スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

サピックスの先生から受けるアドバイスの限界

最近、サピックスの先生との会話について続けて書いてますが、今回は、私自身が、先生からアドバイスを受けた中で感じた限界について書きます。

私個人の感覚としては、やる気のない子どもの相談で、「子どものやる気を出すにはどうしたらよいでしょうか?」というのは、先生への相談としてはNGだな、と思っています。

そんなこと相談されたって、先生だって困るでしょうし。
話の流れの中で軽く愚痴る程度ならいいのかもしれませんが。

先生は、それなりに勉強する気がある子が困っている時には、何をしたらいいかなどのアドバイスをしてくれたり、励ましてくれます。
私の場合、私が先生と電話で話すことと、その後の子どもへの励ましは、いつもセットになっているように思います。

しかし、やる気のない子は、まずはやる気が起きるように、親子で話し合う事が大事なので、先生との会話以前の問題のように感じています。

というのも、1年くらい前、当時新5年生の次女の成績が下がった時、先生からアドバイスの電話がかかってきたのですが、次女のやる気の無さが目立っていて、先生のアドバイスが虚しく聞こえた事がありました。

先生にそんな次女の様子を伝えましたが、「前回成績が良かったので、すっかり緩んでいるのでしょう」というだけでした。
その言葉に対し、私は、「私もそうだとは思うんですが、どうしたら緩まずに勉強を続けられるのか、子どもと色々話すんですが、なかなか…」と言いました。
先生は、それ以上、「気の緩み」についてのアドバイスは言いませんでした。

こちらとしては、先生の言う「気の緩み」は私も分かっていて、どうやったら気持ちが緩まずにやる気を続けさせる事ができるのかが問題でしたが、それ以上先生に突っ込んで質問する雰囲気じゃないと思うと同時に、更に先生に質問する勇気も無く、先生の話を聞きながら、親子で解決しなければいけないんだなと思いました。

もしかしたら、先生は、そのうちまたやる気は出てくるでしょう、ということで小学生にはよくある事と思われてたのかもしれません。

先生の認識と親の認識の程度で差があって、親である私が深刻に考え過ぎなのかな、とも思いますが、毎日子供の様子を見ている私としては、一番気がかりな事でした。

もしかしたら、私の先生に対する遠慮の気持ちがあったため、先生との意思疎通がスムーズにいかなかっただけなのかもしれません。
なにせ、先生と話し機会なんてそう頻繁にあるわけではないので。

その時の事を振り返って考えるのですが、いずれにせよ色々な要素が重なって、先生がアドバイスするにも、親が質問するにも、限界があり、根本的な問題となると、親、もしくは親子で解決していかなければならないと実感しました。

また、その時、初めて、もしかしたら、家庭教師や個別指導が必要なのかもと思いました。

しかし、公立中学進学も選択肢の一つである我が家の場合、そこまでしなければならないなら、サピックスをやめて別の方法を取るという方針です。

他の受験ブログ 中学受験(本人・親)はこちら
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
関連記事

[ 2013/03/31 08:27 ] SAPIX通塾の日常生活 | TB(-) | CM(6)

Re: 年子の下の子について

放置状態のブログにもかかわらずコメントありがとうございます。
そして、返信がだいぶ遅れてしまって、すいません。

早速ですが…

次女の場合ですが、転塾が頭をよぎったことはあります。
あえてそのことを考えないようにして、なるべく客観的に次女を見ようとした事も数知れすありました。
結局、次女の成績の経緯を見ている限り、どんどん成績が落ちていくわけではなかったので、そのままサピックスに通わせました。
子どもの勉強に対する姿勢は、どこの塾に行っても、当人の気持ちが変わらない限り何も変わらないだろうし、次女の場合、とても人見知りが強いので、慣れない環境でゼロから始めるよりは、慣れているサピックスでそのまま続けた方がいいとも思いました。

真剣に子どもに接するほど、思いつめて煮詰まってしまいますよね。
お気持ち分かります。
[ 2016/04/27 11:27 ]

年子の下の子について

はじめまして。
うちにも年子でサピックスに通う姉弟がおり、いつも読み返させていただいております。

姉の方は目標を持ち、自ら学習できますが、まだ精神的に幼い息子は私が横について励ましても宿題量の多さに現実逃避してしまい、通塾直前になって慌てて宿題を片付けるありさま…
息子にはっぱをかけたり、叱ったり、褒めたり…で姉の集中力も途切れがちです。

このままでは共倒れになってしまう、と不安な毎日。
サピックスの先生に相談しても、ブログでおっしゃっていた通りの反応のみ…。

下にもお子さんがいらっしゃるとのことで、私より数段大変だったと思いますが、面倒見のよい(つまり親の手の必要のない)塾への転塾など考えられたことはありませんでしたか?

毎日そのことで頭がいっぱいで、私の生活も悪循環になり、子ども達にも悪影響なため、勇気をもって質問させていただきました。

見て下さるとありがたいですm(_ _)m
[ 2016/04/02 07:09 ]

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。
やる気を出させるって、本当に難しいです。
長女は目標に向かってまい進するタイプだっただけに、この差はかなり大きく感じます。
[ 2013/04/14 07:23 ]

人にやる気を出させる方法は難しいですね。
親子での話し合いはもちろんですが、親自身が学習する姿をみせて「かっこいい」と思わせることが一番効果的な気もします。
それでも小学生~中学生レベルでは、自意識が不足しているので、ある程度は到達目標をルール化して管理せざるを得ないでしょうね…
[ 2013/04/05 10:40 ]

コメントありがとうございます

コメントありがとうございます。

早稲アカについては、姉妹が低学年の頃、四谷大塚の無料の全国模試を受けた時に会場だったので、行った事はありますが、実際に授業を受けた事は無いので分かりません。

志望校別のクラスについては、サピックスでも、これから本格的になるので、大きな差は無いのではと思ってます。
志望校別クラスでモチベーションが上がるかどうかは、子供によって差があるでしょうし、どこの塾のどの先生と相性が良いのかも、子供によって違うのではと思っています。

自分の子供がうまくいけば、その手段が良かったとなりますが、他の子に合うかどうかまでは分かりません。

もちろん、子どもがうまくいったお母さんのブログは大いに参考にはなりますが、自分の子供に合う方法は、親子で試行錯誤するしかないんだろうと思います。

>決して早稲田アカデミーの回し者ではありませんが。

もちろん了解ですよ(笑)。
私自身も、サピックスの回し者ではありません。
[ 2013/04/01 19:17 ]

勝手ながら

うちも子供のやる気を出させるのに大変苦労しています。早稲田アカデミーなんてどうなんでしょう。他の方のブログを拝見すると、志望校別のクラスがあってそこで同じ目標の友人と話しをするのが励みになったなど書かれているのを見ると早稲田アカデミーは生徒さんのモチベーションを上げるのが上手いのかななどと考えてしまいます。無責任なコメントごめんなさい。決して早稲田アカデミーの回し者ではありませんが。頑張って下さい。
[ 2013/03/31 23:21 ]






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ