スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

入塾は気軽でも転塾はそうはいかない

あくまでも私の場合ですが…

サピックスに限らず、進学塾に入塾するのは、割と気軽にできますが、いったん入って、しばらく経過後に、もしやめようと思ったら、なかなかできないだろうなと思います。

よほどのきっかけや決意があっても、色々考えてしまい、なかなか結論が出ないのでは。
高学年になるほど、やめるのは難しくなってくるでしょう。

うちの子供達がサピックスに入ったのは低学年の頃ですが、当時は、成績が振るわなかったらやめればいいと結構簡単に考えていました。

しかし、高学年ともなると、それまでにサピックスのカリキュラムを長らくこなしてきたわけで、仮に成績不振だから他塾に移ろうとしても、そこのカリキュラムを新たにこなしていくのは、かなり勇気がいることでしょう。
よほど次の塾を吟味して選ばないと失敗しそうです。

塾は、やめようと思えばいつでもやめられます。
事務手続きを済ませばそれで終わりです。

が、やめた後どうするのかが問題です。
他の塾に移って、これまでより成績が落ちたら、やめなきゃ良かったという事にもなるでしょうし。

うちの場合、今のところサピックスをやめる予定はありません。

でも、一瞬でも、サピックスをやめる事が頭をよぎった事は何度か有ります。
次女がドーンと成績降下した時は、咄嗟に、「また落ちたの?もうやめたら?」って思います。

が、やめた後の事を、色々シュミレーションしてみると、結局、うちの場合は、これまで続けてきたサピックスが一番だなと思います。

今となっては、サピックスを続ける以上に、辞めて他に移ることのほうが、すごくエネルギーを使うでしょうし、面倒臭いというのも本音です。
これまで既に乗っかってきたサピックスのレールに沿って、このまま卒業まで行く方が楽なんです。

また、うちの場合、他に行ってみたい塾があるわけじゃないですし、自宅から一番行きやすいのがサピックスなので、成績が良くても悪くても、うちは、サピックスに通うことでしょう。

電車で1駅乗れば、他の大手塾は色々ありますが、低学年の頃から通ってきた事で、人見知りの強い次女でさえ、先生達にすっかり馴染み、顔見知りの同級生達も増えて、少しずつ友達もできてきている様子です。

そんな人同士の結び付きや、子供達が言うには、授業中の先生の話が面白いこともあって、成績が悪い時も、サピックスに行く事は嫌がりません。
長女も次女も、学校より楽しいと言います。

仮に、成績が下がり続けていくとしたら、それでもきっとやめる事は無いような気がします。
サピックスに通いつつ、成績が上がるように対策を練ることでしょう。

ちなみに、うちの子供達の小学校の同級生も、数人サピックスに通っています。
サピックスでのコースは人それぞれですが、だいたい 3~4年生から通い始めています。

A~Bコースにも3人くらいいますが、1人やめたものの、他の子達は、やめることなくずっと通っています。
学校では、サピックスに通っている子同士でサピックスが話題なることもあるようです。

学校の行事が土曜日にあると、サピックスの土特と重なってしまうので、そういう時、サピックスに通っている子同士で、「どうする?」と相談し合ってます。

サピックスに通うからには、成績が一番大事ですが、長く通い続ける事で徐々に培われた人間関係も捨て難くなってきます。
うちの子達の場合、成績が悪い時に、馴染んでいる先生達や仲間がいるのは、精神的にプラスに働いています。

なので、今となっては、成績が悪いなら別の塾に移りましょう、とは言えなくなっています。
成績だけでなく子供を取り巻く馴染んだ環境もとても大切だと思えるからです。

と言うわけで…
嫌ならやめればいいと気楽に入塾したのですが、今となっては、すっかりサピックスに漬かっています。
どんな事があろうとも、遠方に引っ越しでもしない限り、卒業までサピックスに通う事になるでしょう。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

サピックスのクラス分けを伴うテスト

中学受験を考えて、いずれはサピックスに入室することを考えている方のために、書いておきます。

サピックスのクラスは、テストの成績で決まりますが、最上位のクラスから、α1,α2,α3…となっていきます。
その校舎に一学年何人の生徒がいるかで、αクラスの数は違ってきます。
うちの子供たちの通う校舎は、1学年10以上のクラスがありますが、概ね、上位1/5~1/4がαクラスになっています。

また、αクラスの下の成績の子達については、最下位からA,B,C,D,E,F,G,H…となっていきます。
つまり、アルファベットのクラスの場合、Aから離れたアルファベットほど上位クラスで、αクラスに近くなります。

クラスは、組分けテストや、マンスリーテストの成績で昇降します。
組分けテストは、試験範囲の無い実力テストで、マンスリーテストは、出題範囲が決まっていて復習を兼ねた実力テストです。

マンスリーテストの場合、その校舎の生徒数が多いか少ないか(一学年に何クラスあるか)で、クラスの昇降の上限と下限が決まってきます。

例えば、小規模なこじんまりとした校舎なら、どんなに成績が悪かったとしても、1クラスしか落ちませんが、大規模になるほど、一気に何クラスも落ちる可能性が出てきます。
最大規模の校舎だと、一気に5クラス落ちという可能性も出てきます。

逆に、クラスが上がる時も、小規模な校舎だと、どんなに成績がよくても1クラスしか上がりませんが、最大規模の後者の場合は、一気に5クラス上がる可能性も出てきます。
ジェットコースターのように昇降を繰り返すなんて可能性もあります。


一方、マンスリーテストとは別にある組分けテストは、これまでいたクラスは無関係に、そのテストの成績で今後のクラスが決まります。

あえて極端な例を書きますと、α1の子が極めて悪い成績を取ってAになった、という可能性も出てきます。
どんなに成績が良くても悪くても、クラス昇降の上限や下限が決まっているマンスリーテストとは違い、組分けテストは、もう一度入室テストを受けるような感覚です。


ところで、中~大規模校舎からそう遠くないところに小規模の校舎がある事もあります。

どちらにしたらよいか迷うこともあるかもしれませんが、通塾する曜日や、駅からの距離なども考慮してみるとよいです。

うちも、そう遠くないところに小規模の校舎があります。
子供の性格だけを考えると、小規模な校舎のほうが、子供のストレスが少ないのかな?なんて思ったのですが、結局、家から近いほうが良いというのを最大の理由に、小規模の校舎は選ばず、生徒の多い校舎を選びました。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

サピックス(SAPIX) 兄弟割引き無し

サピックスや中学受験について関心のある方が、このブログに偶然立ち寄ってくださるようですが、「サピックス」というキーワードと一緒に「兄弟割引」というキーワードを入れる方も多いようです。

つまり、サピックスに兄弟割引があるか気になるということでしょうか。

結論から言うと、入室金や授業料に兄弟割引はありません。
確かに、兄弟割引があったらいいですよね。
うちは4人子供がいるし、上の2人は年子で現在サピックスに通っているので、5%引きでも10%引きでも有りがたいです。

ですが、残念ながら、そういうシステムは有りません。
入室金くらい、下の子で免除してくれないかな?なんて思ったこともあります。
ですが、それも有りません。
実際、私が次女の入室の際、受付で尋ねたのですが、そういう制度は無いとのことでした。

その代わり、というわけではないですが、サピックスの通信教育「ピグマキッズくらぶ」を利用していた場合は、入室金が安くなります。
つまり、ピグマ会員の場合、サピックスに入室金を払う際、ピグマ会員証を提示すると、サピックスの入室金31500円からピグマキッズくらぶの入会金10500円分が割り引かれます。

兄弟割引があるのは、四谷大塚ですね。

次女がサピックスに入る前、四谷大塚の通信教育「リトルくらぶ」をやってましたが、兄弟のうちだれか一人でも、四谷大塚やリトルくらぶの会員証を持っていれば、他の兄弟の入会金が免除になります。

日能研は、兄弟同時受講割引制度があって、受講月が重なる期間は最高学年の一人を除く弟妹全員の会費が1カ月あたり1050円割引になります(⇒詳しくはこちら)。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

SAPIX 親同士の付き合いゼロ

うちの子供達は、SAPIX(サピックス)に通い始めて2年半ほど経ちます。
当時2年生と3年生だった姉妹も、あっという間に4年生と5年生です。
そして、来年2月からは、5年生と6年生のカリキュラムが始まります。

昨年までは、姉妹の通塾日がずれていたため、私が必ず送り迎えをし、下の子達の世話は、塾のないほうの子が留守番しながら見る、という感じでした。
現在は、2人とも同じ通塾日なので、私は送り迎えせず、姉妹一緒に帰ってくるようにしています。

ところで…
私が子供を送迎をしていた時、塾が始まる前は、まだ外が明るいせいか、親と一緒に来る子はあまりいない印象でした。
学校帰りにそのままSAPIXに来ている子も目に付きます。
うちが過保護なのかな?と思うくらいでした。

が、さすがに、帰る時は、夜ですし、仕事帰りのお父さんが、子ども達の授業が終わるのを待っている姿も多く、お母さん達の姿も多く見かけます。

そこで見かける光景は、お母さん同士親しくおしゃべりをする姿です。
子供同士が同じ学校なのか、幼稚園か習い事で一緒だったのか、はたまた、親同士が元々知り合いなのか、分からないですが、そんな光景をよく見かけます。

ついつい、すごいなぁと思ってしまいます。
単純に、「どこで知り合うと、こんなに親しくお話しできるの?」と。

というのも、私自身は、SAPIX(サピックス)でそこまで親しく立ち話するお母さんはいないのです。
顔見知りすらいません。
あまり興味が無いという方が良いのかもしれませんが、たまに会釈をされることがあるので、こちらも会釈をするのですが、失礼ながら、誰だか分かっていません。

たぶん、年子姉妹のどちらかと同じクラスで、多少なりとも娘と会話をする女の子のお母さんなのだろうな、とは思うのですが、わざわざ名前をうかがうのも変な気がしますし…。
現在、私は、子ども達の送り迎えはしてませんし、私自身はSAPIXから一層疎遠になりました。

娘達の通う小学校で同じクラスの子の中にも、SAPIXに通っている子はいます。
そんな同じ小学校の同じクラスのお母さんのことすら顔が分かりません。
SAPIXの事は関係無しで、4月の保護者会で偶然隣同士だったので、「お願いします」とお母さんに挨拶したのですが、どうも私は無頓着というか、あまり興味が無いというか…、最初から覚える気が無いというか…
顔は覚えていません。
なので、すれ違っても分からないです。

子供同士は、学校でSAPIXの話をして、クラス替えがあるたびに、今回はどうだったか話をするそうです。
親同士は全く何も…。

こんな状況は、孤独といえば孤独なんですが、親同士は親しくなる必要はないと思っているので、ママ同士の付き合いで気疲れという事も無く、気楽でのんきなものです。

ママ同士の付き合いは無くても、子供当人は、SAPIXに行けば先生から話しかけられて、志望校について軽く会話する事はあるし、クラスが下がれば先生から自宅に電話がかかってきますし…。
それでいいと思っています。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

塾選び SAPIX(サピックス)にした理由

中学受験を見据えて塾選びに迷っている方もいるかと思います。

私も、複数ある選択肢の中から、どの塾が良いのか迷った経験があります。
そもそも、当初は塾ではなくZ会を続けるつもりだったのですが、子供4人いる私が、家でじっくり1人の子の勉強に付き合う事は無理という事が分かり、塾に行くことになりました。

どうせ行くなら、子供にぴったりの塾に行かせたいと思うのですが、最終的には子供が1人で通うわけですから、家から近い所を最優先に選びました。

うちから近い駅周辺には、SAPIXだけでなく、早稲田アカデミー、日能研、市進、栄光ゼミナールとあり、電車で一駅行くと四谷大塚があります。

次女については、それまでやっていた四谷大塚の通信教育「りとるクラブ」の延長で、四谷大塚を考えたのですが、赤ちゃん2人も連れて電車通いは長続きし無さそうなので、却下しました。

結局、家からバスまたは歩きで通える塾から選ぶ事になりました。
SAPIX(サピックス)が家から一番近いのですが、聞く所によると、一番難しい塾で、入ってから付いていけず辞める子もいるとか…
それじゃ困るな…と思い、じゃあ早稲アカはどうだろう?
でも、駅を越えて向こう側に行くとなると少し遠いんだよな…。
できることならSAPIX(サピックス)が近くて良いんだけど…。
などなど、頭の中は、堂々巡りでした。

そこで、自分の子供がどれくらいの学力を持っているのかも分からなかったため、テレビのCMでやっていた四谷大塚の無料テストを、とりあえず2人とも受けてみました。
試験会場は早稲田アカデミーでした。

その試験結果を見たところ、2人とも想定外の好成績だったので、これならSAPIX(サピックス)でも何とか大丈夫そうかな、と思い、入室テストを受け、夏期講習を受けました。
そして、SAPIXに対する子供の話を聞いたり、先生と話す機会もあったので、その時の先生の様子などからSAPIXにしました。

ですので、うちの場合、家から近い所をピックアップし、その中から選びました。
SAPIX(サピックス)の場合、6年生になると、平日の授業が終わるのは午後9時です。
当然ですが、遠いほど帰宅時間も遅くなってしまうので、卒業まで通う事を考えた場合は、近い所から選ぶのが良いと実感しています。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ