スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

軽くショックを受けた長女の「ママ、実は…」

すっかり放置しているこのブログですが、たまにこうやって書き込みに来ています。

先日、私が長男の宿題を見ていたら、そこに長女と次女が来ました。

うちは、長女も次女も、小学生の時の勉強はリビングでした。
テレビは当然のようにつけっぱなしで、年の離れた妹が幼児番組を見て、歌ったり踊ったりしているような状態でした。

今、小学生になった長男が、姉達の時と同じようにリビングで勉強しています。
そのほうが、私が見やすいというのが一番大きな理由なんですが、姉達がそうしていたので、何となくそういうスタイルが続いてます。

リビングに来た長女と次女は、長男の様子には全く興味無い様子で、2人でお菓子をつまみながらおしゃべりをしていました。

しかし、私が、長男の計算ミスを直すように言ったところ、急に長女が、私に話しかけてきました。

「ママ、今だから笑って言えるんだけど、私、サピックスの基礎トレ、結構計算機使って解いてたんだよ。特に面倒な計算は計算機だったなぁ」と。

私は、「へーそうだったんだ」と軽く聞き流しましたが、少ししてから、軽いショックが。
あれー、なんで気が付かなかったんだろうと。
長女の場合、成績が常に安定していたので、まぁいいかとは思うのですが、全然気が付かなかったことにショックでした。

長女が言った後、今度は次女が、「あー、そうそう、私も計算機使ったことあるなぁ」と言いました。
ただ、次女については、使い終わった計算機が置きっぱなしになっていたので、取り上げた記憶があります。

親の目を盗むのも、成績の良いほうが上手ということでしょうか。
そうとは限らないとは思うのですが、うちの場合は、どうやらそのようです。

他の受験ブログ 中学受験(本人・親)はこちら
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

[ 2014/10/18 18:18 ] SAPIX(サピックス)長女(6年生) | TB(-) | CM(-)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ