スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

サピックス授業後の質問教室について子供の感想

サピックス新6年の長女は、新学年が始まった直後の2月、急に増えたプリントの量に四苦八苦していました。

これまでは、分からない問題を親に質問してくる事は滅多になかったのに、6年生になった途端、算数の問題について質問してくる事が急に増えました。

そんな時、私が一緒に考えて教える事で、対応できてましたが、ある日、算数の問題で、当人曰く「どうもすっきりしない」問題がありました。

「1問くらい放っておく?」という思いもあったものの、「たかが一問、されど一問」という思いもあり、長女は、初めて質問教室を利用しました。
小学3年からサピックスに通っていて、利用するのは初めてでした。

以下、長女との会話から知った様子です。

日によっては、混んでいる事もある質問教室ですが、長女が利用した日はそれほどでもありませんでした。

その日、質問をしている子達の中に、長女と同じクラスの子や、何度か同じクラスになった事のある顔馴染みの子達は誰もいず、全く知らない子達ばかりでした。
そのため、「同じクラスの人達は、みんな、しっかり理解できたんだろうな。私だけ分からなかったんだろうな」と思い、今いるクラス内では、自分だけが、ずば抜けて算数が苦手なのではと、心配になったそうです。

教えてくれるのは、算数の先生が教えてくれますが、普段授業で教えてくれている先生ではなく、別のクラスの算数の先生でした。

質問教室を利用する際には、どの問題のどの点が分からないのか、きちんと説明できるようにと、先生から言われているとのことで、質問教室を利用する日の直前には、どういう点が分からないか、きちんと説明できるようにしておきました。

うちの場合は、実際に先生に説明するつもりで、私を先生に見立てて、長女が、分からない点を説明してみて、ちゃんと先生に言えるか確認しました。

親相手なら話慣れているのでスラスラ説明できても、質問教室で先生に説明となると、緊張して頭が真っ白になってしまう可能性もあるため、念のため、そんな予行演習をしました。

質問教室を終えて、普段より少し遅く帰宅した長女は、とても明るい表情でした。
「とても分かりやすく教えてもらえた」と、先生が書いて説明してくれた紙を、私に見せてきました。

マンツーマンで教えてもらえて、まるで家庭教師みたいだと喜んでました。

教えてくれた先生は、6年生のアルファベットクラスの中でも下位クラス担当の先生でした。

これまで、私が目にしたネット上の色々な書き込みの中には、サピックスの下位クラスの先生について疑問や不安を持っている書き込みを目にした事がありましたが、子供がとても満足している様子を見ると、うちがお世話になっている校舎では、下位クラスの先生だって、分かりやすく教えてくれるという事を実感しました。

そして、今、早いもので3月も終わりになり、春期講習が始まりました。
6年生になって間もなく2カ月になりますが、だいぶ自分のペースをつかめてきた様子です。

プリント量の多さや難しさは相変わらず大変ですし、テストも頻繁にありますが、2月の頃のような、戸惑っている様子はほとんど見られなくなりました。

慌ただしさに毎日があっという間に過ぎていきます。
きっと、あっという間に夏休みになり、あっと言う間に正月になり、中学受験シーズンを迎えるのでしょう。

他の受験ブログ 中学受験(本人・親)はこちら
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

サピックス通塾の次女の成績が良い時と悪い時との勉強態度の違い

サピックスに通う次女の成績は、良い時と悪い時とでは、偏差値にして60代前半から50代前半まで10くらいの差があります。

良いと悪い時では、勉強態度も違います。
テストの成績を見ると、良くても悪くても納得できる結果です。
この様子じゃテストの成績は悪いだろうな、今回は上がりそうだな、次女の日頃の様子を見て何となく分かります。

ただ、自分の見解が見当違いだったら嫌なので、テストの結果が出るまでは次女には何も言いません。
でも、これまでのところ、こちらの予想通りの結果になっています。

サピックスの成績が良い時と悪い時の様子を、大まかに書いてみます。

まずは、成績の良い時…

・基礎トレは、何が何でも毎日しようとします。
次女の場合、基礎トレは寝る前にやっているので、やる前に眠くなってしまう事もあるのですが、それでも、歯を磨いたり顔を洗って眠気を覚ましてから、基礎トレはしっかりやっていました。

・「あれ?姿が見えないな」と思うと、自ら勉強しています。
昼食後も夕食後も、テレビを見ているのかな?と思うと、つけっぱなしのテレビに背を向けて、復習をしています。

・案外集中力があります。
当人にやる気が出ていると、多少時間がかかっても、ほとんど休憩も入れずに、色々な科目を一気にやり終える事ができます。

・長女との喧嘩が減ります。
サピックスで教えてもらっている先生は姉妹で共通の先生が多いので、先生や授業中の様子の話題で盛り上がって楽しそうです。
分からない問題について、素直に長女に質問する事も有ります。
概ね、周囲の人に対して素直になります。

成績の悪い時は…

・基礎トレは毎日やらなくなり、こちらが「基礎トレやってる?」と聞くと無言で笑うだけ。
「やってないと」は言えないので、無言で笑うしかない様子です。
無言で笑ってから、決まり文句として「これからまとめてやるから」と言います。

・「あれ?姿が見えないな」と思うと、確実にテレビを見ています。
脇にサピックスのプリントが置いてあるので、一応気にはなっている様子ですが。
結局、復習はせず、見ていたテレビ番組もまだ終わって無いのに、眠っている事もよくあります。

・勉強の準備をする動作が緩慢になり、「面倒臭い」という言葉が増えます。
勉強すると言いだしてから実際に開始するのに30分くらいかかります。
勉強を始める前に、冷蔵庫に立ち寄りお茶を飲んだり、いきなり爪を切りだしたりと、今やる必要のない事を色々始めます。
勉強を始めたと思ったら、10分くらいすると冷蔵庫に行きお茶を飲み、また10分くらい勉強すると、いきなり折り紙を始めたり、チョコレートをつまんでみたり。
これの繰り返しで、勉強時間より休憩時間の方が長くなります。

・習い事をやめたいと言いだすと同時に、学校の勉強が優し過ぎるとバカにする発言が増えます。
同じ小学校に行く子が沢山通っているからと、幼稚園の時からそろばん教室に通っているのですが、成績が下がると、「そろばんやめる、そろばんに行ってるからサピックスの勉強する時間が無い」と言いだします。
と同時に、小学校の宿題が優し過ぎる内容なのに量ばっかり多くて困ると文句を言いだします。
成績が良い時は、学校の宿題は多くても、こんな事は言いません。

・何かと反抗的になります。
勉強が思うようにできない事が自分でも分かるのでしょうか。
イライラしている様子が多く見られ、長女を邪魔扱いし、年の離れた弟妹が遊ぶ元気な声をうるさいと言います。
そのくせ、些細な事で「ママ~」と呼ぶのは、これまで通りです。

他にも色々ありますが、大きく分けると、こんな感じです。

今回のクラス分けテストでも、悪い結果を予想させる態度のオンパレードでした。
しかも、今回は、半年前よりも、反抗期に入っている様子がさらに顕著になってきたような気がしてます。
4年生の時よりも、更に扱いが難しくなっています。

他の受験ブログ 中学受験(本人・親)はこちら
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
関連記事

サピックス成績降下につき放任中止

サピックス新5年生となった次女は、先日のクラス分けテストで2クラス降下の成績でした。

同じ事は過去にもありました。
4年生の夏ごろ、今回と同様に、2クラス降下した時がありました。

その時は、算数のテキストの最後にある計算50問について、できなかった問題だけ書き写した通称「ペケノート」を作りました。
基礎トレで間違えた問題もそうだったのですが、間違えた問題は一度やり直したらそれで安心しきって、そのまま放置していました。
しかし、例えば1か月後にもう一度やらせてみると、出来なくなっている事がほとんどでした。
そこで、私は、次女と話し合い、「ペケノート」を作り、しばらく間を開けて再度解くようにしました。
その際できなかった問題については、再び間を開けてから再度解くようにし、これをを何度も繰り返し、最終的に確実に全部解けるようにしました。

αクラスでは最後の難しい問題まで全部やりますが、この時の次女については、敢えて難しい問題には触れず、それより前のページまでの問題を確実にできるように心がけました。

理科や社会については、テキストの問題を適当に解いて終わり、ではなく、全てをしっかり読んで理解するように意識するように言いました。
こちらも、しばらく間を置いてから再度復習をするようにしました。

成績が元に戻るまで色々口出しすることを次女に宣言し、勉強する際も、私の隣に来させて勉強させる事もよくありました。

その成果かどうかは分かりませんが、12月頃には、私が言わなくても自分から積極的に勉強するようになり、成績も少しずつ上がってきたので、次女との約束通り、途中からは、口うるさく言う事はせず、放任しました。
結局、最終的にあと1点でα1という所まで成績が上がり、新5年生のクラスは、αクラスに復活となりました。

が…
新5年生になった途端、これまでとは違って、あまり勉強をしてない様子に見えました。
それでも、とりあえず組み分けテストの結果が出るまでは好きなようにさせようと、私はなるべく黙って様子を見ることにしました。
当人も、家族の口出しを嫌っていたので。

結果は、2クラス降下。

早速、次女と話し合いをしました。
元々私は、どうしても中学受験をさせたいわけではなく、公立中学でも良いと思っている立場なので、当人に中学受験する気が無いなら近くの公立中学でも良いんだという話や、新5年生の勉強を当人がどう思っているのかなど、色々話をしました。
仮に高校受験となった場合、どんな高校を受けることになりそうか、大学受験の話や将来どんな仕事をしたいのかなども話題になりました。

すると、次女は、中学受験はしたいと言います。
理由は、高校受験は科目数が増えて大変だから、ということと、行きたい中学があるから。
理由については、当人がそう言うのなら、それでいいと思います。

では、サピックス新5年の勉強について、当人はどう考えているのかというと、4年生の時より勉強量が急に増えて、復習量も急増したため、とても負担に感じていると言います。
勉強量が増えるという事は、自然と勉強時間も増えてくるのは分かっているけど、大変だなぁと思うと、気が重くなって勉強を積極的にする気が起きない、とのこと。

4科目全てに対して、大変だな…面倒だな…難しいなあ…嫌だな…やりたくないな…
そんな気持ちが強いようです。
やらなきゃいけないのは頭では分かっているけど、気持ちが乗らない様子です。
急に増えた勉強を1人で全てやるには、気持ち的に負担が大きいようです。

次女の話と今回の成績から判断すると、4年の時よりも、あまり勉強してないような様子に見えていたのは、本当にやってなかったようでした。

そこで、私は、次女が新5年生になって勉強量が増え、自分のペースがつかみきれず、まだまだ困惑しているようなので、これまでの放任を中止することを次女に伝えました。
次女も、これまでは何かと「自分1人でできるから放っておいてくれ」と言っていたのが、今回はとても素直でした。

成績を下げるのは簡単ですが、そこからまた元に戻るのに時間がかかるのは、過去にも経験している次女自身が一番分かっていることでしょう。

今後しばらくの間、次女が復習をしっかりできるように、当人の考えも聞きつつ、一緒に考えていこうと思います。

他の受験ブログ 中学受験(本人・親)はこちら
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
関連記事

反抗期に差しかかってきて扱いにくい次女

次女は、2月からサピックスの新5年生となりましたが、4年生の時と同じ勉強時間で復習をしようとするものだから、時間が足りなくなります。

3月に入ってから、少しはマシになってきましたが、先月は酷いものでした。

4年生の時のように、前日に一気に復習を済ませようとしても、時間が足りず、深夜までずっと勉強しています。

深夜までやって復習が終了できるのならいいですが、そうとは限らず、途中でテーブルに突っ伏して熟睡していることも。
起こすと、そのまま自分の寝室に入って眠る事もある一方で、再び勉強を始めて何とか復習を終了させる事も。

勉強した事がしっかり身についているのか疑問に思ってしまいます。

同じくサピックスに通っている新6年生の姉からは、「4年生の頃よりはるかに大変になるから、覚悟してやらないと間に合わないよ」と言われるものの、「うるさいなぁ、お前に言われたくない」と突っぱねるだけ。

私が、「4年の時とは全然違って勉強量が増えるから、勉強時間だって自然と増えてくるんだよ」というと、「分かっているけど、○○(姉)に言われると腹が立つ」と言います。

昨年秋ごろ、サピックスの先生には、「ちょっと大人じみているところもあって、反抗期に入ってきているのかもしれない」と言われた事がありました。
私も、その通りと思っていて、まだまだ幼い所がたっぷりあるにもかかわらず、1人で何でもしたがる様子が強くなり、少し反抗期に入ってきているかな、という印象を持っています。

そのため、今、次女の勉強については、勉強の様子に首を突っ込む事はしていません。
それでも、親として、子供の様子を知っておくのは大事だと思うので、時には「基礎トレちゃんとやってる?」とか「復習は順調?」とは聞きます。

また、他人の意見をうるさがり、何でも一人でやりたがるわりには、分からない問題を飛ばしてそのままにする事もあるので、「分からない問題はある?」と尋ねる事もしています。

復習量が随分増えているにもかかわらず、なかなか復習しようとしないでいると、こちらの本心は「睡眠不足になるから早く復習しろ!」です。
その言葉が、喉元まで出かかっているのを我慢して、もうしばらく黙って様子を見てみようと自分に言い聞かせてます。

それでも、どうしても声かけしたい時、例えば、ずっとテレビばかり見ている時は、勉強の話ではなく「どうしたの?大丈夫?ずっとここに座りっぱなしで体調悪いの?」と声かけしています。
すると、体調を心配してくれるのは嫌ではないようで、「ううん、大丈夫だよ」と素直に言います。
こちらもすかさず、「そうか、良かった。睡眠はしっかり取らないと翌日辛くなるから気をつけようね」と言います。
すると、次女は、サピックスの復習をしようとしたり、学校の宿題をしようとするのです。
それでも、動かない場合は、よほどテレビに夢中になっているか、何か悩み事があるのか、どちらかの事が多いです。
悩み事といっても、親が聞くと本当に些細な事なんですが、その話を聞いてあげて会話しているうちに気持ちがすっきりするようです。

次女は、幼かった頃から気難しく頑固なところがあり、幼稚園入園直後2か月ほど、毎朝行きたがらず、その辺の柱にしがみついて大泣きし、それを無理やり抱きかかえて通園バスに乗せてた事を思い出します。
今も、4人の子供の中で一番扱いが難しいです。

ところで、次女は、今月に入り、4年生最後の復習テストの理科についての復習をやっと終えまっした。
次女は、電流があまり好きではなく、嫌いだからと復習を避けていたのです。

私は、次女に、「復習した方が良いのは分かっているよね。1人で復習するのが嫌なら、復習したい時に声かけてよ。一緒にやろうよ。」と何度か言ったものの、全然音沙汰なしでした。

常に目に付く所に復習テストの問題用紙を置いて、次女自ら、やると言いだすまで待っていたのですが、全然やろうとしません。
このままでは5年生のプリントで埋もれてしまって、永遠に復習をしないで終わってしまうと思い、半ば強制的に、夕食後に新聞(社会面ではなくテレビ欄)を読んでいる次女の隣に座り、復習を開始しました。

すると、素直に筆記用具を準備した次女の様子に、私は内心びっくり。
もっと反抗してくるかと思ってたのですが、どうやら、本心は、電流嫌いな自分を、半ば強制的に親に仕向けてもらいたかったようです。

次女の場合、この辺の微妙なさじ加減が常に難しいと思っています。

うるさがるから声かけはあまりしないようにしていると、実はそれを待っていたりする事も有るのです。
子供自らどうして欲しいかなんて、いちいち言ってきませんし、こちらから察してその都度対処している状態です。
なかなか苦労しています。

他の受験ブログ 中学受験(本人・親)はこちら
関連記事

サピックス月刊誌「さぴあ」のクイズで図書カード当選

半月ほど前、長女宛てにサピックスから簡易書留の封筒が届きました。

もう新6年年の授業も始まってるし、なんだろうと思って開けてみると、図書カード2000円分が入っていました。
デザインは、サピックスのキャラクターが描かれています。

長女が、サピックスの月刊誌「さぴあ」のクイズで図書カードが当選したのでした。

うちは、長女も次女も、ここ1年ほどほぼ毎月、クイズを解いて応募しています。
が、一度も当選しなかったのですが、やっと長女が当選しました。

毎月20名に図書カードが当たると書いてありますが、どれほどの子ども達が、さぴあの終わりのほうにあるクイズをしているのでしょう。
そもそも、応募する子ども自体、どれほどいるのでしょう。
サピックス全体で、かなりの生徒数がいるわけですから、応募する子供達の数も相当多いのかなと、勝手に推測しています。

何回か応募しているのですが、一度も当たったことがなかったので、本当に当選している人っているのかなって思ったりもして。
でも、本当に当選する人っているんだなと、やっと実感できました。

この2000円分の図書カード(1000円が2枚)は、1枚だけ次女に渡す事などせず、全て長女のものとしたので、長女は大喜びでした。
またいつか当選することを夢見て、これからも応募し続けると言ってます。

一方、次女は、まだ当選した事が無く、今回の長女の嬉しそうな顔や、図書カードを大事そうにしまう様子などを目の当たりにし、こうなったら当選するまで毎月応募し続けると言ってます。

小学校卒業まで一度も当選しないかもしれないけど、応募しなければ当選のチャンスすら無いからと、クイズで分からない時は、私に聞いたり長女に聞いたりして、今月分も既に応募しました。

毎回宝くじを買う大人達と同じ心境なのかもしれません。
子供なりにささやかな夢を持つようで、もし当選したら何の本を買おうかなぁと楽しそうに話しています。

他の受験ブログ 中学受験(本人・親)はこちら
関連記事

[ 2012/03/07 10:22 ] SAPIX通塾の日常生活 | TB(0) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ