スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

春らしくなって2月を大まかに振り返る

2月が終わり、あっという間に3月になりました。
日差しがだいぶ暖かくなり、春を感じるようになってきました。

寒さが厳しかった時期の中学受験も、すっかり過去の事に思えるようになってきました。

中学受験の時期は、些細な事でも心配になり、サピックスに電話して先生に話を聞いてもらう事もありました。

2月に入って入試が続き、合格発表の日とダブったりで、朝から夕方まで外にいる日が続きました。

入試が続くといっても、何日も続くわけではありませんが、私は、無意識のうちに、親としての役割はしっかり果たさなければという強い緊張感を持って過ごしていたようです。
入試日に関係なく、必要以上に早く目が覚めてしまう日が続きました。

特に、長女の場合、子供自ら受験校を全て決めて、何が何でもそこに入学するという強い意志を持っていたため、私は、ひたすらマネージャーのように、入試スケジュールや書類の準備に気を配りました。

子供が強い意志を持っていると、こちらもそれに伴って、細心の注意を払い、緊張感も相当なものになりました。

入試が全て終わった時、子供に「頑張ったね、お疲れ様」と言うと同時に、私は、どっと疲れが出て何もしたくない気持ちになりました。

そして、寂しさを伴った虚しさも押し寄せてきました。

この子の小学校生活もほとんど終わったんだ、ランドセルがとても大きく見えた小さな1年生の女の子がこんなに大きく成長して、もうすぐ中学生か…と。

子供が大病せずにここまで成長してくれたのはとても嬉しい一方で、小学校生活が終わってしまう寂しさ、もうすぐランドセル姿を見る事は無くなる事、そして、サピックス中心だった生活に終止符を打った寂しさなのかもしれません。

子供が行きたいという中学受験を終えて、親としての大きな役目を終え、心にぽっかりと大きな穴が空いたようでした。

また、私の場合、数年前の子宮外妊娠の緊急手術をした箇所がお腹の中で癒着しているため、体調によっては痛みだす事があるのですが、最後の試験日の翌日から痛みだし、時には「何か病気になったのかな?」と思うくらい強い痛みの事もありました。

1月から睡眠と食事は意識してとるようにしていたのですが、それでも、心身共に結構疲れている事を実感しました。

しばらく中学受験に関することには一切触れたくない、以前のような平常心に早く戻りたいし、体調も元に戻したいと強く思いました。

しかし、私の場合、心身の休養に専念とはいきません。

長女の中学受験はとても大事ですが、中学から帰宅すると、下の子3人が留守番して待っていました。

今年は、2月2日が土曜日、2月3日が日曜日だったので、小学5年の次女が、幼稚園児2人の食事の世話をしつつ、3人で留守番してくれていました。

受験で中学にいる時は、長女の事しか考えてないのですが、帰宅して4人の子供全員の顔が視界に入ってくる中で、試験会場の様子を振り返ると、実は、私にとっては4分の1の出来事なんだとも思えてきます。

子供1人1人がそれぞれ過ごした1日があり、留守番していた3人から1人ずつその日の様子の話を聞くと、長女の入試より3人分の話のほうが重みを感じました。

特に、どうしても手薄になってしまっていた下の2人の子達とのコミュニケーションは、積極的にとる必要を感じました。

幼稚園児2人にはとても寂しい思いをさせていたようで、入試を終えて長女と帰宅すると、これまで以上に私に話しかけてきたり、妙に不機嫌で普段以上に駄々をこねて泣いたり、抱っこをせがんできたのです。

そんなある日、日曜日の朝、下の子達と一緒に、私は戦隊モノのテレビ番組を見ていたのですが、戦隊モノになりきった子供2人が、一斉に私の腰の上に飛び乗ってきました。

「危ないから、やめなさい!」と言ったものの間に合いませんでした。
人生初のぎっくり腰になり、数日は家事もろくにできず、おとなしく過ごす羽目に。
ぎっくり腰というものがこんなに大変で不愉快なものなのかを実感しました。

結果的に、嫌でもじっとしていなければならなかったのは、体を休めるのにちょうど良かったです。
下の子達に気を向ける事で、入試から気持ちを切り替える事もできました。
幼稚園児が留守番中に描いた色々な絵、私を母として見つめるつぶらな瞳には癒されました。

最近、ようやくぎっくり腰が治ったところで、急に春めいてきました。
この春は、長男の卒園と小学校入学も控えています。

3月中に小学校で使う袋物をいくつか作っていかなければなりません。
そして、算数セットのおはじきの名前書き…。
これが結構面倒。
長女の物を使い回せばいいと思ったものの、壊れている物や足りない物が多数あり、新しいものを買ったのです。
粘土も、長女の物を使えば良いと思って、長女の粘土を何年ぶりかでふたを開けてみると、油粘土ってこんなに固まるものなのかと驚くくらい、カチコチになっていました。
粘土も結局、買い直す事になりました。

今、私の頭の中は、長男の小学校入学準備のことが大きく占めています。

そして、このブログですが…
しばらく放置していました。
元々、私にとってのメインブログは公園紹介ブログなので、あちらのほうは先月もかろうじて更新していたのですが、こちらは見向きもしていませんでした。

3月に入り、春と共に私の気持ちもほぐれ、ようやく平常心で2月を振り返れるようになったところで、入試のエピソードでも書こうと思います。

入試期間での色々な思いや感情、受験校での周囲の様子など、親として貴重な経験でした。

なお、塾の合格実績のように「今回の受験結果は○○中学合格」などと、単刀直入に記事に書く事はしません。
サピックスでのクラスと合格中学だけに興味がある方には不向きなブログだと思っています。

そういうことだけを書くのは簡単ですが、私にとっては、それは所詮上っ面の結果でしかなく、書くだけ虚しい事です。
むしろ、そこに至るまでにあった、下の子達を含めた色々な事のほうが私にとってはウエイトが大きいです。

このブログの記事は、毎日書くわけではないですが、今後、エピソードを書いて行く中で、中学受験を考えている方、特に女の子がいる方なら、どこの中学の事かは自然と察しが付くと思いますし、話の流れから、途中から記事内で中学名を書く事もあるかもしれません。

そして、良くも悪くも、こんな親子もいるんだなと思っていただけたらと思います。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
関連記事

[ 2013/03/06 14:26 ] SAPIX(サピックス)長女(6年生) | TB(-) | CM(-)

コメントありがとうございます

コメントありがとうございます。
かなり気まぐれな更新で、二日続けて更新したと思ったら、1ヵ月以上放置したままだったりと、差が激しいですが、よろしくお願いします。
別のブログもやっているため、こちらに専念できないというのも理由の1つです。
今年は、次女が6年生ですが、どうなる事やら…。
なかなか厳しいです。
[ 2013/03/19 08:07 ]

お疲れさまでした

合格おめでとうございます
(でいいんですよね⁈(^^))

いつも拝見していました。
次女さんと同い年の男の子の母です(^^)
サピックス小規模校舎に通っています。

こちらのブログでは、いつもお母さんの素直なお気持ちが書かれていて、共感すること多々あります(^^)
表面的なものだけ読んでいたわけではないと思いますが、やはり結果はどうだったのかな?と、とても気になっていました。
何となく、桜咲いた様子がわかりましたので安心しました。

次女さんもとても優秀なお子さんですね(^^)
でもなかなかお姉さんもいらっしゃるし、複雑な環境でお勉強されているのかな?と思っていました。

うちはもうすくα、というところで、こないだの組分けテスト、撃沈でした。
復習テストもです。

油断してしまったようです。
でもこれも経験のうち、こどもにはしっかり受け止めてもらいたいし、親としても落ち着いて支えて行かないと、と思っています(^^)

次女さんのこと、お姉さんの中学校生活のこと、また楽しみに拝見します。
[ 2013/03/18 11:28 ]






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ