スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

長女のサピックス個人面談で話題になった次女の勉強

先日終えたサピックスの個人面談は、6年生の長女についてのものでした。
この時期に6年生だけ行われるサピックスの個人面談です。

しかし、うちの場合は、長女の話は早く終わったため、次に次女の話に移りました。
次女は、5年生に入ってから成績が落ち気味なのです。

4年生の冬休みから、かなり積極的に勉強をした次女は、最終的にはαコースに戻る事ができ、5年生は、α2で出発しました。

が、5年生に入った途端、やらなければいけないプリントが一気に増えて、更に難易度も増したことで、一気に委縮しました。
復習はやっている様子でしたが、難しい問題でつまずくと、もう見たくもない様子で、どこまでしっかりやっているかは疑問でした。

私が、勉強の話をしようとすると遮り、勉強の様子を見ようとしても、「自分1人でできるから来ないで」と拒否しました。
私が付き添って勉強するようにしようと思ったものの、強く拒絶するので、結局次女1人で勉強する日が続きました。
そのため、詳しい様子は分からず、次女の様子を知るのに苦労していました。

そんな状態で、5年生に入ってからは、あっという間にαコースから落ち、現在、アルファベットコースにいます。

サピックスに行くと、先生達からは「早くαコースに戻れ」と何度か言われているようです。

復習量が増え、難しくて解けない問題もチラホラ出てきた時、全て解こうと必死になる長女と、自分には無理と意気消沈する次女。
一旦波に乗ると自信が付き1人で勉強し始めたものの、いつの間にやら自信過剰になり、5年生になった途端、今度は一気に自信喪失。
次女なりの様々な思いから、母親と勉強する事を拒否。
難しい事や分からない分野や問題は適当に流す。
そんな感じでした。

低学年の頃は姉妹で同じような成績で、むしろ次女のほうが少し成績が良かったくらいでしたが、当人達の心構え次第で、こうも差が付いてくるものなのかと実感しています。
今では、偏差値70代前半の姉と偏差値50代前半の妹、姉妹で偏差値の差が20もあります。

そんな状態なので、長女の面談の中で、先生と次女の話ができたのは、とてもありがたいくらいです。
次女の家での様子を見ていると、アルファベット上位のコースにいるのが不思議なくらいで、このままなら間違いなく落ちるところまで落ちるだろうと、今のうちに、次女について改めて相談の場を設けてもらおうかと考えていたところでもありました。

まずは、次女の様子を先生に伝えました。
5年生になって、新しく習う量が増え難しくなった途端、やる気を無くしている様子や、志望校もあやふやな状態で、全てがいい加減になっている様子を言いました。

先生からは、内心は姉を意識し過ぎているのではないかという話もありました。

家での様子、年子の姉との関係、学校での様子などを色々尋ねられ、こちらも正直にお答えしました。
日頃の生活の様子も絡んでくるので、学習相談というよりは、育児相談といった感じでした。

その結果、先生の結論は、これからは、次女の勉強のついてあげてみてください、ということでした。

帰宅後、長女の個人面談で次女の話になった事を、次女に伝えました。

校舎責任者の先生から、これからは親と一緒に勉強するように言われた事も伝えました。
次女は、先生に言われたならと素直に承諾しました。

その後、早速、これまで自分で勉強していたもの全てを私の所へ持って来させ、ざっとチェックしました。

親が付き添って勉強というのは、昨年の2学期以来です。
その時も成績が下がって、同じような事をした事があります。
その時は、大体2カ月ほど付き添い、成績が上がって1人で勉強したがり始めたので、1人で勉強をさせ始めました。

今回は、前回以上に一緒に勉強することになりそうです。
6年生になって成績を落とすわけにはいかないので、次女に対しては、細やかな気配りが必要だと、これまで以上に思っています。

話を戻します。

当人は、「基礎トレも復習もやっている」と言っていたのですが、「個人面談で先生から一緒に勉強するように言われたから」という事を口実に、次女のノートやプリント類一式を強制調査したところ…

予想通りに、基礎トレは4月初旬から真っ白。
復習は一応全部やっているけど、その場しのぎで、当人の身にしっかりついているかは疑問です。
次女なりに、どうやら長女の真似を上っ面だけやっているつもりのようでした。

確かに、長女は、5年生の頃は基礎トレを開くことすらしなかったのですが、復習だけはしっかりしようという強い決意を持っていました。
苦手な分野の解けない問題が続いても、それを解きこなそうとするチャレンジ精神が旺盛でした。
しかし、次女は、長女のようなタフさや知識に対する貪欲さがありません。
楽なところだけ長女のまねをしているだけでした。

そして、現在…
次女は、毎日私が隣に座っている状態で勉強しています。
時々席をはずす事はありますが、大体次女の隣にいます。

ただ、今の時点で私が難しいと思っているのが、3才と5才の子を放置気味にしてしまうことです。
特に、3才末っ子は母親に放置されている自覚があるようで、しきりに抱っこをせがんだり、膝の上に乗ってこよう
とします。

黙って静かに膝の上に座っているわけではないので、勉強中の次女は、とても嫌がります。
2歳上の長男と遊んでいるなと思っていると、喧嘩して泣かされて「ママー」とすぐに来ます。

末っ子は、まだまだ甘えたい年頃。
でも、次女は次女の立場で、母親と一緒にいたい状態です。
幼稚園児の長男も、膝の上に座ろうとしてきます。

この兼ね合いが難しいです。
子供達との接し方を試行錯誤しながら、バランス取っていく必要があります。
長女が1人で勉強をしているのがせめてもの救いです。

また、次女に付き添って勉強するにしても、全て私にお任せの態度で勉強するのはよくないと思っています。
そこで、いつ何の勉強をするかは次女が考え、時々こちらから提案しています。

しかし、予定が予定通り行ったことはまずありません。
今まさに勉強しようとしているところなのに、いきなり庭で縄跳びを始めようとしたり、部屋の整理整頓を始めたり、妹弟を引き連れて近所の公園に遊びに行こうとします。

それを呼びとめて、「今遊びに行ったとして、勉強をいつする予定なのか」と尋ね、あやふやな答えが返ってきた場合は、こちらもやや強い口調で遊びは中止させ、予定通り勉強です。
但し、親の言う事を無視して自分のペースで行動することもあるので、そこで言い合いになる事もあります。

先生から直接アドバイスをいただいた事で、私は強い態度をとれますが、次女の気持ちもあるため、そう思うようにはいきません。

例えば、週末の朝起きた時は、今日一日で色々勉強するような事を言っていても、そんなできたことは無く、1科目の復習を終えるのが精一杯です。

すぐに気が散るのは相変わらずですから、効率が悪く時間がかかります。
これまでの生活から自然と身についてしまった結果なので、今度は、以前の態度に少しずつ少しずつ戻していかなければなりません。

次女と一緒にいるほど、今の次女は、随分いい加減になったし、ずいぶん弱気になったものだと実感しています。
今の次女は、弱気な事ばかり言っています。

成績が落ちるのは簡単ですが、それに伴って弱気になるのもあっと言う間でした。
そこから、成績を上げて、気持ちも元に戻すのは時間がかかりそうです。
まして、苦手な分野は見ようとしもしないので、勉強を始めるまでに時間がかかってしまいます。

こうなった原因は、4年生後半に成績が上がった事で、安心しきってしまい、次女の「1人で勉強できるから」という言葉を信じこんだ私自身にも問題があります。

その期間は下の子達のほうに色々気を配る事は出来ましたが、次女に対する気遣いが手薄になっていた事を、かなり反省しています。
忙しそうに下の子達の世話をする私の様子を見て、これ以上私を多忙にしたくないというのも、「1人で勉強する」と言い張っていた理由の1つという事も知りました。
次女なりに色々気遣いさせてしまっていました。

しかし、いつまでも自分を責めていても進歩がありません。
私から積極的に次女に声をかけるようにし、勉強だけでなく色々な会話をする事で、コミュニケーションを取るように意識するようになりました。

今後は毎日コツコツ着実に進めるように努力すれば、100%完璧という事はできなくても、それに少しでも近づく事は出来るでしょう。

長い目で見て、こちらも気長に構える必要がありそうです。
勉強をして成績を上げること以前に、やらなければならない事を確実にこなしていくという、地に足をつけた勉強の仕方を取り戻す事から始める必要があります。

成績を少しでも上げる事で、少しでも自信を持たせることも必要です。
ただし、成績が上がるとすぐに自信過剰になって勉強のやり方が雑になるので、この点も調整が必要です。

サピックスの先生にも言われましたが、6年生じゃなくて良かったです。
だからと言って、今後良い方向に向かうとは限らないので、あくまでも気休め程度にしかなりませんが。
中学受験をするつもりである以上、卒業までずっとこの状態が続くことでしょう。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
関連記事

[ 2012/06/14 14:33 ] SAPIX(サピックス)次女(5年生) | TB(-) | CM(4)

コメントありがとうございます

はじめまして。コメントありがとうございます。

うちの次女も、5年生になってから、反抗的になりました。
サピックスの復習量が急に増えて、難易度も増したのも同時だったため、結局、次女は、自分で自分の首を絞めることになってました。
もっとも、当人にはそんな自覚は無いかもしれませんが。
そして、うちも、テキストを広げている時間は長いですが、すぐに席を立ったり、文房具をいじり始めたり、静かだなと思うと眠っています。
ただ、最近は少しマシになってきているようには思います。

うちの次女の場合は、長女の個人面談で次女に対するアドバイスをいただいてから、更に成績が悪化する、ということは止まっています。
次女についての話題になった時、私から先生に、次女に声をかけていただくようにお願いしました。
というのも、うちの次女は、私1人があれこれ言っても、「また同じこと言って、うるさいな」となるので。
その結果、4科目の先生各々が、適当な空き時間に次女を呼び出して声をかけてくれました。

私も、母親である自分1人では限界を感じましたし、パパは仕事でほとんど家にいない状態なので、1人で全て抱え込んでしまってました。
そんなこともあって、先生から次女のことを話題にしてもらえたのはとても良かったです。

ですので、ゆりさんも、一度先生に相談に乗ってもらってみると良いのではないかと思います。
相談に乗ってもらうと言うよりは、こちらの話を聞いてもらうという感じです。

相談に乗ってもらったからといって、子供の様子が瞬時に良くなるわけじゃないですが、先生と連絡とっているんだということを子供が知るだけでも、子供の気持ちは微妙に違ってくるようですし、まして先生に声をかけられたら、母親はただやかましく言っているだけじゃなくて、それなりの意味があって言ってくれているんだと言うことを少しは実感します。

受験まで、まだまだ1年半くらいあります。
先は短いようでも、悩める親には十分長いです。
私自身もそうなのですが、1人で抱え込まずに今後過ごしていくのも大事かなと思います。
先日出席した長女の6年生保護者会でも、同様のことを先生が言ってました。
実際、6年生になると、思いつめるお母さんも出てくるようで、1週間に数回電話をかけてくる人もいるとのことです(ただし、短期間に何度も連絡しても、先生のほうも言うことは同じになってしまうそうです)。
[ 2012/07/10 14:32 ]

はじめまして

はじめまして。我が娘も五年生です。
悩み苦しみ、ネットサーフィンしていましたら、
辿りつきました。

我が娘と次女さんがあまりにもそっくりで思わず、ブログを読んで泣いてしまいました。
親バカではあるとおもいますが、我が娘もポテンシャルは高い方だと思います。
同様にα、上位ベットを行き来する四年生でした。しかし、
新五年が始まったくらいから、反抗心が強くなり、
面倒くさい。なんでこんなにやらなきゃいけないの?
馬鹿らしい。ママはこんなにやってないでしょ?
友達の優しいままが羨ましい。あの子は毎日遊んでる。なんで?私だけ。
こんなにやってるのに…

確かに椅子に座っている時間は長いですが、効率が悪く、みていないと、爪をいじったり文房具であそんでいたり、集中していません。

ついに先月のマンスリーで平均以下。
今回の組み分けでここまで落ちるかというくらいおちました。
まだ偏差値がでていませんが、おそらく45くらいだとおもいます。

こんなんじゃ恥ずかしいから、違う校舎に行くと昨晩はわめいていました。

もう消えてなくなりたいです。
我が娘は中学受験を前提の私学に通っているため、公立に行くという選択は本人にありません。

以前はなんでもやりたがり好奇心旺盛だった娘が今や、
真逆です。

私の心が狭いのも要因だとおもいます。
穏やかにと思ってもついつい愚痴をいってしまいます。

おまけに主人は子供のかたをもち、
ママがおかしいとばかりの態度をしますから
悪化の一途です。

毎日、このまま消えてしまいたいとおもい、
何もはかどりません。

すみません。むしろ向きなコメントで…

また遊びにきます。
[ 2012/07/09 09:59 ]

コメントありがとうございます

はじめまして。
コメントありがとうございます。
子供によって、勉強方法も全く違ってきますよね。
うちは、何をするにも、常に試行錯誤の繰り返しです。
サピックスの先生のアドバイスは私も有難いと思っています。
[ 2012/06/27 03:05 ]

基礎トレ白紙娘

はじめまして。こちらのブログ楽しく読ませていただいております。我が家には高2息子小5娘がおります。息子もサピでお世話になりましたが、娘との決定的な違いは算数と地理が得意だったことでしょうか?復習にさほど時間がかからず5年生を終えた記憶があります。娘は算数の授業でわからないところがあったり、苦手意識が強いため、土日をほとんどダラダラと算数に費やしておりました。算数に時間がかかりすぎ他の科目に手が回らなくなってしまったのです。算数科の先生に相談したところ、基礎トレは朝やらず、算数の家庭学習をスター卜する前にする。(5分)勉強が始まったら絶対他の事はしない。冷蔵庫トイレも禁止。1コマ30分×2、30分勉強したら声かけして続けて30分。10分休憩。娘には15分休憩しても良い代わりに次の勉強の準備を整え15分後には次の勉強をはじめる。というシステムを提案して頂きました。早速実行したところ夢のようにスムーズに勉強が出来るようになりました。理社も同様でうまくいきそうです。今までは一コマ一時間で勉強させていたのですが、集中力のない娘には長く感じられたのかハードルが高かったようです。家庭学習は親子が慣れ合いになってバトルが勃発しやすいので、今後も塾の先生にお助けいただきたいと思いました。
[ 2012/06/18 14:27 ]






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ