スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

国公立中学は受験しない事に

あんなに暑かった夏も終わり、すっかり肌寒くなってきました。
飛ぶように9月10月が終わり、もう11月です。

千葉中の願書提出日が今月後半という事もあり、長女に最終確認をしました。

その結果、千葉中受検はしないという事で決定しました。

理由は、小学校の代表のようになるのはまっぴらごめんだ、ということと、別の1月受験の中学の方が少しは近いし、実際に行ってみたところ、学校の雰囲気も良かった、という事です。

先月までは、色々悩んでいて、今月のサピックス個人面談の日に、先生に相談してみようと思っていました。
そのため、面談日を早めにしてもらったのですが、面談の前に、当人が結論をきっぱり出し、私もそれで了承し、夫も「分かった」ということで、決着が付きました。

他の中学の願書と一緒に置いてある千葉中の願書やパンフレットを、ふと手に取って見ると、中学としての魅力は色々あるんですが、うちは、この学校にご縁が無かったんだなと思うようになっています。

確かに、調査書提出が無く、通知表のコピーだけで済む私立中学の方が、親としても、受験前の事務手続きが楽です。

そして、2月3日の受験校についてもほぼ確定しました。
2月2日受験校の2回目入試に出願するか、国立中学にするか、これもずっと迷っていましたが、結局、前者にするという本人の希望です。

長女の場合、2月1日が第1志望校で、2月2日が第2志望校なので、どちらかが受かれば、2月3日は受験するつもりはありません。
そのため、3日に受験するという事は、2月1日も2月2日も落ちた場合となります。

国立については…
筑波大付属は、2校続けて落ちた場合のみ受験するとなると、難易度的に受ける気にはならないだろう。
お茶大付属については、長女がどうしても制服が好きになれないとのこと(私にはそこまで嫌う理由が良く分からないのですが)。
学芸大竹早中は、サピックスの先生からも滑り止めとして名前を挙げられた学校の1つですが、高校になると家から遠くなってしまう。また、長女としては、高校受験があるのが嫌とのこと。

サピックスの先生が、2月2日の受験校については、3回受ければ、最悪でもどこかに引っかかるだろうという言葉もあって、当人は、そこになんとしても引っ掛かりたいと思っています。

そして、想像したくなくても、今だからこそ想像しておかなければなりません。
全部がダメだったらどうするのか…

1学期の個人面談では、そんな事も質問されました。
きっと、今月の面談でも聞かれるのでしょう。

当人に、全部落ちた場合はどうするのか尋ねても、「2月2日受験校までしか考えられないから、他校への出願は無し。以上!」と話を終えます。

ということで、長女は、2月の受験校についても、自分の考えで全て決定済みとなっています。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
関連記事


トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://4chibi.blog98.fc2.com/tb.php/128-ced703cc








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ