スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

1月受験校を難関公立中学にしようとしている娘

6年生の長女について、サピックス個人面談では、先生から、2月に受験する前に、1月もどこかの中学を受けたほうがいいというアドバイスをいただきました。

その時先生の口から出た中学は、浦和明の星と東邦大東邦と市川でした。
渋谷幕張については、行きたい気持ちが無いのなら、わざわざ受けることはないとのアドバイスから、長女の場合は選択肢にはありません。

先生に言われたことを長女に話したところ、受験日程表を見ながら、長女なりにじっと考えていました。

そして、しばらく経ってから、長女は、
「浦和明の星は遠いので、東邦か市川かな。でも、幕張メッセまで受けに行くのは嫌だから東邦大東邦にしよう」
と言ってきました。

「じゃあ、そうしよう」と、とりあえず親子で決めていたのですが、6月前半に、通学している小学校の担任の先生から、
「県立千葉中を受ける予定の子は、今週中に先生に言ってきなさい」と言う話があったそうです。

私が、「千葉中は遠いから東邦でいいんじゃないの?」と言うと、長女は、「でも、千葉中なら、難易度もある程度あるし面接試験もあるから受け甲斐がある」と言い出したのです。

私は、「でも遠いでしょ、もう一度良く考えてみたら」と言って、いったんその話は終わりました。

そして、その数日後、長女から「小学校の先生に、千葉中受けます、って言ってきたから」と報告を受けました。
事後報告でした。
「自宅からの距離は遠いけど、受け甲斐のある学校だし、もし受かったとしても行かないから、距離のことは心配しないで」と言います。

「第1志望として受ける子もたくさんいるような中学だし、受験慣れのために受ける学校にしては難しいのでは?」と言うと、
「そんなことはない。受けたいし、私だって受かりたいから、先生に受けますと言ってきたんだ」と言います。

私は、もう少し難易度を下げて、家に近い中学を受けたほうが良いのではと思いますが、サピックスの先生から「全て好きなようにやらせても、大きく失敗することは無いだろうから、当人の好きなようにさせてあげてください」と言われたのを思い出しました。

勉強の進め方もそうですが、受験する学校の選択についても、自分で全て決めていくようです。

と言うわけで、千葉中受験予定となりました。
その代わり、東邦大東邦も市川も受けない予定ですが、今後、また当人なりの考えが出てくるかもしれません。

最終的な千葉中の合格発表日は2月1日ですから、今の予定では、1月にどこかの中学から合格をいただくと言うことはありません。
そのまま、2月1日と2日の試験に突入の予定です。

そして、2月2日の午後には1日に受験した中学の合格発表があり、2日の夜にはその日に受けたばかりの学校の合格発表がネット上であります。

きっと、2月1日と2日は、嵐のように過ぎていくことでしょう。

そして、まだまだ受験校の選択は考える余地が多いにありそうです。

他の受験ブログ 中学受験(本人・親)はこちら
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
関連記事


トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://4chibi.blog98.fc2.com/tb.php/111-ecf0be72








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ