スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

親が隣に付き添わないと勉強しようとしない次女

次女の勉強している横に座り始めて、最近感じているのは、親である私が隣に座らないと、勉強しようとしない、という事です。

勉強する時は、いつも私を呼んで、「隣りに座って」と言います。

うちは、長女も次女もリビングのテーブルで勉強しているので、常に私と同じ部屋にいるのですが、それでも、勉強を始める時は、とりあえず隣に座ってと言ってきます。

隣りに座っても、ずっと次女の勉強を見ているわけではないですが、次女の様子は分かりますし、もう一方の隣りに座っている長女のプリントの整理を手伝う事もできます。
何かとメリットは多いのですが、次女の場合は、常に母親がいないと勉強をしないようになってきている感じです。

例えば、夕食の支度で、私が部屋続きの台所のほうに移動するだけで、勉強を中断して、別の事を始めます。

となると、私が食事の支度から食後の後片付けを終えるまで、次女の隣に座れない場合、次女もずっと勉強しないで、「ねぇ、早くこっちきてよ、そろそろ勉強したいんだけど」とずっと言っています。

春前は、何でも一人で勉強しようとした結果、分からない事もそのまま放置になっていましたが、現在は、親が隣に座らないと勉強する気にならないようです。

ちょっとした甘えや不安もあるのかもしれません。
それが高じてきたのか、「親をこき使ってる?」って思う事もありました。

「ねぇ、喉乾いたからジュース持ってきて」とか、「ノート無くなりそうだから、持ってきて」と言い、冷蔵庫もノートが置いてある場所もすぐ近くなのに、親にさせようとしました。
「鉛筆削ってよ」とか「消しゴム拾ってよ」なんてのもありました。

飲み終わったジュースのコップを、無言で差し出してきて、親がコップ洗うのが当然というような顔をしている事もありました。

親切心で何でも言うとおりにしてあげるのは簡単ですが、あまり何でもかんでもやってあげるのは、次女の場合、やってもらって当然と調子に乗るので、半分くらいは「自分でやれ」と突き放しました。

たぶん、次女自身は、何も意識せずに振舞っているのでしょう。

隣りに座る時間が長く、それが毎日続くと、会話の量が増え、勉強以外の会話もかなりするようになります。
が、それに伴って、次女は、これまで以上に甘えてきているのかもしれません。

4人姉妹(弟)の中の2番目という、上と下に挟まれている立場上、あまり甘える事ができずにここまで成長してしまったのかもな、と思う事もあります。
なので、現在次女との関係が一番密接なのは、実は良い事なのかもしれません。

近所に買い物に行く際も、この暑い中、次女だけ付いてくる事があります。
一緒にお菓子を食べようとか、一緒にテレビ見ようとか、何かと、私への誘いの言葉は、他の子達よりも次女からが多いです。

それにしても、この調子では、次女は、6年になったらどうなってしまうのか、とても心配です。

今、6年生の長女がサピックの夏期講習に通っていますが、毎日とても忙しく、それは5年生の比ではありません。
今みたいに、「ママが隣りにいないから勉強できない」では済まされません。
6年生の夏期講習は、5年生以上に復習量が増大し、有名中の入試問題だってやっていく事になります。

内容だって総合的になって難しくなってくるのに、今の様子では、次女だけ付いて行けずに、落ちこぼれてしまうのではと、心配しています。

親がいくら隣で様子を見ていても、復習しなければいけない量が増大すれば、当人の積極性がこれまで以上に必要になってきます。
当人に、食らいついていくんだという強い意志と積極性が無ければ、こちらがいくら勉強しようと言っても、未消化の物が膨れ上がっていくでしょうし、限界があります。

もっと中学受験を意識して積極的に勉強してほしいものですが、次女にはそんなそぶりは見られません。
口では中学受験したい、受かりたいと言っていますが、まだ他人事のような感じです。
勉強を1人で計画して進める事をさせるにしても、すぐに計画倒れになることでしょう。

先の事は分かりませんが、当面、次女については、まだまだ私が様子を見て行く事になりそうです。

他の受験ブログ 中学受験(本人・親)はこちら
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
関連記事

[ 2012/08/05 12:16 ] SAPIX(サピックス)次女(5年生) | TB(-) | CM(1)

コメントありがとうございます

鍵付きコメントありがとうございます。

私のほうも、この夏休みは、これまでの夏休みとは比べ物にならないくらい早く過ぎて行くように感じています。
夏休みは毎日プールがある幼稚園のため、下の子をプールへ毎日送迎しつつ、上の子達の対応もしている状態で、一日があっという間です。
勉強のほうは、予定通りに事が進む事もあれば、思い通りにならずに立ち止まったりと、特に長女のほうは、苦労し悩んでいます。
その一方で、成績がいまいちの次女は相変わらずのんびりで、親としては、相変わらず苦悩の日々です。
[ 2012/08/17 10:41 ]






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ