スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

サピックスと志望校に対するブレない気持ち

長女は、サピックスの6年生のカリキュラムに対し、すっかり自分のペースができました。

6年生になってから、すでに春期講習やGS特訓を終え、7月後半からは夏期講習が始まります。
その夏期講習までには、マンスリーテストや志望校判定テストがあります。

6年生になり、長女を見ていて思う事は、サピックスを信じる気持ちが更に強くなり、先生の指示にはとても忠実ということです。

復習は、先生に指示された所は全てこなし、「時間があったらやっておけばいいから」と言われている箇所もこなします。
時間が無くてできなかったという事はありません。

一日を過ごす際の計画は特にありません。
決まっているのは、平日には毎日小学校に通う事と、火曜日と木曜日と土曜日にはサピックスがある事です。

これだけ決まっていれば、サピックスの復習をするにも、自然と自分なりのパターンが、おおざっぱに決まってくるようです。
但し、何曜日に何の科目の勉強をするかまでは決まっていません。

長女なりに、その日ごとに、今勉強しなければならない科目を考えて勉強しています。

学校から帰ってきて、最初の1時間半くらいは、読書をしたり、3才の妹の相手をしてあげたり、のんびりしていますが、復習を始めようと思った瞬間から、ひたすら夢中になってやり続けます。

勉強する場所は、特に決まっていません。
長女の勉強机は、静かな部屋に有りますが、そこでいつもやるわけではなく、リビングでやる時もあれば、更に別の部屋で勉強する事もあります。
復習しようと思った時にいた部屋でやり始める事もあります。

授業の復習は、かなりしっかりしていますが、社会や理科の「コアプラス」は、社会や理科の授業がある曜日に、サピックスに行く直前15~20分くらいでやっています。
基礎トレも、毎日1ページずつやる事は無く、算数の先生に見せるように言われているため、提出前日に一気にまとめてやっています。

こんな勉強の仕方は、誰にも勧める事はできません。
それでも、これが長女の勉強のパターンです。

こんなおかしな勉強の仕方ですが、1つはっきり言える事は、サピックスを全面的に信じている、という事です。

サピックスのカリキュラムをしっかり確実にこなしていけば、行きたい学校に合格できるんだ、そんな信念を持っています。

逆に言うと、合格のためには、サピックスに忠実に勉強しなければ、という事です。
サピックスの復習はとにかくしっかりやり、できなかった問題は、確実にできるように努力しています。
先日のGS特訓もそうですが、夏期講習や冬期講習、正月特訓など、来年1月末まで全ての授業に出るつもりです。
とても強い意志を持っているのがよく分かります。

サピックスにひたすら専念しているため、市販の受験参考書や問題集は全く持っていません。
長女にとっては、日頃サピックスでもらうプリント全てが、参考書であり問題集となっています。
サピックスを信じる気持ちと、サピックスの勉強をしっかり続ける気持ち、第一志望に合格したいという強い気持ちは、全くぶれません。

しかし、どんなに頑張っても、不合格という結果になる可能性はあります。

そんな事を考えて心配になる事もありますが、すっかり成長した長女の姿を見ていると、ふと、中学受験の事は忘れて、長女が産まれた時の姿や産声が脳裏に浮かびます。

予定通りに生まれたにもかかわらず、2210g44cmととても小さく、しばらく保育器に入っていた赤ちゃん。
私だけ先に退院し、その後3週間ほど、毎日母乳を絞って病院に届けていました。

そんな赤ちゃんが、12年経って、こんなに大きくなり、自分なりの意思をしっかり持つようにもなり、幸いにも大きな病気をすること無く、ここまで無事に成長した事を、素直にありがたいと思います。

長女の誕生日が過ぎたばかりのせいか、そんな思いが最近強いです。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
関連記事


トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://4chibi.blog98.fc2.com/tb.php/107-bb470b84








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ