スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

サピックス6年生の授業日程全て終了

慌ただしかった1月が終わろうとしています。
今は、2月を目前にして、嵐の前の静けさという感じでしょうか。

そんな中、6年生の長女が通っているサピックスの授業日程が全て終わりました。

長女は、3年生の夏期講習をお試しで受講したのをきっかけに、今まで通い続けたわけですが、振り返ってみるとあっという間に卒業という感じです。
入ったばかりの頃、途中で嫌にならないか少し心配だった事を思い出します。

3年生の頃は、受験するかもよく分からないまま通っていました。
とりあえず、サピックスの授業の復習は、先生に言われたとおりするようにしていました。
と言っても、基礎トレはやったりやらなかったりでした。
3年生までは、週に1日の授業日数ですし、土曜日に授業を受けるという選択も出来たので、クラス数は少なく、のんびりしていました。
理科と社会の授業はあっても、普段のテストは国語と算数だけだったので、気楽なぶん、復習がおろそかになりがちなため、先生が宿題(県名や県庁所在地など)を出して勉強するようにしてくれてました。

4年生になり、αコースが設置されるようになったと同時に、長女は、αコースにいることを目標に勉強しました。
この時期も、受験するかどうか明確な意思は親子共に無く、というよりは、受験するにもまだ先のことと思っていました。
ただし、αコースができ、一気に人数が増えてクラス数が3年生の時の倍以上になり、授業日数も、週2日になったので、今までとは明らかに雰囲気が違ってきました。
サピックスの保護者会で、気になる中学の文化祭に行ってみるのも良いのでは、という話があり、何校かピックアップして、長女と次女を連れて文化祭に行ってみました。
長女は、これを機に、受験を意識するようになったように思います。

5年生になると、授業日数は週3日となり、だいぶ忙しくなりました。
また、志望校診断サピックスオープンがあるので、嫌でも、志望校を考えるようになりました。
長女には、公立中学という選択肢もある事を伝えましたが、公立中学は嫌だという事で、中学受験することが決定的になりました。

6年生になると、土特のコース名には、中学の名前が付いていますし、個人面談もあり、いよいよ受験が本格的になりました。
そして、時々、サピックスの卒業生たちが激励に来て、学校の話をしてくれたため、ますます実感がわいたようです。
2学期からは、SSが始まり、同じ中学を第1志望とする人達ばかりで授業を受ける機会ができました。
土特でもそうですが、クラス内での順位が出され、座席も成績順のため、順位が悪い時は、かなり悔しがりながら復習していました。
そんな時は、サピックスの先生が励ましてくださることもありました。
長女は、そんな先生達にとても感謝しています。

長女の成績については、4年生が始まると同時に、何とかαコースに引っ掛かったものの、すぐ、アルファベットコースに落ちました。
その時、長女は、サピックスの先生から「2度とアルファベットコースに来るな」ときつく言われました。
結局、その言葉をきっかけに、すぐにαコースに復帰し、4年生の夏休み頃にはα1になりました。
5年生の春に一度α2に落ちたものの、またすぐにα1に復帰し、その状態をキープして6年生の授業を全て終えました。

親としては、低学年の頃に毎回送り迎えに行ったことを思い出します。
暑い日も寒い日も、雪の日も大雨の日も、どのお父さんお母さんも必ずお迎えに来ていたのを思い出します。


ところで、今の時期、小学校でも中学受験する子達はポツポツ休んでいます。

サピックスでも、受験のため、クラスの半分以上いない日もあったそうですが、受験日であるにもかかわらず、受験を終えてサピックスの授業に参加する子達もいたりで、長女の話から、みんなの熱心さが伝わってきています。

最終授業の日曜日、長女と同じコースの子達は、全員出席だったとのことです。

既に1月に受験した中学の受験結果が分かっている状態でも、受験した学校や合否については、誰も話題にせず、これまで通りの雰囲気で授業が進んだそうです。

これは、以前から、絶対に口にするなと先生から言われているからなのでしょう。

そして、最後の授業らしく、校舎責任者の先生の激励の話が校舎内アナウンスで流れ、記念品をもらって帰ってきました。

この一年間、ほぼ同じ顔ぶれで土特の授業を受け、2学期からのSSもほぼ同じ顔ぶれで授業を受けてきました。

1学期の頃は、同じフロアの別の教室からは、みんなが大笑いする声が時々聞こえてくるにもかかわらず、長女の教室はとても静かだったそうです。

そんな静かだった教室も、最後のほうは、先生の話に突っ込みを入れるなど、先生との話のやり取りで盛り上がる事も多くなったようです。
人見知りする長女に、同じコースの女の子達が気さくに話しかけてくれることもあり、長女は喜んでいました。

しかし、偶然試験会場で会わないかぎり誰がどこを受験しているのかすら分かりません。

サピックスを休めば、その日が試験日の学校を受験したのかな?と推測できますが、今の時期、インフルエンザなどにかからないようにとの配慮から、各自の判断で休む場合もあります。
なので、正確な事はお互いに分かりません。

SSで一緒の女の子達については、全員同じ中学が第1志望ということだけが分かっています。

他の受験ブログ 中学受験(本人・親)はこちら
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
関連記事

[ 2013/01/28 20:08 ] SAPIX(サピックス)長女(6年生) | TB(-) | CM(2)

いつもブログを興味深く読ませて頂いていました。
最近、更新がないのが残念です。

ブログの再開、楽しみにしています!
[ 2013/02/27 18:08 ]

こんにちわ。はじめてコメントします
今までずっとblogみさせて貰ってました。
結果はどうだったのでしょうか?
体調不良等でしたらどうか、御身体ご自愛下さい
時間が出来ましたら、その後の更新楽しみにしています
[ 2013/02/17 22:27 ]






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ