スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

勉強中いちいち気が逸れ勉強中断する次女

7月8月と、私が、敢えて黙って次女の様子を見ていると、サピックスの子は毎日やるべき基礎トレをせずに一日を終えようとする事があります。
夕食後に眠くなってしまって、そのまま翌朝まで眠ってしまう事も。

気まぐれなので、自分から積極的にする事もあれば、全く見向きもしない事もあります。

また、社会の復習の際にする白地図をするにしても、「面倒だからやりたくない」とギリギリまで放置したり、やっと復習を始めたかと思うと、間違えた文字を修正液で消したついでに、修正液でずっと遊んだりもします。

しかも、些細な事でいちいち突っ掛かって、何かと時間がかかります。
次女は、夏期講習はαコースで授業を受けているため、復習も難しい問題もするのが当然のようになっています。

ノートには、サピックスの先生から「戻ってこられてよかった。さらに頑張ろう」なんてコメントが書いてありました。
先生の励ましのお言葉、ありがたいことです。

が、「さらに頑張ろう」という感じではないのです。

なかなか勉強しようとせず、のんびりムードです。
「〇〇先生の授業、久しぶりに受けたけど、懐かしかったなぁ。」
と、他人事のように、上機嫌に言っています。
が、勉強開始後しばらくすると、不機嫌モードに。

例えば、利根川や石狩川の源流がどこにあるのか分からないと白地図に書けないと言い出し、サピックスの地図帳をじっと凝視した挙句、この地図じゃ分からないと腹を立て、そこで復習がストップ。

それならばと、私が、ネットの地図で拡大して見せると、今度は、支流が多過ぎて白地図に書けないと立腹。
縮尺を変えて色々見せても不満。
結局、元の地図帳に戻り、別のページを開いて見せると、やっと満足して復習再開。
関東平野の形は厳密にはどうなっているんだと言いだし、分からないから白地図に書けないとまた不機嫌に。
「茨城の日立市はトンネルばかりだけど関東平野なの?ママが住んでいた日立市の隣の東海村は平坦だけど、関東平野だよね?この辺、どうやって平野が入り組んでいるの?分からないと書けない」

社会の白地図だけで、こんな事を何度も繰り返します。

そんな次女の様子を、同じく私の隣で勉強している長女が見かねて、
「どうでもいい細かい事にばかり気が行ってると、大事な事ができなくなるよ。白地図なんて、正しい位置と形がだいたい分かればいいんだよ」と、次女に言うと、
「お前に言われるのが一番腹立つ、黙ってろ」と、次女は、ますます不機嫌。

現在、長女がサピックスの6年生で夏期講習の真っ最中ですが、5年生の頃がとても楽だったと思えるような慌ただしさです。
次女は、すぐにサボる方向に流れてしまいそうな危うさがあり、6年生になってから大丈夫なのか心配です。

お菓子や飲みの物を横に置いて勉強したいというので、あえて黙認していると、飲食物に気が行ってばかりで、あまり勉強に身が入りません。
そこで、食べ物も飲み物も置かずに勉強して、一区切り付いたら、飲食したらどうかと言うと、「そうだね」と言ってそうします。

これで集中できるかなと思って様子を見ていると、今度は、プリント類の文字を、色々な色でなぞって遊んでいます。
空白部分には、なぜか公家風の漫画が描かれています。

「なんでそんなもの描いているのか」と聞くと、「ふと大河ドラマ平清盛のワンシーンが頭に浮かんで、絵に描いてみたくなった」と言います。
そんなこと、勉強が終わったらしばらく自由に描いていられるのに、なんで今描こうとするのか、こちらはため息ばかりです。

当人にそんな事を聞くと、苦笑いしながら「それは分かっているけど、分からない問題があると、ちょっと離れたくなるんだよねぇ」と明るく答えます。

「嫌なら、さっさとやって、さっさと終わらせたらいいのに」と言うと、一応素直にまた勉強を始めるのですが、5分ほど経つ頃には、今度は、消しゴムの汚れや定規の汚れを落とし始めます。

「そんなの勉強終わってからすれば」と言うと、また素直に勉強を再開します。
でも、数分後には、長女に話しかけたり、弟妹に話しかけたりします。

注意すると、また勉強を始めるものの、数分後には、少し離れた所に置いてある新聞を取りに行こうとします。
「どうした?社会の復習に必要なの?」と聞くと、「今日の4コママンガ読んでないから」と言います。

結局、これの繰り返しです。

私が、「中学受験したくないなら公立中学でもいいんだけど」と言うと、「えー、それはやだなぁ」と次女。

「勉強しないと受からないのは分かっているよね」と言うと、「そんなの分かっているよ。どうも誘惑するものが周りにあり過ぎてね、ついそっちに気が行っちゃって」と、これまた明るく言います。

今へらへら笑っていても、6年生になった時には真っ青になっているのではと心配です。
もしくは、自分の厳しい状況を遅ればせながら自覚して、耐えられずに受験をやめる事になるのかな?と思う事もあります。

はたまた、このまま能天気に受験を迎え、全部不合格でも他人事のよう笑っているのかもしれません。
これはこれで、高校受験が思いやられます。

どういう状況になるのか全く想像付きませんが、いずれにせよ、合格という文字からはだいぶ遠くにいるような気がしてなりません。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

[ 2012/08/17 16:44 ] SAPIX(サピックス)次女(5年生) | TB(-) | CM(3)

滑り止めとして東京学芸大学附属竹早中学を考え始めた長女

長女は、夏期講習での連日の復習と、頻繁なクラス分け、クラス内での順位付けに、その都度、自信を持ったり危機感や不安感を持ったりと、気持ちはやや不安定になっています。

夏期講習の時の苦労や不安、そして長女なりに勉強をしているという自覚から、受験校全てが不合格だった場合は、もう一生立ち直れないかもしれないと言っています。

そんな中、もう1校受験したいと言ってきました。
これまで話題に出てくる学校は、滑り止めとは言えないランクの学校ばかりだったので、私は気になっていたのですが、子ども自身も考えていたようです。

完全に滑り止めとなるような学校も受験したいと言いだしました。

それは、東京学芸大附属竹早中学です。

この学校は、サピックスの春の個人面談で、滑り止めとして先生から進められた学校の中の1つです。

学芸大付属高校が家から遠くなるため、これまでためらっていたのですが、当人が受けたいのならOKです。

というわけで、2月1日受験校と、2月2日受験校、その前に千葉中があるわけですが、それらに引き続き、現段階での4校目となっています。

ただ、ここに進学した場合、進学する高校はどうするかが問題です。
学芸大付属高校が家から遠いことは、やはり気になります。


より大きな地図で 東京学芸大学附属竹早中学 を表示
地図の赤い目印は、学芸大学付属竹早中学の場所です。また、青色の目印は、学芸大学付属高校の場所です。

サピックスの先生にも、学芸大学付属高校は自宅から遠くなってしまうので、受験校とする事をためらっているいる事は伝えてあります。

また、高校進学の際、また受験することにためらいを感じている娘には、先生が「○○(長女)なら、普通に勉強してれば、それほど困難な事ではない」と言われ、安心したようです。

仮にここに進学した場合、中学3年になった時の当人の気持ちに従って進学を決めればいいとは思っていますが、場合によっては、付属高校だけではなく、公立高校も含めて他校を受験という事も考慮したほうが良いのかもしれません。

過去問を買おうかと思っていますが、うちの場合、子ども自身が、今のところ買う必要はないと言うので、まだ買っていません。

ちなみに、楽天の場合、東京学芸大学附属中学の過去問はこちらです。
また、アマゾンの場合、東京学芸大学附属中学の過去問はこちらです。

ただ、長女が気になっているのが、学校のHPを見ても、制服の紹介もクラブの紹介もしていないので得体が知れないということです。

親である私が、中学生の時に高校受験のために通っていた塾に、多くの東京学芸大学付属竹早中学の子が来ていたので、その時の様子しか知りません。
私と親しい学芸大附属竹早中の友達もいたので、学校の様子や雰囲気は知っていますが、何せだいぶ昔の話なので、今の様子が分かりません。

HPを見ても、事務的な事、形式的な事しか書いてないので、閉鎖的なイメージがありますが、私が、かつて友達から聞いていた話は、みんなとても仲良く明るいという印象です。
塾の中では、学芸大学附属竹早中の子達が集まって楽しそうに話をしている様子がよく見られました。
当時、私は、地元では有名な暴走族のリーダーが卒業生で、そのグループがバイクで乗りつけてくるなど荒れていた公立中学に通っていたので、塾の中に、こんなに真面目に勉強している友達がいるなんてすごいなと思っていました。

なので、私としては好印象の中学なのですが、娘には不安なようです。

また、慣れてしまえば気にならないのでしょうが、駅から少々遠い気もしています。
第1志望や第2志望の中学が駅から比較的近いので、余計にそう思ってしまうのでしょう。


まだまだ、子どもの気持ちは流動的な様子です。

受けるつもりでいたら、「やっぱりやめた」と言いだすかもしれませんし、全く頭に無かった学校を、「受けたい」と急に言い出す事もあるかもしれません。

他の受験ブログ 中学受験(本人・親)はこちら
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
関連記事

[ 2012/08/16 19:39 ] SAPIX(サピックス)長女(6年生) | TB(-) | CM(0)

親が隣に付き添わないと勉強しようとしない次女

次女の勉強している横に座り始めて、最近感じているのは、親である私が隣に座らないと、勉強しようとしない、という事です。

勉強する時は、いつも私を呼んで、「隣りに座って」と言います。

うちは、長女も次女もリビングのテーブルで勉強しているので、常に私と同じ部屋にいるのですが、それでも、勉強を始める時は、とりあえず隣に座ってと言ってきます。

隣りに座っても、ずっと次女の勉強を見ているわけではないですが、次女の様子は分かりますし、もう一方の隣りに座っている長女のプリントの整理を手伝う事もできます。
何かとメリットは多いのですが、次女の場合は、常に母親がいないと勉強をしないようになってきている感じです。

例えば、夕食の支度で、私が部屋続きの台所のほうに移動するだけで、勉強を中断して、別の事を始めます。

となると、私が食事の支度から食後の後片付けを終えるまで、次女の隣に座れない場合、次女もずっと勉強しないで、「ねぇ、早くこっちきてよ、そろそろ勉強したいんだけど」とずっと言っています。

春前は、何でも一人で勉強しようとした結果、分からない事もそのまま放置になっていましたが、現在は、親が隣に座らないと勉強する気にならないようです。

ちょっとした甘えや不安もあるのかもしれません。
それが高じてきたのか、「親をこき使ってる?」って思う事もありました。

「ねぇ、喉乾いたからジュース持ってきて」とか、「ノート無くなりそうだから、持ってきて」と言い、冷蔵庫もノートが置いてある場所もすぐ近くなのに、親にさせようとしました。
「鉛筆削ってよ」とか「消しゴム拾ってよ」なんてのもありました。

飲み終わったジュースのコップを、無言で差し出してきて、親がコップ洗うのが当然というような顔をしている事もありました。

親切心で何でも言うとおりにしてあげるのは簡単ですが、あまり何でもかんでもやってあげるのは、次女の場合、やってもらって当然と調子に乗るので、半分くらいは「自分でやれ」と突き放しました。

たぶん、次女自身は、何も意識せずに振舞っているのでしょう。

隣りに座る時間が長く、それが毎日続くと、会話の量が増え、勉強以外の会話もかなりするようになります。
が、それに伴って、次女は、これまで以上に甘えてきているのかもしれません。

4人姉妹(弟)の中の2番目という、上と下に挟まれている立場上、あまり甘える事ができずにここまで成長してしまったのかもな、と思う事もあります。
なので、現在次女との関係が一番密接なのは、実は良い事なのかもしれません。

近所に買い物に行く際も、この暑い中、次女だけ付いてくる事があります。
一緒にお菓子を食べようとか、一緒にテレビ見ようとか、何かと、私への誘いの言葉は、他の子達よりも次女からが多いです。

それにしても、この調子では、次女は、6年になったらどうなってしまうのか、とても心配です。

今、6年生の長女がサピックの夏期講習に通っていますが、毎日とても忙しく、それは5年生の比ではありません。
今みたいに、「ママが隣りにいないから勉強できない」では済まされません。
6年生の夏期講習は、5年生以上に復習量が増大し、有名中の入試問題だってやっていく事になります。

内容だって総合的になって難しくなってくるのに、今の様子では、次女だけ付いて行けずに、落ちこぼれてしまうのではと、心配しています。

親がいくら隣で様子を見ていても、復習しなければいけない量が増大すれば、当人の積極性がこれまで以上に必要になってきます。
当人に、食らいついていくんだという強い意志と積極性が無ければ、こちらがいくら勉強しようと言っても、未消化の物が膨れ上がっていくでしょうし、限界があります。

もっと中学受験を意識して積極的に勉強してほしいものですが、次女にはそんなそぶりは見られません。
口では中学受験したい、受かりたいと言っていますが、まだ他人事のような感じです。
勉強を1人で計画して進める事をさせるにしても、すぐに計画倒れになることでしょう。

先の事は分かりませんが、当面、次女については、まだまだ私が様子を見て行く事になりそうです。

他の受験ブログ 中学受験(本人・親)はこちら
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
関連記事

[ 2012/08/05 12:16 ] SAPIX(サピックス)次女(5年生) | TB(-) | CM(1)

サボり癖を元に戻す際の子供の反発

次女の勉強に付き添うようになって一番大変なのは、すっかり身についてしまったサボり癖を矯正することでした。

やらなければいけない勉強をやらないと、サピックスでのテストの成績はどんどん下がっていくのは当人もよく分かっています。

にもかかわらず、嫌だからとやらずに、好きな本を読んだりテレビを見続けたり、席に着いてプリントやノートを広げたと思ったら、文房具をいじり始めたり、何か食べ始めたりします。
当然、復習をする時間が少なくなり、時間のかかる苦手な単元の場合は、いい加減になってしまいます。

その結果、テストの成績は下がります。
自分のそれまでの行動通りの結果になっているにもかかわらず、下がった成績表を見て更に嫌になる。
なんでこんなに幼稚なんだろうと思ってしまいますが、これが次女の様子です。

こんなひどい状態から少しでも改善させていかなければいけません。

そこで、サピックスの先生からの後押しもあり、親として、これまでより強い態度に出ました。

まずは、サピックスに通う子なら誰もが当たり前のこととしてやっているはずの基礎トレを毎日する事から始めました。

が、基礎トレをさせること自体が大変でした。

当人に基礎トレをやる気は無く、言い訳を聞いてみると「長女も5年の時は全然して無かったから」と言います。
確かに、長女は基礎トレを全くしませんでしたが、復習だけは完ぺきにするとかなり強い気持ちを持っていました。
また、成績も常に安定していたので、私は、敢えて黙認していました。

しかし、次女には基礎トレをすることが絶対必要だと思ったので、「そんなにやりたくないなら、まずは基礎トレを毎日やってみて、あまりに簡単だ問題ばかりだったら文句を言え」と、こちらも強い態度で臨みました。

基礎トレをやっている間、次女はずっと不機嫌そうにうなっていました。
間違えたから消して直そうとした時、消しゴムを取り損ねて床に転がっただけで、「拾うの面倒だからもうやめたい」と言ってやめようとします。

こんな時にも、私が拾うべきか、それとも当人に拾わせるべきか、内心迷いました。
結局、時には私が拾ってあげ、時には当人に「そんなの自分で拾え」と言いました。

こんな感じで、些細な出来事1つ1つで勉強は止まり、私は内心どうすべきか瞬時に考え、行動しなければならないことの連続でした。

親子で根比べのような事を毎日繰り返すうちに、自然と文句は言わなくなりました。

また、当初、基礎トレをやり終えるのに、バカみたいに時間がかかり、しかも分からない問題ばかりだからと途中で投げ出そうとしていたのが、そういう事も無くなり改善されてきました。
これだけでも、次女にとっては進歩です。

そして、以前は、「基礎トレいつやる予定?」と聞いただけで、怒りの形相になっていたのが、今は穏やかに「〇時頃するつもりだよ」と言うようになりました。

やはり、毎日やらなければならない事をしっかり習慣づけると、次女の中でもそれが日常の出来事の一コマになり、基礎トレをする事に抵抗を感じなくなるようです。

と同時に、サボり癖が付くのはあっという間ですが、そこから元に戻すのは、子供が抵抗してくるだけに大変という事も実感しました。

但し、今でも、相変わらず私の声かけは必要な状態です。
敢えて声をかけずに次女の様子を見ていると、基礎トレをせずに一日を終えようとする事が今でもあります。

基礎トレが順調かどうかは、次女にとってのバロメーターのようなものなので、私は、今も気にするようにしています。

きっと、これからも気にしていくことでしょう。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
関連記事

[ 2012/08/02 17:15 ] SAPIX(サピックス)次女(5年生) | TB(-) | CM(0)

悩みながらも千葉中学の受験対策

長女が急に千葉中を受けると宣言して以来、千葉中の受験対策はどうしたらいいのか考えています。

サピックスの先生には、まだ伝えていません。

相談という形で、サピックスの先生に千葉中受験を伝えたら、何かアドバイスをいただけるのでは?とも思っているのですが、まだ実行はしていません。

サピックスの先生は、長女が千葉中学受験したいと言いだしたなんて、夢にも思っていないでしょう。
個人面談でも、公立中学の話は全く出ませんでした(長女の個人面談での話はこちら)。

しかし、夏休み前の次女(5年生)のサピックス保護者会で、千葉中の受験対策はどうしたらいいのか、という質問が、保護者から出ていました。
それに対して、先生は、都立の公立中学の過去問は傾向が似ているので、それらをやって慣れるとよい、と言ってました。

長女にも、サピックスの先生が言っていた千葉中学の受験対策については伝えてありますが、今のところ、夏期講習のスケジュールだけで精いっぱいで、何もできません。

私としては、1月の受験校というと、2月の第1志望校の受験前に、試験慣れするため、受かりそうな所を受験するものと思っています。
しかし、千葉中は、かなりの高倍率ですし、最難関公立中学なので、大丈夫だろうかと、親としては心配しています。

過去問を見ても、他の私立中学とは全く毛色の違う問題ですし、1月の受験校は、もっと確実に受かりそうな中学を受けたほうがよいのではと思っています。

それでも、長女が言うのなら、私は強く否定せず、見守ろうという気持ちもあります。

そこで、千葉市内に出かけたついでに、場所を確認するのも兼ねて、千葉中に行ってみました。


より大きな地図で 千葉県立千葉中学 を表示
電車ではなく、マイカーで行ったのですが、千葉中の校庭前の細い道を通って、ひたすらまっすぐ進んでいくと、千葉大学にぶつかります。
医学部がかなり近い所にあり、文教地区の印象がありますし、少し離れた所には、千葉県庁や県警本部もあります。

私個人の勝手な印象としては、ゴミゴミした中に学校があり、交通量が多い割に道が狭いと思いました。
うちの長女がもし行く事になった場合の最寄駅からは、歩いて約10分といったところです。

それにしても、片道約2時間はかかりすぎです。

当人は、通学ができないなら受験するだけでもいいと言いますが、倍率の高さと、試験問題の傾向から、合格することを当てにできる中学ではありません。

とはいうものの、子どもの意思を尊重するつもりなら、私は過去問を用意しなければと思っています。
現在、楽天で検索したり、アマゾンで検索しているところです。

ちなみに、楽天の場合、千葉県立千葉中学の過去問はこちらです。
また、アマゾンの場合、千葉県立千葉中学の過去問はこちらです。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
関連記事







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ