スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

次女が勉強中に気が逸れてやり始めた事の数々

勉強を始めたと思ったら数分後には気が逸れて別の事をしている次女の様子についてです。

勉強から気が逸れて何をしているのか、その様子の一部を書いてみました。

よくよく見ると、勉強の途中でやっても別にいいんじゃないの?というような事も案外あります。

問題は、気が逸れたら、ずっとそっちに気が行ってしまうことが多いという事です。
一旦気が逸れると、なかなか勉強に戻りません。

また、今日はおとなしく勉強しているなと思うと、眠っている事も。
起こして勉強させようかなと思ったり、子どもが手に鉛筆を握っているのを見ると、やる気はあるのに眠くなってしまったのかなと思ったり。

そんな時は、どの程度復習が終わっているかによって、起こしたり起こさなかったりですし、起こしても、本当に眠い時はまた眠ってしまいます。
親が起こすか起こさないか迷う事は多いですが、最終的には、子供なりに行動することになります。


次女が勉強中にやり始めた事の一部は以下の通りです。

・座っているイスの裏を覗き込んで、汚れているからと掃除

・手足の爪切り

・水筒のふたを開けて、色々な角度で息を吹きかけ、音の違いを比較し出す。

・鉛筆をずっと持っていると手が汗でヌルヌルして気持ち悪いと、手を振ったり「ぱちぱち」と拍手したりする。

・新聞のテレビ欄チェックと4コママンガ
 ちなみに1面は見ようとせず

・冷蔵庫の中を物色

・キッチンで調理中の私の所へ来て、頼みもしないのに野菜を切り始める。

・トイレに行ったと思ったら、別室に入ってそのまま睡眠

・ちょっと一休みと言ってテーブル横の座イスに座り、そのまま寝転がって睡眠。

・インクの出がやや悪くて気に入らないボールペンを早く使い切ろうと、いらない紙にずっとボールペンで大きな丸を書き続けている。

・次にどの科目の勉強を始めようかと、「どれにしようかな、神様の言う通り、なのなのな」と言っている。
 自分の思い通りの科目になるまでずっと繰り返す。

・新しい修正テープを、試しに使ってみたいからと、ノートに無駄に使っている。

・鉛筆を削り始めたと思ったら、使い物にならないくらい小さくなった鉛筆を持ってきて、ナイフで丁寧に芯を削り始める。

・冷たいお茶が入っているコップについている水滴を1つずつ指でなぞって水滴をつなげて大きくしている。

・小さくなって使いにくくなった消しゴムを、早く無くしたいからと、無駄に紙の上の落書きを消している。

・復習をしていたはずのプリントの文字をただなぞっている。

・復習していたプリントに落書き。
 なぜか平仮名をなぞり始める。

・二つ折りの物差しを伸ばしたり曲げたりして遊んでいる。

・今日はおとなしいなと思ってふと見ると、そのままテーブルに突っ伏して睡眠。
 起こすと、目を覚ますが、今度は床で大の字になってそのままま眠ってしまう。

・学校の授業でもらったもみ殻付きの米が何粒あるか数える(514粒だったとのこと)。
 その米を、何十分もかけて、すり鉢とすりこぎ棒でもみ殻を全部取る。

・歴史資料集の武将や政治家の肖像画の顔の輪郭をなぞっている。

・隣の椅子で勉強している長女に、その日あった小学校での出来事について話しかける。
 思いのほか、長女が話に乗ってきたため、勉強そっちのけで、話しに盛り上がる。
 話しながらも、長女は、サピックスのプリントに向かいつつ手を動かしているが、次女は100%会話に夢中で、 サピックスのプリントはテーブルに置いてあるだけ。

・冷凍庫に入っている自分が食べる予定のアイスクリームに、大きく自分の名前を書き、更に丁寧になぞる。
 (家族が多いため、名前を書かないとすぐに誰かが食べて無くなるので)。

・ベランダに出てシャボン玉。

・伊能忠敬っていつ死んだのか気になると言って、基礎トレをほっぽり出し調べ始める。
 それ以後、歴史上の人物がいつ死んだか色々見始め、結局、その日は基礎トレの続きはしなかった。

・寒いと言って、厚着をしつつ毛布もひざにかけて勉強を始め、「これなら温かく勉強できる」と言いつつも30分後には居眠り。

・新しく買ったかわいい鉛筆やシャーペンをただひたすら眺め、一緒に買い物に行った長女が買った文具と見比べている。

・幼稚園年少の妹が遊んでいるプリキュアのしゃべるぬいぐるみが視界に入り、遊び始める。

・妹のノンタンの絵本が目に入り、それを読み始める。
 1冊読んで終わりではなく、更に別の絵本を読もうと探し始める。

・お風呂のお湯に入れる入浴剤を4人姉弟の誰がいつ入れるか仕切り始める。

・空になったせんべいの袋の中を覗き込み、袋を通して周囲を見回している。

・お気に入りのボールペンの芯がどれくらい減ったか、毎日チェックし、インクの位置に印をつけて日付を書いている。日付を書いたあとも、じっと芯を見つめている。


まだ色々あるんですが、とりあえずこの程度で書くのをやめます。

結局、思いついたらそのまま行動に移しているだけです。
幼稚園児の弟妹とあまり変わらないのではと思うことすらあります。

ただ、幼稚園児や小学校低学年のころと違って、私が注意して改善するものではありません。

勉強の途中で気が逸れて別の事をしだすのは、当人も分かっています。
しかも、当人なりに色々な葛藤の中での行動なので、こちらが叱るほど、親に反発します。

親から見ると随分甘い考えに思えますが、当人としても、勉強しないといけないとは思いつつ、ついつい逃げの気持ちも出てしまうようです。
以前、そんな事を次女自身が言ってました。

なので、叱るというよりは、まずは共感してあげるのが一番穏やかに事が進みます。
叱ったからといって急激に成績が上がるとは思えませんし、そもそもそ、叱って成績が急に上がるくらいなら、もう五年生も終わりですし、叱る前に、成績は上がっているでしょう。

もどかしい思いはありますが、こちらが感情的になってはいけないとも思っているので、次女の言い分を聞いた後は、静観することも多いです。
なかなか扱いが難しいです。

他の受験ブログ 中学受験(本人・親)はこちら
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
関連記事

[ 2013/01/07 11:42 ] SAPIX(サピックス)次女(5年生) | TB(-) | CM(2)

コメントありがとうございます

コメントありがとうございます。
私も、次女の様子を見て笑ってしまう事があります。
また遊んでいるのか…とため息が出る事も多いのですが、この際、こんな次女の様子を楽しんじゃおうかなとも思ったりで。
色々な気持ちが常にあり複雑です。
うちも、まだ小さい子が2人控えています。
この子達はどうなる事やら、まだ全然想像がつきません。
[ 2013/01/05 17:03 ]

はじめまして。

まだまだわが子は小学校1年生なのですが、最近、中学受験ブログの皆様のブログを徘徊しています。
今回の記事、面白くて、吹き出してしまいました。
ここまで観察しているお母様、さすが!と言いたいです。

中学受験を前にする子供に私も心中穏やかでいられるかどうか、かなり疑問です。でも子供への共感、大切ですよね。

応援しております。そして、よいお年をお迎えください。
[ 2012/12/31 07:40 ]






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ