スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

子どもの成績によって違ってくるサピックス保護者会での先生の話の受け止め方

私は、長女が6年生になって初めて、サピックスの保護者会に参加するようになりました。

長女が小学3年生の夏期講習の時に入室したのですが、2年半の間、保護者会には、ほとんど参加せず、あとから資料だけもらっていました。
保護者会のために下の子供2人を託児所に預ける気は全く無かったからです。

長女が小学4年生の時、長男が幼稚園に入園し、小学校6年生の時に、ようやく末っ子が幼稚園に入園し、心置きなく保護者会に参加できるようになりました。

各科目について、担当の先生から勉強の仕方の話があるわけですが、先生の話術にすっかり引き込まれ、参加して良かったと、いつも思えます。

先生の話はどれもためになる話ばかりです。

でも、子供の成績によって、親として、先生の話の聞き方が違ってきます。

例えば、サピックス生なら、誰もがやっているはずの基礎トレについて、毎日するように話があります。

しかし、長女は、5年生の後半ぐらいから、まともにやった事はありません。
何度も、「毎日1ページするものなのにね」と会話の中で触れても、長女は、「あれもこれもやる暇なんて無いよ。必ずやると決めた事はしっかりやるけど、それ以外の事は、やる気無いから。」と言ってました。

高学年に入って、復習量が増えてきたところで、長女は、基礎トレを真っ先に捨てたわけです。

そのかわり、それ以外の算数のプリントについては、基礎から難問までほぼ全てを必ずこなしていました。
デイリーチェックは、満点が普通だったので、それが基礎トレ代わりで、復習をしっかりやれば、結果的に基礎的な事も含まれてくると言います。

先生の話を聞いていても、長女は長女なりのやり方でやっていたため、どこか他人事でした。
先生も、当人の好きなようにとのことでした。

長女は算数はそれほど得意ではありませんが、偏差値は常に60台後半だったので、長女に基礎トレを強制する事は結局ありませんでした。

一方、次女については、まずは先生の言うとおりに勉強することが大事だと思っています。
となると、先生の話は結構真剣に聞いて、メモも取りします。

帰宅して次女に話すと、分かったというものの、行動が伴いません。

次女も、基礎トレは、ろくにしません。
まるで、長女の楽そうな所だけ真似をしているようで、授業の復習はしてますが、気持ちが散漫になりがちです。
勉強を始めたと思ったら、すぐに周囲をキョロキョロしだします。
当然、算数の成績は冴えず、長女とは偏差値で15くらい違います。

次女は、基礎トレを毎日やっていた事もあったのですが、復習を先にやったりしているうちに、いつの間にやらあまりやらなくなってしまってます。
長女と同じような理由を言いますが、成績が伴わないものだから、説得力が無く、言い訳に聞こえます。

こんなことを書くと、真っ先に思い浮かぶのは、先生から言われた「上の子と絶対に比べちゃダメですよ」の言葉です。

その通りなのですが、時には、こうやって比べてしまいます。

自分が間違いなく産んだ1歳4カ月違いの娘2人です。
赤ちゃんの時から、いつも一緒に私と過ごして成長した娘2人を、絶対比べるなと言ったって、私には無理です。

時々、姉妹でデイリーチェックの話をしてますが、次女が「今日は9割できて…」と嬉しそうに話すと、長女は、「わぁー、よくそんなので嬉しそうにしていられるね。α1では、ほぼ全員がいつも満点だったから、9割なんて、恥ずかしくて言えないよ。○○(次女名前)、頑張らないと、まずいよ、ほんとに」と言ってます。
次女は、「分かってるんだけどね、なかなかね…」と笑顔で言いかえしてます。

理科や社会にしても同じです。

長女の時は、長女独自の勉強のスタイルが確立していて、4科目総合で偏差値70程度に常に安定していたので、保護者会での先生の話は聞き流しているだけで、何か心配な事があった時に、サピックスに電話して先生にアドバイスをもらってました。
保護者会での情報より、個人的に相談して先生から娘に向けたアドバイスをいただく事がとても有意義でした。

一方、次女の場合は、次女独自の勉強スタイルが確立してないわけですから、先生に個人的に相談する以前に、保護者会で先生の言う事を素直にするのが第一だと思っています。
が、これがなかなか難しいです。
次女なりの気持ちや考え方も絡んでくるので、親が言った通り、先生の言うとおりにするわけではありません。

知的好奇心があまり無い次女は、理科や社会も、やらなければならないからやっている状態です。
それでも、次女なりにやっているだけ、私はマシだと思っています。

ふと思うに、次女の場合、比較的安定している科目は、先生の言う通りにやっていて、苦手な科目は、屁理屈ばかりです。
こんな点が、次女の課題だと思ってはいますが、これもずっと変わらないことでしょう。

苦手な科目ほど先生の言うとおりに勉強すべきなのに、苦手な科目ほど、先生の言うとおりに勉強できてません。

他の受験ブログ 中学受験(本人・親)はこちら
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

[ 2013/05/16 14:34 ] SAPIX通塾の日常生活 | TB(-) | CM(-)

サピックス6年生長女の入試直前1月の生活の様子

以前、サピックスの冬期講習と正月特訓期間の様子について書きました。
ここでは、それに続き、冬休みが明けて3学期に入ってからの生活の様子について書いてみます。

冬期講習が1月5日土曜日に終わり、翌日の1月6日日曜日はSS特訓は無く、久しぶりの休みとなりました。

1月7日月曜日から小学校では3学期が始まり、サピックスは、1月8日火曜日から始まりました。

長女は、1月6日日曜日に長時間睡眠をとったにもかかわらず、相変わらず、いくら眠っても寝足りないと言いました。

特に、3学期に入ってからは、サピックスが無い日は、学校から帰ってきたら、まず、5分ほど何かおやつを食べ、姿が見えなくなったなと思うと、誰の布団の上だろうが構わずに、バタンと布団の上に倒れ眠っていました。

娘が言うには、これから布団に入って眠れるのかと思いつつ布団の上にバタンと倒れるのが、とても幸せな瞬間だそうです。

夕食の時間になっても起きず、起こしても起きず、夜9時過ぎにボサボサ頭で起きてきます。
そこから夕食と入浴です。

勉強は、午後10時半ごろからします。
授業の復習をしていたはずが読書をしている事もチラホラ。

そして、こんな時期でも、やっぱりテレビがつけっぱなしのリビングで勉強をしていました。

それでも、主に暗記モノのチェックをする時には、「テレビ消して」と言う事もあったので、私がテレビを消して静かにしてました。

土日祝日や時間帯によっては、テレビを消しても、リビングでは、幼稚園児達が元気に遊んでいて、歓声を上げたり、喧嘩を始めて大泣きをする事もあります。
長女は、「うるさいさから静かにして!」と強く言いますが、下の子達はチラッと見て、幼稚園年長の長男が「○○(長女の名前)が自分の部屋行けばいいじゃん」と呟き、相変わらず遊んでいます。

確かに、長男の言う通りですが、長女としては、寒い自室よりも、既に暖かくなっているリビングが良いと言います。
長女が、更にイライラしているので、私は、下の子達を隣の部屋に行かせます。

これで、一見落着とホッとしていると、今度は、次女が翌日の学校の準備をするために積み上げていた教科書やノートが、長女のほうへ崩れる事も。

すると、今度は、長女と次女の喧嘩が始まります。
1歳4カ月しか違わない姉妹の喧嘩は、決着がつかず、しばらく言い合いが続きます。

結局、私は、「リビングは人が多くて集中できないだろうから自室に行けば?寒ければ暖房つければ良いし」と長女に言います。
しかし、長女は、「ここがいい」と言い、イライラしながらずっとリビングにいます。

それでも、時間が遅くなってくると、チビッコ達は就寝し、あとは、長女と次女が、静かに勉強できるようになります。
長女については、途中休憩する時間もあるものの、午前1~2時ごろまで勉強をして、午前7時半に起床して小学校に行ってました。

長女は、毎日24時間常に眠いというので、早寝早起きするように言い、試しに、学校から帰ってきたら、まずは勉強するようにさせてみたのですが、座ったまま眠ってました。

結局、当人の好きなようにさせましたが、学校から帰ってきてすぐに深い眠りについてしまう事で、非常に不規則で、しかも夜型の生活でした。
成長期の体だから仕方ないとは思うものの、不規則によく眠る日が続きました。


また、長女は、サピックスで一緒に授業を受けてた子達と同様に、受験の場慣れと、2月受験の前に合格という実績を作っておくため、1月に最初の受験をしましたが、その試験日直前になっても夜型の生活でした。

1月受験の前日は、いつも通り小学校から帰宅しすぐ眠り始め、いったん夕食で起床し、翌日の入試に備え持ち物のチェックをし、再び就寝。

1月試験日当日の朝は、まだ真っ暗な午前5時半に起床しました。
とりあえず、睡眠不足でないのは確かでした。
その後、軽く食事をしてから、頭の準備体操も兼ねて基礎トレをし、それから試験会場に向かいました。

1月校の受験が終わると、2月の試験まで10日くらい間が空きますが、その間も、夜型の生活が続きました。

相変わらず眠ってばかりの生活ですが、目が覚めると、受験終了したかと思うほど好きな本を読んでいて、時々暗記モノのチェックとしてコアプラスをパラパラめくり、基礎トレをしていました。

なお、基礎トレについては、5年生の頃からずっと、毎日1ページずつやっていたわけではありませんでした。
週に1回、先生にノートを見せなければならないため、先生に見せる直前に1週間分まとめてやって、何食わぬ顔をして先生に見せていました。

しかし、3学期に入ってからは、あまり勉強しない代わりに、基礎トレは毎日1ページ必ずやっていました。

基礎トレの出来具合をバロメーターにしていて、基礎トレで不注意なミスをすると、気が引き締まるようで、これまでのプリントのできなかった所を中心に見直したり、他の科目もついでに見直していました。

その時ばかりは、好きな読書はそっちのけで、勉強に集中していました。
間近に迫っている2月は、行きたい学校の試験日が続くとあって、1月前半よりも、顔の表情は引き締まり、いったん勉強を始めた時の集中力はかなりもので、緊張感がありました。

また、3学期になってからも、サピックスの全ての授業に出席し、学校は1月31日まで1日も休まずに通いました。
サピックスは、受験日と重ならなかったので出席することができました。

受験日と重なった場合は、人によっては遅刻してでもサピックスの授業に参加した人もいるし、その日はお休みした人もいるし、人それぞれです。

そして、小学校を休まず通ったのは、それが、小学生の基本中の基本の生活だと思っているからです。
小学校に行って友達や先生と会話することで、良い気分転換にもなります。

但し、インフルエンザなどがクラスで流行り始めてきたら、休むつもりではいました。

クラスの担任の先生からも、「その場合は休んでも構わないですから」と言われていました。
実際には、クラス内で毎日1~3人が、風邪やインフルエンザ、ノロウィルスで休んでいましたが、いつもの冬の様子と判断し、通いました。

他の受験ブログ 中学受験(本人・親)はこちら
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
[ 2013/04/13 18:11 ] SAPIX通塾の日常生活 | TB(-) | CM(-)

中学受験直前に試行錯誤の健康管理~うがい薬

前回の記事で、冬休みから受験直前までの長女の様子を書きましたが、同じ時期の我が家の健康管理の様子について書いてみます。

と言っても、お世辞にも模範的な様子ではなかったので、あくまでも、どんな様子だったかという事について書きます。
長女が6年生になって以来、私の気になることと言ったら、勉強や志望校に対する長女の気持ち、長女の成績、受験校の情報と受験校の組み合わせ、これが3本柱でした。

しかし、冬休みが近づくにつれて、もう1つ、長女の健康管理がとても気になるようになってきました。

日頃から手洗いとうがいはするように言っていたものの、長女はあまりしようとしません。
時には、サピックスから帰宅した時すでに飢餓状態という場合もあるようで、その時は手洗いすらせずに、即食事をしようとします。

勉強については何も言わないようにしてましたが、手洗いとうがいについては、何度も言いました。
しかし、何度言っても、長女は、習慣になりません。

手洗いとうがいについては、うちの幼稚園児達と5年生の次女にもしつこく言いました。
姉が大事な時期であることと、風邪引いて長女にうつったら大変だからと、チビ達には何度も言いました。

こういう時、幼稚園児のほうが素直に実行してくれます。
自分から、手洗いとうがいを一生懸命していました。

うがい薬は色々なものが売られていて、ちびっ子がうがいしやすい味になっているものもあります。

当初、テレビのCMに洗脳(?)されていた私は、うがい薬と言えばイソジンうがい薬と思っていました。
が、イソジンを買っても、特有の臭いと味、お世辞にも綺麗とは言えない色のため、子ども達は誰もうがいをしようとせず、私が、使っていました。
使いきった後は、イソジンではなく、同じ成分でもっと安いものを使ってました。

イソジンに見向きもしない子ども達のためには、「イソジンうがい薬ほんのりフルーティー」を購入してみました。

これは、小児科でもらうシロップ剤の味で、我が家の2番目(小5)と3番目(幼稚園年長)の子が好んで使っていました。
しかし、長女(小6)は、シロップ剤の味とイソジンの味が混ざった変な味が嫌だと、使おうとしませんでした。
末っ子(幼稚園年少)も、嫌がりました。

イソジンうがい薬 250ml[明治 イソジン うがい薬 ケンコーコム]【第3類医薬品】【あす楽対応】

迅速発送★大特価★ケンエー うがい薬600ml【第3類医薬品】 のどの殺菌・消毒・口臭予防に(ポンプ式)【RCP】

のどの殺菌・消毒に明治製菓 イソジンうがい薬P 120ml~細菌・真菌・ウィルスを殺菌・消毒。ほんのりフルーティ~【第3類医薬品】【ドラッグピュア】


そこで、更に別のもを購入しました。
それが、「キレイキレイ うがい薬」です。
これは、フルーツミントピーチ味と、フルーツミントアップル味があります。
4人の子ども達は味の好みがバラバラなので、両方とも購入して洗面所に置いてみました。
すると、4人とも気に入って、うがいをするようになりました。

キレイキレイ うがい薬 フルーツミントピーチ味 200ml[ライオン キレイキレイ うがい液 ケンコーコム]

キレイキレイ うがい薬 フルーツミントアップル味 200ml[ライオン キレイキレイ うがい液 ケンコーコム]

新コルゲンコーワ うがい薬ワンプッシュ 200ml[興和新薬 コルゲンコーワ うがい液 ケンコーコム]

この2種類のうがい薬は、甘い香りでフルーツの味がし、うがいの後、すっきり感があります。
また、透明なピンク色またはうすい緑色の液体なので、汚れが目立ちません。

私自身は、今でもイソジンを使う事があるのですが、イソジンだと、洗面台もコップも茶色に汚れますし、洋服に飛沫が茶色く点々と付いてしまう事もあり、白っぽい服を着ている時はかなり気を使います。

しかし、キレイキレイうがい薬ではそんな心配が無いので、とても気が楽です。
すでに、うちの子ども達は愛用者になっていて、各味とも再購入して使い続けています。

私個人としては、「新コルゲンコーワ うがい薬」も気になっています。
「キレイキレイ うがい薬」と同様に、透明な液体で、商品説明を読む限り、こちらもまた使いやすそうに見えます。
店頭で見ると、ケロちゃんとコロちゃんの可愛い絵がかいてあって、フルーツ味で、馴染みやすい雰囲気です。
また、楽天で見ると、世の中では「キレイキレイ うがい薬」よりも「新コルゲンコーワ うがい薬」のほうが人気あるようです。

12月から受験終了まで、長女が風邪をひかずに済んだのは、もしかしたら、下の子達が毎日うがいと手洗いをしっかりして風邪をひかなかったからかもしれません。

特に、うちの場合、幼稚園児が幼稚園から風邪を持って帰ってきて、それが家族全員にうつる事が、これまでに何度かありました。
この冬も、それをとても恐れていたのですが、家族全員風邪をひかずに過ごす事ができました。

イソジン系のものも含めて複数置いておくと、どれを使うか選ぶのが楽しいようで、子供4人で、使ったうがい薬の使用感を話し合っています。
我が家では不人気のイソジンうがい薬でも、「イソジンうがい薬ほんのりフルーティー」なら、気まぐれ的に使う子もいます。

もしかしたら、家族全員風邪をひかずに過ごせたのは、運が良かっただけなのかもしれません。

しかし、今年も、引き続き、うがい薬をいくつか洗面所に置いておき、子ども達が好きなうがい薬を使うことで、風邪予防の意識を持ち続けてくれたらと思っています。

他の受験ブログ 中学受験(本人・親)はこちら
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
[ 2013/04/12 13:31 ] SAPIX通塾の日常生活 | TB(-) | CM(0)

サピックスの先生から受けるアドバイスの限界

最近、サピックスの先生との会話について続けて書いてますが、今回は、私自身が、先生からアドバイスを受けた中で感じた限界について書きます。

私個人の感覚としては、やる気のない子どもの相談で、「子どものやる気を出すにはどうしたらよいでしょうか?」というのは、先生への相談としてはNGだな、と思っています。

そんなこと相談されたって、先生だって困るでしょうし。
話の流れの中で軽く愚痴る程度ならいいのかもしれませんが。

先生は、それなりに勉強する気がある子が困っている時には、何をしたらいいかなどのアドバイスをしてくれたり、励ましてくれます。
私の場合、私が先生と電話で話すことと、その後の子どもへの励ましは、いつもセットになっているように思います。

しかし、やる気のない子は、まずはやる気が起きるように、親子で話し合う事が大事なので、先生との会話以前の問題のように感じています。

というのも、1年くらい前、当時新5年生の次女の成績が下がった時、先生からアドバイスの電話がかかってきたのですが、次女のやる気の無さが目立っていて、先生のアドバイスが虚しく聞こえた事がありました。

先生にそんな次女の様子を伝えましたが、「前回成績が良かったので、すっかり緩んでいるのでしょう」というだけでした。
その言葉に対し、私は、「私もそうだとは思うんですが、どうしたら緩まずに勉強を続けられるのか、子どもと色々話すんですが、なかなか…」と言いました。
先生は、それ以上、「気の緩み」についてのアドバイスは言いませんでした。

こちらとしては、先生の言う「気の緩み」は私も分かっていて、どうやったら気持ちが緩まずにやる気を続けさせる事ができるのかが問題でしたが、それ以上先生に突っ込んで質問する雰囲気じゃないと思うと同時に、更に先生に質問する勇気も無く、先生の話を聞きながら、親子で解決しなければいけないんだなと思いました。

もしかしたら、先生は、そのうちまたやる気は出てくるでしょう、ということで小学生にはよくある事と思われてたのかもしれません。

先生の認識と親の認識の程度で差があって、親である私が深刻に考え過ぎなのかな、とも思いますが、毎日子供の様子を見ている私としては、一番気がかりな事でした。

もしかしたら、私の先生に対する遠慮の気持ちがあったため、先生との意思疎通がスムーズにいかなかっただけなのかもしれません。
なにせ、先生と話し機会なんてそう頻繁にあるわけではないので。

その時の事を振り返って考えるのですが、いずれにせよ色々な要素が重なって、先生がアドバイスするにも、親が質問するにも、限界があり、根本的な問題となると、親、もしくは親子で解決していかなければならないと実感しました。

また、その時、初めて、もしかしたら、家庭教師や個別指導が必要なのかもと思いました。

しかし、公立中学進学も選択肢の一つである我が家の場合、そこまでしなければならないなら、サピックスをやめて別の方法を取るという方針です。

他の受験ブログ 中学受験(本人・親)はこちら
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
[ 2013/03/31 08:27 ] SAPIX通塾の日常生活 | TB(-) | CM(6)

大騒ぎの子ども達でサピックスの先生からの電話に集中できないことも

子どもの成績が悪いと、サピックスの先生から電話がかかってきます。
しかし、その電話は、いつかかってくるか分かりません。

こちらから先生と話したい場合は、受付の人に電話で希望の時間帯を伝えますが、先生の都合もあるので、なかなかその通りにはなりません。

そのため、電話はたいてい夜になります。

私の場合、電話がかかってきたら、コードレスの受話器を持って慌てて静かな部屋に移動してます。

しかし、時には、ずっと静かに話せるとは限らない事もあります。

私が電話をしている間、幼稚園児の弟妹が部屋に入ってきて、「ママ~、誰と話してるの?ねえ、誰なの?」と交互に大きな声で言い始めます。
私は、静かにするように手で合図するのですが、一瞬静かになるだけで効果が有りません。

そこで、先生に一言断って電話を中断し、電話中は静かにするように、静かにできないないなら部屋から出て行くように、結構強く言います。
すると、2人そろって部屋から出て行きます。

電話口に出て話を再開すると、先生は、苦笑いされている様子で「お子さんが多いですし、小さい子もまだいますから大変ですね」と言い、また話が再開します。

すると、また、下の子2人が乱入してきて、音の鳴るおもちゃまで手にしています。
二人合わせてどんちゃん騒ぎが始まり、騒ぎを聞きつけて入ってきた上の子達が、「ママが電話中だから静かにしなさい」という声も合わせて、大騒ぎになってしまいます。
私が更に別の部屋を移動すると、下の子達もついてきます。

結局、騒々しいままに電話が終わった…、そんな悲惨な事もありました。

ちなみに、私自身、こうなる可能性がある事は想定しているので、電話は、子どもがいない平日のお昼頃が希望なのですが、先生のほうも、午前中はまだ出勤してなかったり、お昼すぎは色々用事があったりと多忙です。
そのため、どうしても授業終了後の夜になってしまいます。

しかも、ちょうど夕食が終わった頃に電話がかかってくるので、子ども達は満腹感から、上機嫌でハイテンションで遊んでいます。

タイミングとしては一番悪いのですが、もっと悪いのは先生からアドバイスいただけない事なので、こちらがどうにかしなければいけません。

一度、トイレに移動して会話した事もあります。

普通の部屋からトイレに移動すると、微妙に声の聞こえ方が変わるようで、先生から「大丈夫ですか?」と言われました。
こちらも、「すいません、どうしても小さい子がついてきてしまい騒々しくなってしまうので、鍵のかかるトイレに移動しました」と正直に話しました。

しかも、トイレで話すのは、案外集中できませんでした。
なにせ、トイレの戸を叩いて「ママ~」と呼んでいるので、おそらく先生にも聞こえていたことでしょう。
トイレに籠ったら、もう逃げ場が無く、追いつめられた心境でした。

日常生活も、こんな感じで大騒ぎで、なかなか静かに話せないのが残念です。

その点、6年生になってからある個人面談は、先生と1対1で約30分話すので、とても集中できます。
私は、個人面談に自分1人で行ってましたが、夫婦で臨む事もできます。

話す要点を事前にまとめて臨んだら、有意義な時間になります。

今年は、次女が個人面談のある6年生なので、次女の担当の先生は誰なのか、あれこれ予想をしているところです。

他の受験ブログ 中学受験(本人・親)は
こちら

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
[ 2013/03/30 10:00 ] SAPIX通塾の日常生活 | TB(-) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ