スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

小学6年になった次女のサピックス生活の様子

久しぶりに、次女の様子を書こうと思います。

今年の2月からサピックス6年生になった次女は、5年生最後のテストで、これまでで一番悪い成績をとり、サピックスでは、学年のちょうど真ん中のコースから始まる事になりました。

その後の組み分けテストで、いくつかのクラスを飛び越えていっきにαコースの端くれに引っ掛かり、春期講習から4月前半まで通いました。
そして、4月後半から、1つコース落ちして、アルファベットの一番上のクラスに通っています。

次女の場合、国語だけは、常に長女と同じレベルの成績、社会は偏差値60前後で安定してますが、理科は分野によって差が大きく、偏差値50~60の間をウロウロ、算数は、偏差値55くらい取れたら万々歳、大抵は偏差値50を切っています。

成績にまで、次女の気分屋なところ、そして嫌いな科目は勉強したくない、という様子が現れています。

次女の、家での普段の様子は、5年生の時と比べて大きく変わった事はありません。

強いて言えば、勉強を始める前に、文房具を長時間いじったりして、なかなか勉強を始めなかったのが、今は、以前よりはすぐに勉強するようになったという事です。

ただ…
サピックスの無い日の場合、夕方から勉強を始められるはずなのに、夕食前に学校の宿題(多くはない)を済ませて、あとは入浴して何となく時間を過ごして終わり、というのが、私のイライラのもとになっています。

長女もそんな事が多かったですが、長女は集中力と第一志望に対する熱意がすごかったので、好きなようにさせてました。
が、次女は全然違います。

夕食後に勉強を始めても、苦手な算数については、急に動作が緩慢になります。

算数の復習をするために、プリントやノートをテーブルの上に置いても、日によっては、「どうせ分かんないし。」と、投げやりな事を言いだします。

次女が算数の勉強をする時、私は次女の隣に座るのですが、投げやりな事を言いながらも、「ママ、分からないから教えて」という時は、私も一緒に問題を解いて、教えていきます。

が、本当に投げやりになっていることもあり、「ママは、私の隣に座らなくていいんだけど!」と言ってくる事もあります。

「ママ、隣に座って教えて」と言ってきたり、「隣に座らないで」と言ってきたり、いちいち次女に振り回されているように思う事もあります。

なぜか機嫌のいい時と、なぜか不機嫌な時があり、同時に、なぜか勉強やる気になっている時もあれば、なぜか投げやりになっている事もあります。

いつ不機嫌になっていつ機嫌が良くなるのか、予測はできません。
強いて言えば、幼い頃から今でも、空腹時はかなり不機嫌になるので、そうなる前に食事をとらすようにはしています。

次女の機嫌が良い時に色々話してみると、次女なりに勉強をしなくてはいけないと思ってはいるようですが、なかなか行動に移せず、どうしても、その時に思いついた、または目に付いた楽しい事を先にしたくなる、とのことです。

また、現実逃避の気持ちもあると言い、つい先延ばしにしたくなるとも言います。

これから卒業するまでずっと、目先の楽しい事ばかり優先させた生活をしていった場合、受験間近になった時どうなるのか、と次女に尋ねると、「今と同じで、どうせダメだしと思いながら試験を受けるんだろう」と言います。

「それなら最初から中学受験なんてしなければいいのに」と言うと、「今更、サピックスやめて遊べと言われても、小学校卒業したら高校受験のためにまた塾に行く事になるわけだし、遊べる期間が短すぎ」と言います。

「じゃあ、2年くらい前にでもサピックスやめておけばよかったんじゃないの?」と言うと、「そうなんだけど、その時は、ずっとα1~2だったから、やめようなんて思った事も無かったし」と言います。

遊びたい、算数大嫌い、中学受験なんてどうせ合格しない、だけど、サピックスやめてこの際卒業まで遊びまくって、中学入学と同時に高校受験の勉強開始というのは、もっと嫌と言います。

「遊びながら合格なんてありえないのは分かってるよね?」と言うと、「そんなの分かってる」と言います。
「じゃあ、勉強して合格するしかないよね」と言うと、「分かってるんだけど…」とその後の言葉が続きません。

算数の成績さえ上がれば随分楽になるのに、どうして、これからの勉強の予定を立てることすらせずに「どうせダメだし」と思うのか、私は理解できずにいます。

やったらやったなりの結果が後からついてくるからと言っても、「どうせダメだし」の一点張り。

私がパパに相談すると、「中学受験で失敗するのもいい経験だろう。結果がどうなろうと、受験はしたらいい。ママは、あまり次女の事で思いつめず、下の子達に目を向けるようにしたほうが良い。次女が、ママは隣に座らなくていいというのなら、この際、放っておけばいい。自分の自由にさせる代わり、それに伴う結果も自己責任だから。」と言います。

私がいなかった隙に、パパは次女に同じ事を言ったそうです。
更に、「パパが納得できない場合は、仮にどこか合格したとしても、金は払わないからな」とも言ったそうです。

パパの言葉は、次女には厳しい内容だったかもしれませんが、時には、それくらい言ってもいいのかもしれません。
その一方で、全く頑張ってないわけじゃないし、色々話してみると、次女なりの葛藤があるので、そこまで言ったら次女がかわいそうなのでは、という気持ちも少しあります。

これまで、次女は、パパに何か言われても、「ふだん家にいないんだから、私の事なんて何も分かってないくせに。パパは黙ってて!」と言い返してましたが、今回は黙って聞いていたそうです。

軽く聞き流しただけなのか、それとも、結構重く受け止めたのかは不明です。

他の受験ブログ 中学受験(本人・親)はこちら
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

[ 2013/04/24 13:49 ] SAPIX(サピックス)次女(5年生) | TB(-) | CM(2)

サピックス6年生長女の入試直前1月の生活の様子

以前、サピックスの冬期講習と正月特訓期間の様子について書きました。
ここでは、それに続き、冬休みが明けて3学期に入ってからの生活の様子について書いてみます。

冬期講習が1月5日土曜日に終わり、翌日の1月6日日曜日はSS特訓は無く、久しぶりの休みとなりました。

1月7日月曜日から小学校では3学期が始まり、サピックスは、1月8日火曜日から始まりました。

長女は、1月6日日曜日に長時間睡眠をとったにもかかわらず、相変わらず、いくら眠っても寝足りないと言いました。

特に、3学期に入ってからは、サピックスが無い日は、学校から帰ってきたら、まず、5分ほど何かおやつを食べ、姿が見えなくなったなと思うと、誰の布団の上だろうが構わずに、バタンと布団の上に倒れ眠っていました。

娘が言うには、これから布団に入って眠れるのかと思いつつ布団の上にバタンと倒れるのが、とても幸せな瞬間だそうです。

夕食の時間になっても起きず、起こしても起きず、夜9時過ぎにボサボサ頭で起きてきます。
そこから夕食と入浴です。

勉強は、午後10時半ごろからします。
授業の復習をしていたはずが読書をしている事もチラホラ。

そして、こんな時期でも、やっぱりテレビがつけっぱなしのリビングで勉強をしていました。

それでも、主に暗記モノのチェックをする時には、「テレビ消して」と言う事もあったので、私がテレビを消して静かにしてました。

土日祝日や時間帯によっては、テレビを消しても、リビングでは、幼稚園児達が元気に遊んでいて、歓声を上げたり、喧嘩を始めて大泣きをする事もあります。
長女は、「うるさいさから静かにして!」と強く言いますが、下の子達はチラッと見て、幼稚園年長の長男が「○○(長女の名前)が自分の部屋行けばいいじゃん」と呟き、相変わらず遊んでいます。

確かに、長男の言う通りですが、長女としては、寒い自室よりも、既に暖かくなっているリビングが良いと言います。
長女が、更にイライラしているので、私は、下の子達を隣の部屋に行かせます。

これで、一見落着とホッとしていると、今度は、次女が翌日の学校の準備をするために積み上げていた教科書やノートが、長女のほうへ崩れる事も。

すると、今度は、長女と次女の喧嘩が始まります。
1歳4カ月しか違わない姉妹の喧嘩は、決着がつかず、しばらく言い合いが続きます。

結局、私は、「リビングは人が多くて集中できないだろうから自室に行けば?寒ければ暖房つければ良いし」と長女に言います。
しかし、長女は、「ここがいい」と言い、イライラしながらずっとリビングにいます。

それでも、時間が遅くなってくると、チビッコ達は就寝し、あとは、長女と次女が、静かに勉強できるようになります。
長女については、途中休憩する時間もあるものの、午前1~2時ごろまで勉強をして、午前7時半に起床して小学校に行ってました。

長女は、毎日24時間常に眠いというので、早寝早起きするように言い、試しに、学校から帰ってきたら、まずは勉強するようにさせてみたのですが、座ったまま眠ってました。

結局、当人の好きなようにさせましたが、学校から帰ってきてすぐに深い眠りについてしまう事で、非常に不規則で、しかも夜型の生活でした。
成長期の体だから仕方ないとは思うものの、不規則によく眠る日が続きました。


また、長女は、サピックスで一緒に授業を受けてた子達と同様に、受験の場慣れと、2月受験の前に合格という実績を作っておくため、1月に最初の受験をしましたが、その試験日直前になっても夜型の生活でした。

1月受験の前日は、いつも通り小学校から帰宅しすぐ眠り始め、いったん夕食で起床し、翌日の入試に備え持ち物のチェックをし、再び就寝。

1月試験日当日の朝は、まだ真っ暗な午前5時半に起床しました。
とりあえず、睡眠不足でないのは確かでした。
その後、軽く食事をしてから、頭の準備体操も兼ねて基礎トレをし、それから試験会場に向かいました。

1月校の受験が終わると、2月の試験まで10日くらい間が空きますが、その間も、夜型の生活が続きました。

相変わらず眠ってばかりの生活ですが、目が覚めると、受験終了したかと思うほど好きな本を読んでいて、時々暗記モノのチェックとしてコアプラスをパラパラめくり、基礎トレをしていました。

なお、基礎トレについては、5年生の頃からずっと、毎日1ページずつやっていたわけではありませんでした。
週に1回、先生にノートを見せなければならないため、先生に見せる直前に1週間分まとめてやって、何食わぬ顔をして先生に見せていました。

しかし、3学期に入ってからは、あまり勉強しない代わりに、基礎トレは毎日1ページ必ずやっていました。

基礎トレの出来具合をバロメーターにしていて、基礎トレで不注意なミスをすると、気が引き締まるようで、これまでのプリントのできなかった所を中心に見直したり、他の科目もついでに見直していました。

その時ばかりは、好きな読書はそっちのけで、勉強に集中していました。
間近に迫っている2月は、行きたい学校の試験日が続くとあって、1月前半よりも、顔の表情は引き締まり、いったん勉強を始めた時の集中力はかなりもので、緊張感がありました。

また、3学期になってからも、サピックスの全ての授業に出席し、学校は1月31日まで1日も休まずに通いました。
サピックスは、受験日と重ならなかったので出席することができました。

受験日と重なった場合は、人によっては遅刻してでもサピックスの授業に参加した人もいるし、その日はお休みした人もいるし、人それぞれです。

そして、小学校を休まず通ったのは、それが、小学生の基本中の基本の生活だと思っているからです。
小学校に行って友達や先生と会話することで、良い気分転換にもなります。

但し、インフルエンザなどがクラスで流行り始めてきたら、休むつもりではいました。

クラスの担任の先生からも、「その場合は休んでも構わないですから」と言われていました。
実際には、クラス内で毎日1~3人が、風邪やインフルエンザ、ノロウィルスで休んでいましたが、いつもの冬の様子と判断し、通いました。

他の受験ブログ 中学受験(本人・親)はこちら
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
関連記事

[ 2013/04/13 18:11 ] SAPIX通塾の日常生活 | TB(-) | CM(-)

あまりやらなかった過去問

今になって娘から聞いた話では、実は、過去問は、4教科全てをきちんと時間を計ってやったのは1年分だけだったとのことです。
夏休みに、サピックスからやるように言われた学校の問題についてはやっていたのですが、秋以降はほとんどしなかったとのことです。

サピックスの授業の中では、第1志望校に限らず受験する学校の問題が出てくる事があったため、時間を計って過去問をやるにしても、既にやった事がある問題という事もありました。
そのため、過去問については、どの学校についても1年分はやり、時間配分のチェックをしましたが、あとはしませんでした。

これは、長女自身が決めた事で、私はそれを黙って見ていました。

ただ、私が子どもの様子を見ている中で、子どもが過去問題集を時々パラパラ見ることはしていました。
パラパラ見つつ、問題構成や問題数など、子どもなりにチェックはしていたと思います。

そのかわり、授業の復習はしっかりやってました。
火曜日と木曜日の平常授業、土曜志望校別特訓、SS特訓の授業のについては、時間があったらやるように(時間が無ければやらなくてもいい)言われている問題も、全てやっていました。
長時間の授業が続く土曜と日曜の授業の4科目分の復習なので、量が多く、長女としては、過去問題集よりも授業の復習に集中するようにしていました。

4科目分の復習といっても、国語は漢字などの知識の確認だけして、読解については、授業の中で完結させていたので、実質3科目と言った方がいいかもしれません。

学校から帰ってきたらまずは昼寝をしてたので、勉強を始める時間が遅く、夜型の生活でした。
それが気になる点でした。

他の受験ブログ 中学受験(本人・親)はこちら
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
関連記事

[ 2013/04/13 16:10 ] SAPIX(サピックス)長女(6年生) | TB(-) | CM(-)

中学受験直前に試行錯誤の健康管理~うがい薬

前回の記事で、冬休みから受験直前までの長女の様子を書きましたが、同じ時期の我が家の健康管理の様子について書いてみます。

と言っても、お世辞にも模範的な様子ではなかったので、あくまでも、どんな様子だったかという事について書きます。
長女が6年生になって以来、私の気になることと言ったら、勉強や志望校に対する長女の気持ち、長女の成績、受験校の情報と受験校の組み合わせ、これが3本柱でした。

しかし、冬休みが近づくにつれて、もう1つ、長女の健康管理がとても気になるようになってきました。

日頃から手洗いとうがいはするように言っていたものの、長女はあまりしようとしません。
時には、サピックスから帰宅した時すでに飢餓状態という場合もあるようで、その時は手洗いすらせずに、即食事をしようとします。

勉強については何も言わないようにしてましたが、手洗いとうがいについては、何度も言いました。
しかし、何度言っても、長女は、習慣になりません。

手洗いとうがいについては、うちの幼稚園児達と5年生の次女にもしつこく言いました。
姉が大事な時期であることと、風邪引いて長女にうつったら大変だからと、チビ達には何度も言いました。

こういう時、幼稚園児のほうが素直に実行してくれます。
自分から、手洗いとうがいを一生懸命していました。

うがい薬は色々なものが売られていて、ちびっ子がうがいしやすい味になっているものもあります。

当初、テレビのCMに洗脳(?)されていた私は、うがい薬と言えばイソジンうがい薬と思っていました。
が、イソジンを買っても、特有の臭いと味、お世辞にも綺麗とは言えない色のため、子ども達は誰もうがいをしようとせず、私が、使っていました。
使いきった後は、イソジンではなく、同じ成分でもっと安いものを使ってました。

イソジンに見向きもしない子ども達のためには、「イソジンうがい薬ほんのりフルーティー」を購入してみました。

これは、小児科でもらうシロップ剤の味で、我が家の2番目(小5)と3番目(幼稚園年長)の子が好んで使っていました。
しかし、長女(小6)は、シロップ剤の味とイソジンの味が混ざった変な味が嫌だと、使おうとしませんでした。
末っ子(幼稚園年少)も、嫌がりました。

イソジンうがい薬 250ml[明治 イソジン うがい薬 ケンコーコム]【第3類医薬品】【あす楽対応】

迅速発送★大特価★ケンエー うがい薬600ml【第3類医薬品】 のどの殺菌・消毒・口臭予防に(ポンプ式)【RCP】

のどの殺菌・消毒に明治製菓 イソジンうがい薬P 120ml~細菌・真菌・ウィルスを殺菌・消毒。ほんのりフルーティ~【第3類医薬品】【ドラッグピュア】


そこで、更に別のもを購入しました。
それが、「キレイキレイ うがい薬」です。
これは、フルーツミントピーチ味と、フルーツミントアップル味があります。
4人の子ども達は味の好みがバラバラなので、両方とも購入して洗面所に置いてみました。
すると、4人とも気に入って、うがいをするようになりました。

キレイキレイ うがい薬 フルーツミントピーチ味 200ml[ライオン キレイキレイ うがい液 ケンコーコム]

キレイキレイ うがい薬 フルーツミントアップル味 200ml[ライオン キレイキレイ うがい液 ケンコーコム]

新コルゲンコーワ うがい薬ワンプッシュ 200ml[興和新薬 コルゲンコーワ うがい液 ケンコーコム]

この2種類のうがい薬は、甘い香りでフルーツの味がし、うがいの後、すっきり感があります。
また、透明なピンク色またはうすい緑色の液体なので、汚れが目立ちません。

私自身は、今でもイソジンを使う事があるのですが、イソジンだと、洗面台もコップも茶色に汚れますし、洋服に飛沫が茶色く点々と付いてしまう事もあり、白っぽい服を着ている時はかなり気を使います。

しかし、キレイキレイうがい薬ではそんな心配が無いので、とても気が楽です。
すでに、うちの子ども達は愛用者になっていて、各味とも再購入して使い続けています。

私個人としては、「新コルゲンコーワ うがい薬」も気になっています。
「キレイキレイ うがい薬」と同様に、透明な液体で、商品説明を読む限り、こちらもまた使いやすそうに見えます。
店頭で見ると、ケロちゃんとコロちゃんの可愛い絵がかいてあって、フルーツ味で、馴染みやすい雰囲気です。
また、楽天で見ると、世の中では「キレイキレイ うがい薬」よりも「新コルゲンコーワ うがい薬」のほうが人気あるようです。

12月から受験終了まで、長女が風邪をひかずに済んだのは、もしかしたら、下の子達が毎日うがいと手洗いをしっかりして風邪をひかなかったからかもしれません。

特に、うちの場合、幼稚園児が幼稚園から風邪を持って帰ってきて、それが家族全員にうつる事が、これまでに何度かありました。
この冬も、それをとても恐れていたのですが、家族全員風邪をひかずに過ごす事ができました。

イソジン系のものも含めて複数置いておくと、どれを使うか選ぶのが楽しいようで、子供4人で、使ったうがい薬の使用感を話し合っています。
我が家では不人気のイソジンうがい薬でも、「イソジンうがい薬ほんのりフルーティー」なら、気まぐれ的に使う子もいます。

もしかしたら、家族全員風邪をひかずに過ごせたのは、運が良かっただけなのかもしれません。

しかし、今年も、引き続き、うがい薬をいくつか洗面所に置いておき、子ども達が好きなうがい薬を使うことで、風邪予防の意識を持ち続けてくれたらと思っています。

他の受験ブログ 中学受験(本人・親)はこちら
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
関連記事

[ 2013/04/12 13:31 ] SAPIX通塾の日常生活 | TB(-) | CM(0)

サピックス6年生冬期講習、正月特訓期間の生活の様子

今年の冬休み、うちの長女は、サピックスの冬期講習と正月特訓を受けました。
1月の受験が間近に迫って来ていたため、緊張感が出てきていました。
と同時に、早く終わりたいという気持ちも強くなってました。

サピックス6年生の冬期講習と正月特訓は、SS特訓のクラスで行われます。
つまり、志望校別に別れ、男子だけのクラス、女子だけのクラスになります。

何も知らない方のために簡単に説明しますと、サピックス6年生の冬期講習は、12月26日~12月29日、1月4日~1月5日の全6日間です。
授業時間は、午後1時半~午後6時半で、休憩無しで、各科目75分の授業が4科目続けて行われます。

更に、正月特訓が、12月30日~1月3日(1月1日は休校)の4日あります。
授業時間は、午前9時~午後5時40分で、午後1時~午後1時40分は昼食タイムです。
午前中に、国語と算数、理科または社会のどちらかの授業があり、午後には、国語と算数、午前中に無かった理科または社会の授業があります。
つまり、毎日、国語と算数は2回ずつ授業があり、理科と社会は1回ずつ授業があります。

長女も、冬休み期間は、ずっと女子だけのクラスでした。

受験本番直前の志望校別クラスの顔ぶれは、そっくりそのまま、同じ学校を第一志望として受験する顔ぶれとなります。
もしかしたら、今後6年間同級生として仲良くなるかもしれない顔ぶれです。
そんなクラスで授業を受け、毎日の授業での点数により順位づけされ、その成績に応じて座席も変わります。

当初、隣の教室の男子クラスや別の女子クラスから楽しそうな声が聞こえてくる中、長女のクラスは静かだったそうですが、冬休みともなると、みんな、すっかり顔ぶれにも馴染んで、授業中も、元気な女の子達と先生との会話が盛り上がって、みんなで笑う事もよく出てきたようで、長女は、楽しそうに授業の様子を話してくれました。

電車通学する子達は半分以上いて、その子達は自然と仲良くなっているようですが、長女は、電車通学ではないため、電車組とは反対方向に帰ってました。
そのため、ほとんど誰とも会話することも無い様子でした。

時々、無口な長女に興味を持ってくれる子がいて、色々話しかけてくれたのはとても有難かったです。
それでも、長女は、最低限の返事しかしないとのこと。

私は、長女に、「自分からも話しかけてみたら?」と提案してみました。

それに対して、長女は、「今もし仲良くなったら、自分、もしくは友達が残念ながら不合格になってしまった場合、すごく悲しい。だから、今は誰とも友達になりたくない。互いに合格して入学することが決まったら仲良くなろうと思う」と言いました。

そして、「今は、自分だけ隣の男子クラスに行きたい」とも言ってました。
平日授業で一緒の男の子達とは、どうせ別々の中学に行くのだから、気が楽とのことでした。

そういう考え方も理解できるので、それ以上私は何も言いませんでした。

無愛想な長女の事を毛嫌いすることも無く、無口だからと逆に関心を持ってくれて、気軽に笑顔で話しかけてくれた子達には感謝です。
良い仲間に恵まれました。

次に、冬休み、サピックスから帰宅してからの様子です。

長女の場合、冬期講習期間は、午後7時ごろに帰宅すると、食事と入浴を済ませ、午後9時~9時半ごろから勉強をしてました。

授業の復習を4科目まとめて一気にやるのですが、大体午前0時半ごろまでには終えて就寝してましたが、翌朝は、かなり遅くまで眠っていました。
午後1時半から授業が始まる場合、通塾にかかる時間や食事の時間を考えると、正午までに起きればいいわけですが、起きてくる時間は、大抵午前10時半ごろでした。
たまに、午前9時ごろ起きてくる事もあったり、正午間近に飛び起きてきたり。
睡眠不足になっているよりは、はるかに良いですが、あまりに眠っている時間が長いのも、気になりました。

こんな状態なので、午前中勉強する時間はほとんどありませんでした。
午前中に勉強することと言えば、前日の授業をもう一度復習したり、これまでの授業を復習したり、暗記モノのチェックをしたり…。
何かをじっくり考えるというよりは、これまでの事をチェックすることをしていました。

年末年始の正月特訓の期間には、朝から暗くなるまでサピックスに缶づめ状態だったので、午後6時過ぎに帰宅し、食事と入浴を済ませる頃には、あっという間に午後8時です。

しかも、サピックスで朝からずっと気を張って勉強しているせいか、家ではかなりダラーンとしていました。
食事が済んでも、テレビをボーっと見ていたり、放心状態の様子。
そんなわけで、家庭学習の時間はほとんどありませんでした。
やることと言ったら、やはり授業でやった事のチェック、できなかった問題の解き直しくらいです。

それでも、正月特訓に限らず、冬休み期間、そして、1月末の最後の平常授業まで、全ての授業で、クラス内の順位を常に意識していました。

持ち帰ってきたプリントに書かれている順位は概ね1~3位だったので、ボーっとしている時間が長くなっていても、この子なりに計画して行動しているのだろうと、なるべく黙認しました(そうは言っても、長女ののんびりムードに、こちらの不安は日に日に強まっていったので、先生に相談したわけですが…)。

長女の様子を見ていて、私が、勉強以上に気になってきたのは、健康管理です。
手洗いはしても、うがいをしようとしない長女に、何度もうがいするように言いましたが、私が注意した瞬間だけうがいをしに洗面所に行くだけでした。

自分の健康管理にあまりに無頓着なので、結局、入試が終わるまで、私が、毎日しつこく言い続けることになりました。

他の受験ブログ 中学受験(本人・親)はこちら
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
関連記事

[ 2013/04/05 11:47 ] SAPIX(サピックス)長女(6年生) | TB(-) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ