スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Z会の幼稚園年中と年長の無料資料請求を体験



⇒Z会幼児コースに年少が追加!くわしいご案内はこちらから!

うちの5才と3才の子達は、これまで「こどもちゃれんじ」をとっていますが、新たに「Z会」にも申し込みました。
資料を無料請求できますし、資料請求した後の勧誘は一切ありませんでした。

Z会は、私自身も高校生の時、大学受験でお世話になりました。
私は、理系にもかかわらず、数学と物理が非常に苦手でした。
そんな状態でも、Z会は、数学や物理で偏差値30台(駿台模試)をとったこともある私が、分かりやすさに夢中になり、テキストがヨレヨレになるくらい繰り返しやることで、数学と物理の成績が上がっていき、第1志望だった旧帝大の医歯薬系の学部に入れたという、非常に信頼のおける通信教育だと思っています。

そして、最近、5才と3才の下の子達が、Z会を申し込みました。

これまでずっと「こどもちゃれんじ」をとっていて、遊びながら学べる充実した付録は、子供4人が一緒に遊ぶ手段の一つになっています。

ただ、別の視点から、付録無しで、もう少し考えること中心になる教材は無いかと思った時、Z会を思いつきました。
幼児コースはこれまで経験が無いため、無料資料請求してみました。
いきなり勉強になってしまうのは嫌だったのですが、幼稚園児に相応のテキストです。
市販のドリルでよくあるような、同じひらがなを単調に数回書かせて練習させる事はありません。
付録が多すぎることがないのも良いです。

それでも、Z会は小学校に入ってからでもいいかな…と悩んだのですが、いつでも始められるけど、やめる事もいつでもできると思い、自分や長女がやっていた時の圧倒的な信頼感から、とりあえず入会することにしました。
料金は、年中も年長も月3000円。
    1年一括払いの場合は、年中も年長も34200円。
    1年一括払いの場合、小学1年生の分も払うとなると料金が違ってきます。
スムーズに小学校入学後の勉強にも繋がっていけるように作られている印象ですが、それでいて勉強でないというのが気に入ってます。

現在、うちの子供達には、入会した人に送られる準備号が届いたところです。
かんがえるちからワーク準備号表紙
事務手続きの説明が書いてある小冊子などと共に、「かんがえるちからワーク準備号」と「かいてけせるクレヨンブック」が入ってました。
この写真は、年中コースに申し込んだ末っ子のものです。
うちの末っ子は、ひらがなはまだ満足に読めませんが、ひらがなが読めない子もいる事が前提に作られています。
添削を出すともらえるシールを集めていくと、ポイントに応じてプレゼントがもらえます。
うちの長男は、トミカが大好きなんですが、20ポイントでトミカがもらえると分かり、今から喜んでいます。
アクアビーズやキラキラノリなどもあり、男の子も女の子も好きなものが選べるように、40種類以上のプレゼントがあります。

かんがえるちからワーク準備号中身
中を開いた時の様子です。
Z会は、要点が分かりやすく、問題も沢山あるわけではなく、厳選されています。
文字や数字の練習もありますが、カラフルな絵の中に数字が隠れていて、見つけたらその数字をなぞってみる、そんな工夫がされています。
紙も安っぽい感じがせず、行間もちょうど良いです。
「かいてけせるクレヨンブック」は、クレヨンかホワイトボード用のペンを用います。
うちはクレヨンでやってみましたが、ティッシュで擦ると綺麗に落ちるので、何度も利用できます。
ひらがなの練習だけでなく、自由に落書きできるページも有ります。


Z会幼児コースに年少が追加!くわしいご案内はこちらから!

にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

サピックス5年生で使った問題集や参考書

今週で、5年生の授業が全て終わります。

小学校3年の夏期講習の時からサピックスに通っていますが、市販の問題集や参考書などは全くやった事がありません。
もっぱらサピックスの復習に専念です。
理科や社会については、プリント1枚1枚の裏もしっかり読むので、それが参考書になります。

サピックスから与えられているものをしっかりやろうとすれば、それを全てこなすだけで、相当頭の中に入ってきますし、他のものをやる気にもならないとのことです(当人談)。

復習が終わったら、昼寝をするなり、テレビを見るなり、読書をするなり、好きに過ごしています。
週末には、サピックスのテストの予定があったり、天気が悪い日以外は、ドライブも兼ねて遠い公園に1日がかりで遊びに行っていました。

とはいうものの、サピックスから指示された本は購入し、指示通りにやっていました。
その本は以下の通りです。
いずれもサピックスの校舎で買ったものばかりです。

いずれ5年生を迎える立場の方の参考に少しでもなればと思います。

国語 国語の要2(夏休みにやるように指示)

算数 算数基礎力トレーニング(毎日1ページやる)
   ベイシック①割合(夏休みにやるように指示)
   ベイシック②比(夏休みにやるように指示)
   ベイシック③速さ(夏休みにやるように指示)
   ベイシック⑤平面図形2(冬休みにやるように指示)

理科 ジュニア理科資料(授業で使用)
   理科基礎力トレーニング(毎日1ページやる)

社会 白地図トレーニング帳基礎編
   アトラス地図帳(授業で使用)
   ジュニア歴史資料(授業で使用)

また、以下のものは市販されています。
画像をクリックするとアマゾンまたは楽天のサイトに行きます。

サピックスメソッド社会コアプラス―中学入試小5・6年生対象

サピックスメソッド理科コアプラス―中学入試小5・6年生対象

年表トレーニング帳―歴史 (サピックスメソッド)

白地図トレーニング帳 [ サピックス小学部 ]

コアプラス2冊は、年間スケジュールに沿って、毎週決められた範囲の小テストがあります。
基本的な問題が一問一答式になっているので、答えを隠しながら問題をやっていきます。

ただ、コアプラスは、サピックスの授業を受け、予定表に沿って勉強するすることで反復学習ができ、効果が出てくるのではと思っています。
授業とセットで使わないと、コアプラスの本当の良さは分からないでしょう。
サピックスに入ってない人から見ると、ただの一問一答式問題集にしか見えないのではないでしょうか。

白地図と年表は、授業に沿った予定表は無いので、買いたい人は買って勉強します。
長女は両方持っていますが、あまりやっていません。
白地図は、元々地図が好きでぬり絵も好きという事で、一部やったページも有りますが、気まぐれにやってあるだけです。
年表は全くやっていません。
やるつもりで買ったものの、社会については授業の復習ばかりで、今となっては、大量のプリントの下に埋もれてしまっています。
サピックスで買ったジュニア歴史資料集はよく見ていますが…。

1年を振り返ると、夏休みは、学校の宿題や、サピックスの夏期講習以外に、問題集を4冊やらなければならず、1年の中で一番大変そうでした。
長女は、毎日コツコツ勉強するタイプではないので、やる気の出た時期に、朝から晩まで2~3日かけてやっていました。

他の受験ブログ 中学受験(本人・親)はこちら
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
関連記事

幼児がひらがなや数字を覚えるのも遊びのうち

幼稚園児に数字や文字の勉強なんて無用と言う人もいると思います。
勉強=親が無理やり机に向かわせる という固定観念があるのかもしれません。

でも、子供は好奇心旺盛で、なんでも遊びながら色々な事を学んでいきます。
ママやパパと一緒に何かする事も大好きですから、文字や数に興味を持ち始めた時に、教えてあげるのは良い事だと思います。
興味を持ち始めているのに、「そんな事はまだ知らなくてもいい」と抑え込むのはよくないですし、教えてあげる事を親として放棄している事になってしまいます。

子供の文字や数への初めての興味や疑問から、親がほんの少しずつ子供に教えてあげることが、長い目で見ると、小学校入学後の学習習慣へ繋がっていきます。

小学校に入った途端に、先生から宿題が出され、その宿題をするのがやっとの状態よりも、幼稚園の頃から、ある程度たしなんでいるから入学後の宿題もスラスラできて、友達と遊ぶにも、時間的にも心理的にも余裕がある方が良いです。
学習の習慣も、毎日ほんの少しずつ積み重ねた上でできていくのが自然でしょう。

学習習慣をつけると言ったって、最初はママやパパと一緒に、ちょっと読んでみたり落書きする所から始まるわけですし。

そもそも、幼稚園卒園間近になっても、文字や数を教えないのは、子供自身が1人で満足に絵本すら読めないことにもなり不幸です。

また、「勉強する子は言われなくても自分からやる」というのも疑問です。
それは、何らかのきっかけを親が与えてあげた上での話だと思います。
そうでなければ、やりたくてもできないでしょう。

要は、無理強いするのではなく、子供が興味を持った時期に合わせて、親が教えてあげるのが大事だと思います。

私は、子供が2才頃から、毎晩就寝前に絵本の読み聞かせを始めているのですが、2歳後半くらいから絵本のひらがなを指さして、「これなんて読む?」と何度も質問してくるようになりました(それ以前は全く無関心でした)。
読み聞かせと言っても、寝る前に絵本を1~2冊程度です。
同じ絵本が何日も続く事も有りますが、好きな本を子供に選ばせて、たまには、親が「こんな本もあるんだけど」と言って読んでます。

ひらがなや数に関しては、まずはパパが、長女が2~3才の頃、「アンパンマンの1・2・3 」や「アンパンマンのあいうえお」を買ってきました。
文字に興味があるなら、小さい子向けのアンパンマンの本ならどうかな?という事で、パパが選んできました。
大型本で、クレヨンや鉛筆で書く所があるので、子供達は、自由にグチャグチャ書いてました。

ひらがなの練習なんて状態じゃありません。
アンパンマンの絵とひらがなや数字が書いてあるけど、落書き帳同然です。
とても親が教えるなんて雰囲気じゃなかったので、いちいち教える事はしませんでした。
思い切り落書きしているのを邪魔されたくないという雰囲気だったので。

子供は、ひらがなの練習をするための本だとは全く認識していません。
うちには、色々な絵本がありますが、その中の1冊にすぎません。
なので、他の絵本にも落書きをいっぱいしてましたし、子供には、その中の1冊にすぎなかったのでしょう。

でも、それで良かったと思います。
文字の読み方は親に聞いてくるけど、まだ自分で書くことには興味が無かったのでしょう。
それでも、視界の中に常にひらがなが入ってくるせいか、たまにはひらがなをなぞっていました。

最終的にはボロボロになったアンパンマンの本の次には、本屋によく売っている公文のワークブックです。
とりあえず、「はじめてのひらがな―2・3・4歳 (1集)」を買いました。
これも、毎日するわけじゃないですし、決まった場所にしまっておいても、年子姉妹がいつの間にかその辺に放り投げている状態でした。
長女が書いたのか次女が書いたのかも分からないし、色々ある絵本の中の1冊という扱いでした。
で、気が向いた時に開いて、クレヨンでも色鉛筆でもサインペンでなぞってみる程度でした。
親としては、聞かれたら教えて隣で見ているだけでした。
それでも、いつの間にやら全て終わっているので、その時は同じシリーズの次のワークブックをおいてました。
公文のドリル一覧はこちら

そして、長女が幼稚園に3年保育で入園した4月、「ひらがなさいころつみき」で、何やらひらがなを並べているので、見ていると、お友達の名前になっていきました。

長女は、お友達になった子の名前を、積み木を並べて作って、終わったら、次のお友達の名前を作っていました。

長女の場合は、そこからが早かったです。
それこそ、親は何も教えない状態で、あっと言う間に、ひらがなの読み書きができるようになると、数にも興味を持つようになり、年少の夏頃に、試しに、近所の小学校で使っている教科書に沿った内容の「教科書ドリルの王様 算数1年」を買ってみたところ、既に字が読めるようになっていたため、1人で読み書きでき、のんびりペースで、年少の冬休みには全て終えました。

一方、文字に対する興味は継続し、年少の秋から小学校1年の漢字を、「トコトンこくご小学1年のかん字ドリル」で学び始めました。

これも、やりたい時にやるだけなので、全くやらない日が何日も続いて、もう永遠にやらないのかと思った頃に、いきなりやり始めたりでした。
結局、年中の夏休み前にには1年生の漢字を終え、2年生の漢字を始めてました。
でも、漢字に対する興味は、その途中で無くなったようで、漢字の練習は一切しなくなり、もっぱら数に対する興味だけとなりました。

そのころ、地図や自然にも興味が出てきたようだったので、小学館の図鑑NEOや、学研の図鑑を一通り買いそろえて、図鑑専用の本棚を用意しました。
さいわい、漢字には仮名がふってあるので、子供1人でも読む事ができてました。
小学館の図鑑NEOはこちら
学研の図鑑はこちら
21世紀こども百科はこちら

他にも、地図は絵本になりやすいので、幼児向けのものを色々買いました。
そのうちの一部です。
世界がみえる地図の絵本 カラフルな挿絵が親しみやすいです。 
日本がわかる地図の絵本 上記の「世界が見える地図の絵本」より先に、こちらの「日本が見える地図の絵本」を買いました。
にっぽん地図絵本(うちが初めて買った地図絵本です)
    全てひらがなというのが読みにくいという事もあるようですが、うちは、親と一緒に読んだので問題ありませんでした。
くもんの日本地図パズル 小学生になった今でも妹弟達と遊んでいます。

年中終了時までに、2年生の問題集を一通り終えた所で、年長からは、1つ上の学年の通信教育を始めました。
何学年も先取りしてもいいのですが、もっとしっかりじっくりと考える力をつけた方がいいのではと思ったからです。
そこで、長女では、サピックスのピグマをとる事にしました。
なお、ベネッセの「こどもちゃれんじ」は、年少の頃から1学年上のものをとりつづけていました。
付録が充実していて、遊びながら学ぶのにふさわしいものばかりだったのがよかったです。
ピグマをとり始めると同時に、「こどもちゃれんじ」はやめました。

幼稚園卒園前には、幼稚園から小学生の新レインボー漢字読み書き辞典をもらった途端、この本は面白いと、1年~6年までの漢字を大学ノートにびっしり書き始めました。
お菓子やご飯を食べるのも後回しにして、夢中で一通り書き終えると、もう一度1年~6年までの漢字を全て書きうつし、更にもう一度やりました。
さすがに、3回やったところで、もう飽きたとやめましたが、その時以来、大人向けの雑誌や新聞などを読めるようになりました。

この頃の私は、子供の中学受験は全く意識してなくて、子供の好奇心をいかに深く満たしてあげようかということしか考えていませんでした。
どんな事も遊びにしてしまう幼稚園児ならではのやり方があると思っています。
また、上の子達が幼稚園児の時、私は第3子と第4子の妊娠出産が続いていたので、本を買ってあげたり、本棚を置いたりしたパパの協力には感謝しています。

現在、うちには、幼稚園児と未就園児がいますが、上の子の時と大体同じようにやっているところです。
上の子とは6~8歳離れているので、当時の本はもう売られてないこともありますし、子供の性格も全然違うので、またゼロからの出発です。

なお、長女のその後については、このブログに色々書いてあります
まだまだ成長の途中で、色々な事がある年頃です。
関連記事







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ