スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

長女のサピックス個人面談で話題になった次女の勉強

先日終えたサピックスの個人面談は、6年生の長女についてのものでした。
この時期に6年生だけ行われるサピックスの個人面談です。

しかし、うちの場合は、長女の話は早く終わったため、次に次女の話に移りました。
次女は、5年生に入ってから成績が落ち気味なのです。

4年生の冬休みから、かなり積極的に勉強をした次女は、最終的にはαコースに戻る事ができ、5年生は、α2で出発しました。

が、5年生に入った途端、やらなければいけないプリントが一気に増えて、更に難易度も増したことで、一気に委縮しました。
復習はやっている様子でしたが、難しい問題でつまずくと、もう見たくもない様子で、どこまでしっかりやっているかは疑問でした。

私が、勉強の話をしようとすると遮り、勉強の様子を見ようとしても、「自分1人でできるから来ないで」と拒否しました。
私が付き添って勉強するようにしようと思ったものの、強く拒絶するので、結局次女1人で勉強する日が続きました。
そのため、詳しい様子は分からず、次女の様子を知るのに苦労していました。

そんな状態で、5年生に入ってからは、あっという間にαコースから落ち、現在、アルファベットコースにいます。

サピックスに行くと、先生達からは「早くαコースに戻れ」と何度か言われているようです。

復習量が増え、難しくて解けない問題もチラホラ出てきた時、全て解こうと必死になる長女と、自分には無理と意気消沈する次女。
一旦波に乗ると自信が付き1人で勉強し始めたものの、いつの間にやら自信過剰になり、5年生になった途端、今度は一気に自信喪失。
次女なりの様々な思いから、母親と勉強する事を拒否。
難しい事や分からない分野や問題は適当に流す。
そんな感じでした。

低学年の頃は姉妹で同じような成績で、むしろ次女のほうが少し成績が良かったくらいでしたが、当人達の心構え次第で、こうも差が付いてくるものなのかと実感しています。
今では、偏差値70代前半の姉と偏差値50代前半の妹、姉妹で偏差値の差が20もあります。

そんな状態なので、長女の面談の中で、先生と次女の話ができたのは、とてもありがたいくらいです。
次女の家での様子を見ていると、アルファベット上位のコースにいるのが不思議なくらいで、このままなら間違いなく落ちるところまで落ちるだろうと、今のうちに、次女について改めて相談の場を設けてもらおうかと考えていたところでもありました。

まずは、次女の様子を先生に伝えました。
5年生になって、新しく習う量が増え難しくなった途端、やる気を無くしている様子や、志望校もあやふやな状態で、全てがいい加減になっている様子を言いました。

先生からは、内心は姉を意識し過ぎているのではないかという話もありました。

家での様子、年子の姉との関係、学校での様子などを色々尋ねられ、こちらも正直にお答えしました。
日頃の生活の様子も絡んでくるので、学習相談というよりは、育児相談といった感じでした。

その結果、先生の結論は、これからは、次女の勉強のついてあげてみてください、ということでした。

帰宅後、長女の個人面談で次女の話になった事を、次女に伝えました。

校舎責任者の先生から、これからは親と一緒に勉強するように言われた事も伝えました。
次女は、先生に言われたならと素直に承諾しました。

その後、早速、これまで自分で勉強していたもの全てを私の所へ持って来させ、ざっとチェックしました。

親が付き添って勉強というのは、昨年の2学期以来です。
その時も成績が下がって、同じような事をした事があります。
その時は、大体2カ月ほど付き添い、成績が上がって1人で勉強したがり始めたので、1人で勉強をさせ始めました。

今回は、前回以上に一緒に勉強することになりそうです。
6年生になって成績を落とすわけにはいかないので、次女に対しては、細やかな気配りが必要だと、これまで以上に思っています。

話を戻します。

当人は、「基礎トレも復習もやっている」と言っていたのですが、「個人面談で先生から一緒に勉強するように言われたから」という事を口実に、次女のノートやプリント類一式を強制調査したところ…

予想通りに、基礎トレは4月初旬から真っ白。
復習は一応全部やっているけど、その場しのぎで、当人の身にしっかりついているかは疑問です。
次女なりに、どうやら長女の真似を上っ面だけやっているつもりのようでした。

確かに、長女は、5年生の頃は基礎トレを開くことすらしなかったのですが、復習だけはしっかりしようという強い決意を持っていました。
苦手な分野の解けない問題が続いても、それを解きこなそうとするチャレンジ精神が旺盛でした。
しかし、次女は、長女のようなタフさや知識に対する貪欲さがありません。
楽なところだけ長女のまねをしているだけでした。

そして、現在…
次女は、毎日私が隣に座っている状態で勉強しています。
時々席をはずす事はありますが、大体次女の隣にいます。

ただ、今の時点で私が難しいと思っているのが、3才と5才の子を放置気味にしてしまうことです。
特に、3才末っ子は母親に放置されている自覚があるようで、しきりに抱っこをせがんだり、膝の上に乗ってこよう
とします。

黙って静かに膝の上に座っているわけではないので、勉強中の次女は、とても嫌がります。
2歳上の長男と遊んでいるなと思っていると、喧嘩して泣かされて「ママー」とすぐに来ます。

末っ子は、まだまだ甘えたい年頃。
でも、次女は次女の立場で、母親と一緒にいたい状態です。
幼稚園児の長男も、膝の上に座ろうとしてきます。

この兼ね合いが難しいです。
子供達との接し方を試行錯誤しながら、バランス取っていく必要があります。
長女が1人で勉強をしているのがせめてもの救いです。

また、次女に付き添って勉強するにしても、全て私にお任せの態度で勉強するのはよくないと思っています。
そこで、いつ何の勉強をするかは次女が考え、時々こちらから提案しています。

しかし、予定が予定通り行ったことはまずありません。
今まさに勉強しようとしているところなのに、いきなり庭で縄跳びを始めようとしたり、部屋の整理整頓を始めたり、妹弟を引き連れて近所の公園に遊びに行こうとします。

それを呼びとめて、「今遊びに行ったとして、勉強をいつする予定なのか」と尋ね、あやふやな答えが返ってきた場合は、こちらもやや強い口調で遊びは中止させ、予定通り勉強です。
但し、親の言う事を無視して自分のペースで行動することもあるので、そこで言い合いになる事もあります。

先生から直接アドバイスをいただいた事で、私は強い態度をとれますが、次女の気持ちもあるため、そう思うようにはいきません。

例えば、週末の朝起きた時は、今日一日で色々勉強するような事を言っていても、そんなできたことは無く、1科目の復習を終えるのが精一杯です。

すぐに気が散るのは相変わらずですから、効率が悪く時間がかかります。
これまでの生活から自然と身についてしまった結果なので、今度は、以前の態度に少しずつ少しずつ戻していかなければなりません。

次女と一緒にいるほど、今の次女は、随分いい加減になったし、ずいぶん弱気になったものだと実感しています。
今の次女は、弱気な事ばかり言っています。

成績が落ちるのは簡単ですが、それに伴って弱気になるのもあっと言う間でした。
そこから、成績を上げて、気持ちも元に戻すのは時間がかかりそうです。
まして、苦手な分野は見ようとしもしないので、勉強を始めるまでに時間がかかってしまいます。

こうなった原因は、4年生後半に成績が上がった事で、安心しきってしまい、次女の「1人で勉強できるから」という言葉を信じこんだ私自身にも問題があります。

その期間は下の子達のほうに色々気を配る事は出来ましたが、次女に対する気遣いが手薄になっていた事を、かなり反省しています。
忙しそうに下の子達の世話をする私の様子を見て、これ以上私を多忙にしたくないというのも、「1人で勉強する」と言い張っていた理由の1つという事も知りました。
次女なりに色々気遣いさせてしまっていました。

しかし、いつまでも自分を責めていても進歩がありません。
私から積極的に次女に声をかけるようにし、勉強だけでなく色々な会話をする事で、コミュニケーションを取るように意識するようになりました。

今後は毎日コツコツ着実に進めるように努力すれば、100%完璧という事はできなくても、それに少しでも近づく事は出来るでしょう。

長い目で見て、こちらも気長に構える必要がありそうです。
勉強をして成績を上げること以前に、やらなければならない事を確実にこなしていくという、地に足をつけた勉強の仕方を取り戻す事から始める必要があります。

成績を少しでも上げる事で、少しでも自信を持たせることも必要です。
ただし、成績が上がるとすぐに自信過剰になって勉強のやり方が雑になるので、この点も調整が必要です。

サピックスの先生にも言われましたが、6年生じゃなくて良かったです。
だからと言って、今後良い方向に向かうとは限らないので、あくまでも気休め程度にしかなりませんが。
中学受験をするつもりである以上、卒業までずっとこの状態が続くことでしょう。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

[ 2012/06/14 14:33 ] SAPIX(サピックス)次女(5年生) | TB(-) | CM(4)

サピックス6年生個人面談の様子

5月後半から6月にかけて、サピックスの6年生は、個人面談が行われます。

先日、うちの長女の個人面談が終わりました。

当初、個人面談といっても、どの先生と話すことになるのか、見当がつきませんでした。
小学校のように、担任の先生がいるわけじゃないですし、1人30分の面談って、いったいどんな感じになるのかと。

子供達は「各科目の先生が数分おきに入れ替わり立ち替わり、勉強についてアドバイスして、最後には校舎責任者の先生が担当科目について話して、そのまま総括で受験の話をするんじゃないの?」なんて言ってましたが、そんなの慌ただし過ぎて、満足に会話できないでしょうし。

姉妹で共通の先生が多いので、「先生が誰にせよ、長女の話じゃなくて次女の話になるんじゃないの?」なんて話もしていました。

そして、当日…

指定された時間に行ってみると、受付の女性が個人面談の会場となる教室に案内してくれました。
荷物を置いて座っていると、まもなく、姉妹揃ってお世話になっている校舎責任者の先生が教室に入ってきました。

挨拶を交わし、先生が、新バージョンの「中学入試日別偏差値一覧」を机に広げると同時に、面談が始まりました。

先生のほうは、30分で何を話すのか、各科目の先生達としっかり検討した上で面談に臨んでいるのでしょう。
次から次へと話は進んでいきました。

話の内容としては…

「学習について」と「受験校の組み合わせ方について」でした。

学習について言われた事は…

・6年生に入ってから、全ての試験で偏差値70以上をキープし、安定しているので、特にこちらから言う事はありません。
 
・4年生からずっと様子を見てきましたが、この調子なら、α2に下がる事はあっても、それより下に落ちる事はまず無いと思います。
 
・平常授業で、時にα2で授業を受ける科目もありますが、それほど心配はしていません。
 (当人にとっては不安要素の1つとなっています)

・自分のペースで勉強したいようなので、お母さんは何にも口出しせずに、見守ってあげてください。
  子供から何か言ってきたら、その事に対して答えてあげれば良いでしょう。

・これからも継続して、全ての科目で偏差値65以上を取る事を考えて頑張れば大丈夫でしょう。

・こちら(サピックスの先生)の言う事を全て忠実に守って勉強しますが、ちょっとした脅しも真に受けてしまうので、今後、その都度フォローして、安心させていこうと思います。
  
 例えば、GS特訓で、先生が「桜蔭落ちる子は豊島も落ちる事がある」と言ったことを、娘はずっと心配していたのですが、面談直後、長女は先生から、「成績が合格ラインぎりぎりの子にはそういうケースがあるという意味で言っているだけで、長女の事を言っているわけではない」と言われ、ずいぶんホッとしていました。

 面談以後、長女は、校舎責任者の先生に、時々「何か心配事はない?大丈夫?」と声をかけてもらっているようです。

受験については…

・2月1日と2日の受験校については、これで決定ですね。
    私「はい、そうです。」

・1月の入試は、入学する気が無くても、どこか受けた方がいいと思います。
 1月入試の時期になると、サピックスの教室内でも、合格した話はするなと言っても、必ず話し出す子が出てくるので、全く受けないというのは、不安の原因になってしまうかもしれません。
受かりそうな所を1つ受けてみてはどうでしょうか。
    私「変な風邪がうつるのが怖いのですが…」
    先生「試験会場が巨大会場でなく、教室単位で受ける試験なら、変な風邪をもらう確率は減るのでは?」
    私「家で娘と話し合ってみます」

・2月1日で不合格になった場合でも、豊島岡については、3回続けて受けたとしたら、どこかでまずひっかかると思いますよ。
    私「そうだと良いのですが…」

・それでも、体調不良などで、最悪の中の最悪な結果になった場合はどうしましょうか(先生から私への問いかけ)。
    私「公立中学に行きます」
    先生「(私の話はスルー)そんな場合は、精神的に相当きつくなっていると思うので、渋渋ではなく頌栄という選択肢もあります」
    私「子供は、本当に行きたい学校しか受験する気は無いので…」
    先生「ならば、2月3日に学芸大竹早という選択肢はどうでしょうか。ここなら確実だと思いますよ」
    私「家で話題に出た事はありますが、学芸大附属高校は、家から遠くなってしまうので…。他の高校を受験するなら別ですが、それなら公立中学に行けばいいと思っています。でも、まだ時間があるので、今後、家族で話し合ってみます」
    
・筑波大付属については、偏差値では測れない事が多いので、入学したい気持ちが強いわけではなく、むしろ、確実に受かりたい学校を選択したいなら、受験は避けたほうがいいです。
 実際、日頃成績優秀で桜蔭と豊島岡に合格しても、筑波大付属に落ちる子は…残念ながら毎年いるんですよね…。
    私「分かりました、娘に伝えておきます」

大体、こんな感じの内容でした。

今回の個人面談は、長女の話は20分くらいで終わり、残りの時間は次女の話となりました。

そもそも、今回の個人面談の出だしも、会話のとっかかりをつかむ意味もあったのでしょうか…
先生の「妹さん、最近どうしちゃったんでしょう。家での様子はどうですか?妹さんの第一志望校は決まってますか?」という話から始まったくらいです。

長女だけでなく、次女のための個人面談だったような気もしています。

この話は、いずれ改めて記事にしようと思います。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
関連記事







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ