTAの広報委員をやっている事を書き、来年はもうやりたくないと書いた記憶があります。

しかし、今年も、再び広報委員をやっています。
去年やっていた経験から、今年は班長です(委員長ではなくて)。
昨年以上に学校にいる事が多く、自宅のPCに向かう時間がほとんどありません。
自宅でPCを使うにしても、ワードを開いて広報誌の編集作業をしています。

そのため、このブログに来るのはかなり久しぶりです。

ところで、私が再び広報委員をやると知ると、6年生のママ達に「2年連続でよくやるね。広報って大変なんじゃないの?」と聞かれます。
作業の量だけ考えたら、確かに「大変」ということになるでしょう。
ただ、私は、大変だからこそ生まれるチームワークと連帯感に惹かれて、結局今年も立候補しました。

私は、2年前まで、PTAの係は面倒で関わりたくないと長らく思っていたので、すぐ終わる簡単な行事の係ばかりしてました。

関わりたくないと思っていた理由は、下の子達の妊娠出産が続いたため、何をするにも乳幼児連れになってしまうからです。
また、入院したり手術を何度かしなければならない子もいるため、その子の病気のほうに専念したい思いもありました。
そんな時期に、クラスのお母さんから電話がかかってきて、何かやるようにきつく言われたことがありました。
提案された係の活動時期は、手術の時期と一致していて、お断りせざるおえなかったものの、子どもが同じクラスというだけの知らない人に、自分の子どもの病気の話なんてする気はなく、対処に困りました。
結局、その時は、担任の先生に事情を話しましたが、PTAに対する印象は、長女が小学校に入学して以来、あまりよくありませんでした。

しかし、6~7年経つと、先生やお母さん達の顔ぶれはだいぶ変わり、末っ子が幼稚園に入園したのを機に、人とコミュニケーションをとるにはどうしたらいいのかと考るようになりました。

再就職するなど色々な方法がありますが、とりあえずPTAの委員をすればいいのかなと思いました。
関わりたくないと思っていたのに、今度は関わってみようと思うようになった自分に驚いています。

うちの子が行っている学校は、PTA広報誌のコンクールで何らかの賞をとるなど結構盛んです。

よその学校では、くじで当たってしまったとか、じゃんけんで負けたという理由で広報委員になる事もあるようです。

私は、広報委員の研修会に出たり、他校の広報誌を色々見てますが、どうせやるなら楽しもうと思うか、ずっと嫌々やるかで、広報誌の内容も変わってくるのかな、という印象を持ってます。

学校によっては、学校から出される学校便りと全く同じ内容なのでは?というものも見かけますが、それでは、あまり読まれることなくゴミ箱行きかも。

うちの学校は、それが嫌なので、他のお母さん達との会話の中で関心のある事を日頃から気にするようにして、自分達が興味のある内容について書くようにしています。

ただし、所詮素人集団の作る新聞なので、難しい事は考えず、少しでも興味を持って読んでもらえるように、みんなで広報誌の内容を考えています。

昨年は、学校の行事の裏方の係の子達の取材、どれほどの母親が仕事をしているのか統計を取り、学童での過ごし方や、学童スタッフの顔ぶれ、母親が働くことに対する家族の理解など調査しました。

今回は、学区内の公園全てについて、遊具の種類、トイレや水道の有無、見晴らしの良さ、自販機の有無などを調査し、子ども達にアンケートをとって、公園人気ランキングなどします。
公園取材は、自分がそんなブログをやっているせいか、興味深く思えて、自分1人で全ての公園を回ってしまいました。
他にも、みんなで手分けして、運動会の時の弁当のメニューや、当日夜の夕食事情などをお母さん達にアンケートをとり調査中です。

本当は、育児をしつつも気になってくる母親の健康事情(老眼、更年期、白髪など)も取り上げたいのですが、学校から、PTAと関係ないと言われそう。
最終的には、教頭先生や校長先生のチェックをクリアしないと発行できないので。

広報委員のメリットは…

定期的に会っているうちに、いつの間にやら、変な遠慮が無くなり、チームワークと連帯感ができ上がってきます。
気軽に雑談できる程度の知り合いが複数できる事です。

6~7人のグループで役割分担して作業をしているのですが、時にはみんなで談笑することもあり、結構楽しいです。
子どもの学年もバラバラなので、色々な学年の話を聞くのは新鮮です。

あとは、学校に行くと自分の子供達とすれ違う事も多く、子供は喜んでいます。
特に、入学したばかりの一年生の子どもが、おとなしく授業を受けている様子や、友達と休み時間に遊んでいる様子を見られるのは、安心できます。

ただ、結構大事なのが、同じ係の人達の顔ぶれです。
これによって、雰囲気や負担が変わってきます。

幸い、全く協力しないとか、文句ばかりで何もしないとか、そういう人はいません。
みんな協力しあって良い雰囲気です。
フルタイムで働いていて、学校に全く来られない人もいますが、先生や生徒に書いてもらったコメントを、そのままワードでうってもらうなど、簡単な作業をしてもらい、ファイルを送信してもらってます。

広報の話は、いくらでも書けてしまうのですが、もうこの辺でやめておきます。

このブログについては、まだ放置期間が続くかもしれません。
また、全然更新してないにもかかわらず、それなりにアクセス数があるようになりました。

10年くらい前、当時住んでいた地域のママ達の交流HPを運営していたこともあり、ブログじゃなくてHPにしようかという気持ちもありますが、今すぐできる事ではないですし、コメントいただいても全て放置という事になってしまうので、コメント欄は無くしました。
但し、今までのコメントはそのまま残してあります。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
関連記事

[ 2013/07/07 16:05 ] 私の日常の出来事 | TB(-) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ