スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

幼稚園年少児のZ会幼児コース入会後の様子

久しぶりに、中学受験どころか小学校にも入学してない幼稚園年少の妹(三女)の話題です。

姉達の中学受験を扱っているこのブログの中では、存在感が非常に薄いですが、姉達の勉強している横で幼稚園年長の兄と一緒に走り回ったり、喧嘩して大泣きしたりと、家の中での存在感はとても大きいです。

三女は、まだまだ小さく、もうすぐ、オムツが完全にとれて1年経ちます。
オムツをしていた頃は、姉達もオムツ換えをしてくれる事があり、私としては、とても助かりました。

末っ子は、今でも、第2のお母さん的立場の姉達におんぶしてもらって大喜びしています。
特に、長女が三女をおんぶをしている後ろ姿は、姉妹というよりは、若いお母さんが赤ちゃんをおんぶしているように見えます。

そんな末っ子(三女)は、今、Z会幼児コースの年中コースをやっています(⇒資料請求はこちら)。

1年前まで、Z会には年少コースが無く、年中コースからしかありませんでした。
そのため、1年待って年中になってからやる事も考えましたが、文字や数字に興味を持っていて、絵本の文字をなぞったり、五十音のおもちゃで遊んでいたので、試しに、Z会幼稚園年中コースのサンプルを無料請求して、三女の目に付きやすい所に置いてみました。

すると、カラフルで大きく目に付きやすい絵に惹かれたようで、すぐに興味を示していました。
親と一緒にやるのなら、年少の子でも十分理解できる内容ですし、年中コースは文字が読めない事を前提としているという点も、申し込んだ理由の1つです。
三女自身が興味を持てるのなら、1つ学年が上だけどやってみようと入会したわけです。

Z会年少1
この写真は、1月号として送られてきた「ぺあぜっと」と「かんがえるちからワーク」の一部の様子です。
「ぺあぜっと」は、おせち料理の中に注目した内容です。
ひらがなが読めない事を前提に、親と一緒にやるので、親子の会話の一助にもなります。
親子で一緒に読む事で、季節の行事や自然が話題になるきっかけになります。
「かんがえるちからワーク」は、日常生活の中の決まりごと(順番に並ぶ、信号の色など)、簡単なクイズなどを扱っています。
親子で会話することで、常識を身に付ける一助になります。

Z会年少2
この写真は別のページの様子です。
「ぺあぜっと」では、新聞紙を丸めたものに紐をつけて、親が転がし、子どもがそれを飛び越えるという遊びが載っています。
一緒に作って一緒に遊ぶという内容です。
うちの場合は、幼稚園年長の長男も一緒に遊びました。
「かんがえるちからワーク」の中には、文字をなぞるページもあります。
ひらがなというものを、自分の手でなぞってみようという感じです。
これをしただけでひらがなが書けるようになるわけではないですが、その後、ひらがなを扱ったおもちゃで遊んだり、絵本を見ているうちに、自然に少しずつ覚えていきます。

「かんがえるちからワーク」については、平日に1日1ページやると終わるくらいの量です。
しかも、1ページの内容は、写真の通りなので、1日1ページといってもすぐに終わってしまいます。
うちの場合は、1日1ページやるのではなく、子どもがやる気になった時に、一気に何ページもやっています。
なので、ちょっと分量が少ないと感じる事もありますが、学校の勉強とは違いますし、年少の三女が、気持ちに余裕を持った状態でこなすには、少し足りないくらいがちょうどいいようです。

例えば、もし、同じ文字を何度もマス目に書かせて練習させるワークブックのようになっていたら、その単調さにすぐ飽きてしまいそうですが、1ページ1ページが違った内容を少量ずつ扱っているので、飽きずに進めます。
何ページもやる気になっている子供の表情は、結構生き生きしています。

三女自身は、姉達の真似をしたがって、Z会の教材を「勉強の本」と言ってますが、これも、三女の「勉強ごっこ」という遊びの1つなのでしょう。

なお、「ぺあぜっと」も「かんがえるちからワーク」も、しっかりした製本で安っぽくありません。
何度かめくっているうちにパラパラとページが取れてしまう事はありません。

我が家の三女については、4月からはZ会の年長コースに進みます。
Z会年長コースは、長男がやっていますが、三女も、長男の隣で一緒に見ている事が良くあり、親と一緒なら三女でも理解できる内容であることは分かっているので、そのまま1学年上の年長コースをします。

なお、今年から、Z会幼児コースには、年少コースが新しくできました。
4月に幼稚園の年少に入園する子には、朗報だと思います。
ひらがなや数字に興味を持ち、既に親しんでいる子の場合は、1つ上の学年でも大丈夫です。

とは言っても、子どもによって何かと差が大きいので、無料お試し教材を取り寄せてみるのが一番です。
子どもの反応を見たり、親の目から見てどうか検討できます。
そもそも、Z会幼児コースに入会するのは一年中いつでもできますし。

また、資料請求したからといって勧誘の電話はありません。


Z会幼児コースに年少が追加!くわしいご案内はこちらから!

他の教育ブログはこちら
にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村
関連記事

[ 2013/03/19 19:48 ] Z会(年の離れた弟妹) | TB(-) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ