スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

軽くショックを受けた長女の「ママ、実は…」

すっかり放置しているこのブログですが、たまにこうやって書き込みに来ています。

先日、私が長男の宿題を見ていたら、そこに長女と次女が来ました。

うちは、長女も次女も、小学生の時の勉強はリビングでした。
テレビは当然のようにつけっぱなしで、年の離れた妹が幼児番組を見て、歌ったり踊ったりしているような状態でした。

今、小学生になった長男が、姉達の時と同じようにリビングで勉強しています。
そのほうが、私が見やすいというのが一番大きな理由なんですが、姉達がそうしていたので、何となくそういうスタイルが続いてます。

リビングに来た長女と次女は、長男の様子には全く興味無い様子で、2人でお菓子をつまみながらおしゃべりをしていました。

しかし、私が、長男の計算ミスを直すように言ったところ、急に長女が、私に話しかけてきました。

「ママ、今だから笑って言えるんだけど、私、サピックスの基礎トレ、結構計算機使って解いてたんだよ。特に面倒な計算は計算機だったなぁ」と。

私は、「へーそうだったんだ」と軽く聞き流しましたが、少ししてから、軽いショックが。
あれー、なんで気が付かなかったんだろうと。
長女の場合、成績が常に安定していたので、まぁいいかとは思うのですが、全然気が付かなかったことにショックでした。

長女が言った後、今度は次女が、「あー、そうそう、私も計算機使ったことあるなぁ」と言いました。
ただ、次女については、使い終わった計算機が置きっぱなしになっていたので、取り上げた記憶があります。

親の目を盗むのも、成績の良いほうが上手ということでしょうか。
そうとは限らないとは思うのですが、うちの場合は、どうやらそのようです。

他の受験ブログ 中学受験(本人・親)はこちら
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

[ 2014/10/18 18:18 ] SAPIX(サピックス)長女(6年生) | TB(-) | CM(-)

あまりやらなかった過去問

今になって娘から聞いた話では、実は、過去問は、4教科全てをきちんと時間を計ってやったのは1年分だけだったとのことです。
夏休みに、サピックスからやるように言われた学校の問題についてはやっていたのですが、秋以降はほとんどしなかったとのことです。

サピックスの授業の中では、第1志望校に限らず受験する学校の問題が出てくる事があったため、時間を計って過去問をやるにしても、既にやった事がある問題という事もありました。
そのため、過去問については、どの学校についても1年分はやり、時間配分のチェックをしましたが、あとはしませんでした。

これは、長女自身が決めた事で、私はそれを黙って見ていました。

ただ、私が子どもの様子を見ている中で、子どもが過去問題集を時々パラパラ見ることはしていました。
パラパラ見つつ、問題構成や問題数など、子どもなりにチェックはしていたと思います。

そのかわり、授業の復習はしっかりやってました。
火曜日と木曜日の平常授業、土曜志望校別特訓、SS特訓の授業のについては、時間があったらやるように(時間が無ければやらなくてもいい)言われている問題も、全てやっていました。
長時間の授業が続く土曜と日曜の授業の4科目分の復習なので、量が多く、長女としては、過去問題集よりも授業の復習に集中するようにしていました。

4科目分の復習といっても、国語は漢字などの知識の確認だけして、読解については、授業の中で完結させていたので、実質3科目と言った方がいいかもしれません。

学校から帰ってきたらまずは昼寝をしてたので、勉強を始める時間が遅く、夜型の生活でした。
それが気になる点でした。

他の受験ブログ 中学受験(本人・親)はこちら
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
[ 2013/04/13 16:10 ] SAPIX(サピックス)長女(6年生) | TB(-) | CM(-)

サピックス6年生冬期講習、正月特訓期間の生活の様子

今年の冬休み、うちの長女は、サピックスの冬期講習と正月特訓を受けました。
1月の受験が間近に迫って来ていたため、緊張感が出てきていました。
と同時に、早く終わりたいという気持ちも強くなってました。

サピックス6年生の冬期講習と正月特訓は、SS特訓のクラスで行われます。
つまり、志望校別に別れ、男子だけのクラス、女子だけのクラスになります。

何も知らない方のために簡単に説明しますと、サピックス6年生の冬期講習は、12月26日~12月29日、1月4日~1月5日の全6日間です。
授業時間は、午後1時半~午後6時半で、休憩無しで、各科目75分の授業が4科目続けて行われます。

更に、正月特訓が、12月30日~1月3日(1月1日は休校)の4日あります。
授業時間は、午前9時~午後5時40分で、午後1時~午後1時40分は昼食タイムです。
午前中に、国語と算数、理科または社会のどちらかの授業があり、午後には、国語と算数、午前中に無かった理科または社会の授業があります。
つまり、毎日、国語と算数は2回ずつ授業があり、理科と社会は1回ずつ授業があります。

長女も、冬休み期間は、ずっと女子だけのクラスでした。

受験本番直前の志望校別クラスの顔ぶれは、そっくりそのまま、同じ学校を第一志望として受験する顔ぶれとなります。
もしかしたら、今後6年間同級生として仲良くなるかもしれない顔ぶれです。
そんなクラスで授業を受け、毎日の授業での点数により順位づけされ、その成績に応じて座席も変わります。

当初、隣の教室の男子クラスや別の女子クラスから楽しそうな声が聞こえてくる中、長女のクラスは静かだったそうですが、冬休みともなると、みんな、すっかり顔ぶれにも馴染んで、授業中も、元気な女の子達と先生との会話が盛り上がって、みんなで笑う事もよく出てきたようで、長女は、楽しそうに授業の様子を話してくれました。

電車通学する子達は半分以上いて、その子達は自然と仲良くなっているようですが、長女は、電車通学ではないため、電車組とは反対方向に帰ってました。
そのため、ほとんど誰とも会話することも無い様子でした。

時々、無口な長女に興味を持ってくれる子がいて、色々話しかけてくれたのはとても有難かったです。
それでも、長女は、最低限の返事しかしないとのこと。

私は、長女に、「自分からも話しかけてみたら?」と提案してみました。

それに対して、長女は、「今もし仲良くなったら、自分、もしくは友達が残念ながら不合格になってしまった場合、すごく悲しい。だから、今は誰とも友達になりたくない。互いに合格して入学することが決まったら仲良くなろうと思う」と言いました。

そして、「今は、自分だけ隣の男子クラスに行きたい」とも言ってました。
平日授業で一緒の男の子達とは、どうせ別々の中学に行くのだから、気が楽とのことでした。

そういう考え方も理解できるので、それ以上私は何も言いませんでした。

無愛想な長女の事を毛嫌いすることも無く、無口だからと逆に関心を持ってくれて、気軽に笑顔で話しかけてくれた子達には感謝です。
良い仲間に恵まれました。

次に、冬休み、サピックスから帰宅してからの様子です。

長女の場合、冬期講習期間は、午後7時ごろに帰宅すると、食事と入浴を済ませ、午後9時~9時半ごろから勉強をしてました。

授業の復習を4科目まとめて一気にやるのですが、大体午前0時半ごろまでには終えて就寝してましたが、翌朝は、かなり遅くまで眠っていました。
午後1時半から授業が始まる場合、通塾にかかる時間や食事の時間を考えると、正午までに起きればいいわけですが、起きてくる時間は、大抵午前10時半ごろでした。
たまに、午前9時ごろ起きてくる事もあったり、正午間近に飛び起きてきたり。
睡眠不足になっているよりは、はるかに良いですが、あまりに眠っている時間が長いのも、気になりました。

こんな状態なので、午前中勉強する時間はほとんどありませんでした。
午前中に勉強することと言えば、前日の授業をもう一度復習したり、これまでの授業を復習したり、暗記モノのチェックをしたり…。
何かをじっくり考えるというよりは、これまでの事をチェックすることをしていました。

年末年始の正月特訓の期間には、朝から暗くなるまでサピックスに缶づめ状態だったので、午後6時過ぎに帰宅し、食事と入浴を済ませる頃には、あっという間に午後8時です。

しかも、サピックスで朝からずっと気を張って勉強しているせいか、家ではかなりダラーンとしていました。
食事が済んでも、テレビをボーっと見ていたり、放心状態の様子。
そんなわけで、家庭学習の時間はほとんどありませんでした。
やることと言ったら、やはり授業でやった事のチェック、できなかった問題の解き直しくらいです。

それでも、正月特訓に限らず、冬休み期間、そして、1月末の最後の平常授業まで、全ての授業で、クラス内の順位を常に意識していました。

持ち帰ってきたプリントに書かれている順位は概ね1~3位だったので、ボーっとしている時間が長くなっていても、この子なりに計画して行動しているのだろうと、なるべく黙認しました(そうは言っても、長女ののんびりムードに、こちらの不安は日に日に強まっていったので、先生に相談したわけですが…)。

長女の様子を見ていて、私が、勉強以上に気になってきたのは、健康管理です。
手洗いはしても、うがいをしようとしない長女に、何度もうがいするように言いましたが、私が注意した瞬間だけうがいをしに洗面所に行くだけでした。

自分の健康管理にあまりに無頓着なので、結局、入試が終わるまで、私が、毎日しつこく言い続けることになりました。

他の受験ブログ 中学受験(本人・親)はこちら
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
[ 2013/04/05 11:47 ] SAPIX(サピックス)長女(6年生) | TB(-) | CM(0)

先生のアドバイスを受けてもあまり変わらず

今年1月、私は、サピックスに電話して先生からアドバイスをいただき、先生の言葉を長女自身に伝えました。

まだ、サピックスの授業は2~3回残っている時だったので、授業の復習だけはやっていたのですが、サピックスに電話する前から、長女には、「今から受かった気分になってないよね?もし、冬休み明けから気が緩んでいるのなら、不合格になってしまうよ」と、度々言っていました。

長女に注意するたびに、長女は、「もちろん、分かってるよ。」と、キリッとした表情で言うのですが、その割にはのんびりムードの読書ばかりで、これまでに無かった事なので心配でした。

1月だからこそ、目の色変えて必死で勉強している子が、きっとたくさんいることでしょう。
もしかしたら、1月の間に、そうやって必死で頑張っている子達に追い抜かされて、長女は、知らないうちに、ドン尻になっているのではと、とても不安でした。

一方、普段仕事であまり家にず、子供の事は全て私にお任せのパパは、私とは正反対で、成績表しか目にしてないせいか、勝手に合格したような気分になっていました。

長女には、「読みたい本ある?買ってきてあげるよ」と言い、長女は喜んでパパと本屋さんに買いに行ってました。

「一発勝負だし、大丈夫なんて保証はどこにもないんだから。あまり受かった気にさせないで。」と言うと、パパは、「本を買うのは受かってからね」と言うようになりました。
私は、「受かってからねって、受かるかどうかも分からないのに」とは思いましたが、パパなりに、あまり深刻にならないほうがいいという配慮なのだろうとも思いました。


先生から電話で言われた事を長女に伝えたところ、黙ってうなずき、プリント類に手を伸ばし、色々なものをパラパラ見始めました。
長女には、「心配のあまり、○○先生に相談したんだけど、こう言ってたよ」と言い出すと効果があるようです。

「そうだ、ここやっておかなきゃ」と呟きながら、勉強を始めました。

ただ、その様子も、必死になっているというよりは、軽く流すような感じでした。
各科目のプリント類を色々見ているうちに、授業で先生が言っていた事を思い出し、その事について勉強している様子でした。
あとは、暗記モノの最終確認を軽く流す感じでやっていました。
そして、急に受験したいと言い出した学校の過去問には結局手を付けることすらしませんでした。
各科目の試験時間をチェックし、ざっと目を通すだけでした。

そんな長女の様子を見て、気持ちが緩んでいるというよりは、もうこの時期、やるべきことはやったという気持ちなのかなとも思えてきました。

結局、長女は、先生の言う通り、普段よりもだいぶのんびりした雰囲気で一通りこれまでのチェックをしました。
そして、これまでの睡眠不足を補うかのように、とにかくよく眠っていました。

私は、心配する気持ちはそのままに、何も言わずに見守るようになっていきました。
「なんで過去問しないの?」とも言いませんでした。

長女が眠っている様子を見ているうちに、長女にとっては、1月は、勉強より健康管理のほうが大事だと思ったのです。
そう思ったくせに、それでも私は、心配で、毎日異常に早く目が覚める日が続きました。

他の受験ブログ 中学受験(本人・親)はこちら
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
[ 2013/03/12 12:32 ] SAPIX(サピックス)長女(6年生) | TB(-) | CM(0)

春らしくなって2月を大まかに振り返る

2月が終わり、あっという間に3月になりました。
日差しがだいぶ暖かくなり、春を感じるようになってきました。

寒さが厳しかった時期の中学受験も、すっかり過去の事に思えるようになってきました。

中学受験の時期は、些細な事でも心配になり、サピックスに電話して先生に話を聞いてもらう事もありました。

2月に入って入試が続き、合格発表の日とダブったりで、朝から夕方まで外にいる日が続きました。

入試が続くといっても、何日も続くわけではありませんが、私は、無意識のうちに、親としての役割はしっかり果たさなければという強い緊張感を持って過ごしていたようです。
入試日に関係なく、必要以上に早く目が覚めてしまう日が続きました。

特に、長女の場合、子供自ら受験校を全て決めて、何が何でもそこに入学するという強い意志を持っていたため、私は、ひたすらマネージャーのように、入試スケジュールや書類の準備に気を配りました。

子供が強い意志を持っていると、こちらもそれに伴って、細心の注意を払い、緊張感も相当なものになりました。

入試が全て終わった時、子供に「頑張ったね、お疲れ様」と言うと同時に、私は、どっと疲れが出て何もしたくない気持ちになりました。

そして、寂しさを伴った虚しさも押し寄せてきました。

この子の小学校生活もほとんど終わったんだ、ランドセルがとても大きく見えた小さな1年生の女の子がこんなに大きく成長して、もうすぐ中学生か…と。

子供が大病せずにここまで成長してくれたのはとても嬉しい一方で、小学校生活が終わってしまう寂しさ、もうすぐランドセル姿を見る事は無くなる事、そして、サピックス中心だった生活に終止符を打った寂しさなのかもしれません。

子供が行きたいという中学受験を終えて、親としての大きな役目を終え、心にぽっかりと大きな穴が空いたようでした。

また、私の場合、数年前の子宮外妊娠の緊急手術をした箇所がお腹の中で癒着しているため、体調によっては痛みだす事があるのですが、最後の試験日の翌日から痛みだし、時には「何か病気になったのかな?」と思うくらい強い痛みの事もありました。

1月から睡眠と食事は意識してとるようにしていたのですが、それでも、心身共に結構疲れている事を実感しました。

しばらく中学受験に関することには一切触れたくない、以前のような平常心に早く戻りたいし、体調も元に戻したいと強く思いました。

しかし、私の場合、心身の休養に専念とはいきません。

長女の中学受験はとても大事ですが、中学から帰宅すると、下の子3人が留守番して待っていました。

今年は、2月2日が土曜日、2月3日が日曜日だったので、小学5年の次女が、幼稚園児2人の食事の世話をしつつ、3人で留守番してくれていました。

受験で中学にいる時は、長女の事しか考えてないのですが、帰宅して4人の子供全員の顔が視界に入ってくる中で、試験会場の様子を振り返ると、実は、私にとっては4分の1の出来事なんだとも思えてきます。

子供1人1人がそれぞれ過ごした1日があり、留守番していた3人から1人ずつその日の様子の話を聞くと、長女の入試より3人分の話のほうが重みを感じました。

特に、どうしても手薄になってしまっていた下の2人の子達とのコミュニケーションは、積極的にとる必要を感じました。

幼稚園児2人にはとても寂しい思いをさせていたようで、入試を終えて長女と帰宅すると、これまで以上に私に話しかけてきたり、妙に不機嫌で普段以上に駄々をこねて泣いたり、抱っこをせがんできたのです。

そんなある日、日曜日の朝、下の子達と一緒に、私は戦隊モノのテレビ番組を見ていたのですが、戦隊モノになりきった子供2人が、一斉に私の腰の上に飛び乗ってきました。

「危ないから、やめなさい!」と言ったものの間に合いませんでした。
人生初のぎっくり腰になり、数日は家事もろくにできず、おとなしく過ごす羽目に。
ぎっくり腰というものがこんなに大変で不愉快なものなのかを実感しました。

結果的に、嫌でもじっとしていなければならなかったのは、体を休めるのにちょうど良かったです。
下の子達に気を向ける事で、入試から気持ちを切り替える事もできました。
幼稚園児が留守番中に描いた色々な絵、私を母として見つめるつぶらな瞳には癒されました。

最近、ようやくぎっくり腰が治ったところで、急に春めいてきました。
この春は、長男の卒園と小学校入学も控えています。

3月中に小学校で使う袋物をいくつか作っていかなければなりません。
そして、算数セットのおはじきの名前書き…。
これが結構面倒。
長女の物を使い回せばいいと思ったものの、壊れている物や足りない物が多数あり、新しいものを買ったのです。
粘土も、長女の物を使えば良いと思って、長女の粘土を何年ぶりかでふたを開けてみると、油粘土ってこんなに固まるものなのかと驚くくらい、カチコチになっていました。
粘土も結局、買い直す事になりました。

今、私の頭の中は、長男の小学校入学準備のことが大きく占めています。

そして、このブログですが…
しばらく放置していました。
元々、私にとってのメインブログは公園紹介ブログなので、あちらのほうは先月もかろうじて更新していたのですが、こちらは見向きもしていませんでした。

3月に入り、春と共に私の気持ちもほぐれ、ようやく平常心で2月を振り返れるようになったところで、入試のエピソードでも書こうと思います。

入試期間での色々な思いや感情、受験校での周囲の様子など、親として貴重な経験でした。

なお、塾の合格実績のように「今回の受験結果は○○中学合格」などと、単刀直入に記事に書く事はしません。
サピックスでのクラスと合格中学だけに興味がある方には不向きなブログだと思っています。

そういうことだけを書くのは簡単ですが、私にとっては、それは所詮上っ面の結果でしかなく、書くだけ虚しい事です。
むしろ、そこに至るまでにあった、下の子達を含めた色々な事のほうが私にとってはウエイトが大きいです。

このブログの記事は、毎日書くわけではないですが、今後、エピソードを書いて行く中で、中学受験を考えている方、特に女の子がいる方なら、どこの中学の事かは自然と察しが付くと思いますし、話の流れから、途中から記事内で中学名を書く事もあるかもしれません。

そして、良くも悪くも、こんな親子もいるんだなと思っていただけたらと思います。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
[ 2013/03/06 14:26 ] SAPIX(サピックス)長女(6年生) | TB(-) | CM(-)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ