スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今年も中学受験の時期が終わりつつあります

気がつけば、前回の更新は一昨年前だったんですね。
今、自分で驚いているところです。

さすがに、放置しすぎでした。

今年も中学受験の時期が来ました。
そして、大体の子供たちが何らかの結果を出したことでしょう。

うちの中学生たちが、かつて中学受験でサピックスに通っていた頃、小学校卒業まであと何年?あと何日?なんて考える余裕は全く無くて、サピックスから与えられたものを全てこなす日々だったことを思い出します。
振り返ってみれば、懐かしいですが、あっという間でした。
その時は、必死なんですけどね…。

そして、今、上の娘は私立の中高一貫校に通い、2番目の娘は国立中学に通っています。
ともに、高校受験は無いです。

同級生達も、そのまま高校進学が大多数で、ごく一部の子が、父親の転勤などで、引っ越すため、受験予定という程度です。
あとは、自分の意思で脱出する子もいますが、特に上の娘の学校では、これは例外的な感じです。
成績に関係なく高校には進学できる学校なので。

娘二人、今年は、中学受験のお手伝いをする係で、受験生たちの誘導や、保護者の誘導を行ったそうです。
特に上の娘は、保護者たちの視線が一斉に向けられて怖かったと言ってました。

その一方で、受験生たちを見て、当時の自分を思い出し、サピックスで一緒だった友達と「懐かしいよね。あっという間だったね」と話しているとのこと。

下の娘は、受験生の誘導だけだったので、朝サピックスの先生たちが立って、受験生の激励をしている様子を見て、知っている先生がいないか探したそうです。
誘導もしなければならなかったので、知ってる先生を探すことに専念できなかったと、少し残念そうでした。

いずれにせよ、入学できたからこそ、受験生の誘導係になれたわけなので、頑張って良かったと、口々に言ってました。

他の受験ブログ 中学受験(本人・親)はこちら
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

[ 2016/02/06 08:48 ] 私の日常の出来事 | TB(-) | CM(-)

小学校PTAの広報に専念中

このブログからだいぶ遠ざかっています。

昨年の11月ごろ、このブログで、私が小学校PTAの広報委員をやっている事を書き、来年はもうやりたくないと書いた記憶があります。

しかし、今年も、再び広報委員をやっています。
去年やっていた経験から、今年は班長です(委員長ではなくて)。
昨年以上に学校にいる事が多く、自宅のPCに向かう時間がほとんどありません。
自宅でPCを使うにしても、ワードを開いて広報誌の編集作業をしています。

そのため、このブログに来るのはかなり久しぶりです。

ところで、私が再び広報委員をやると知ると、6年生のママ達に「2年連続でよくやるね。広報って大変なんじゃないの?」と聞かれます。
作業の量だけ考えたら、確かに「大変」ということになるでしょう。
ただ、私は、大変だからこそ生まれるチームワークと連帯感に惹かれて、結局今年も立候補しました。

私は、2年前まで、PTAの係は面倒で関わりたくないと長らく思っていたので、すぐ終わる簡単な行事の係ばかりしてました。

関わりたくないと思っていた理由は、下の子達の妊娠出産が続いたため、何をするにも乳幼児連れになってしまうからです。
また、入院したり手術を何度かしなければならない子もいるため、その子の病気のほうに専念したい思いもありました。
そんな時期に、クラスのお母さんから電話がかかってきて、何かやるようにきつく言われたことがありました。
提案された係の活動時期は、手術の時期と一致していて、お断りせざるおえなかったものの、子どもが同じクラスというだけの知らない人に、自分の子どもの病気の話なんてする気はなく、対処に困りました。
結局、その時は、担任の先生に事情を話しましたが、PTAに対する印象は、長女が小学校に入学して以来、あまりよくありませんでした。

しかし、6~7年経つと、先生やお母さん達の顔ぶれはだいぶ変わり、末っ子が幼稚園に入園したのを機に、人とコミュニケーションをとるにはどうしたらいいのかと考るようになりました。

再就職するなど色々な方法がありますが、とりあえずPTAの委員をすればいいのかなと思いました。
関わりたくないと思っていたのに、今度は関わってみようと思うようになった自分に驚いています。

うちの子が行っている学校は、PTA広報誌のコンクールで何らかの賞をとるなど結構盛んです。

よその学校では、くじで当たってしまったとか、じゃんけんで負けたという理由で広報委員になる事もあるようです。

私は、広報委員の研修会に出たり、他校の広報誌を色々見てますが、どうせやるなら楽しもうと思うか、ずっと嫌々やるかで、広報誌の内容も変わってくるのかな、という印象を持ってます。

学校によっては、学校から出される学校便りと全く同じ内容なのでは?というものも見かけますが、それでは、あまり読まれることなくゴミ箱行きかも。

うちの学校は、それが嫌なので、他のお母さん達との会話の中で関心のある事を日頃から気にするようにして、自分達が興味のある内容について書くようにしています。

ただし、所詮素人集団の作る新聞なので、難しい事は考えず、少しでも興味を持って読んでもらえるように、みんなで広報誌の内容を考えています。

昨年は、学校の行事の裏方の係の子達の取材、どれほどの母親が仕事をしているのか統計を取り、学童での過ごし方や、学童スタッフの顔ぶれ、母親が働くことに対する家族の理解など調査しました。

今回は、学区内の公園全てについて、遊具の種類、トイレや水道の有無、見晴らしの良さ、自販機の有無などを調査し、子ども達にアンケートをとって、公園人気ランキングなどします。
公園取材は、自分がそんなブログをやっているせいか、興味深く思えて、自分1人で全ての公園を回ってしまいました。
他にも、みんなで手分けして、運動会の時の弁当のメニューや、当日夜の夕食事情などをお母さん達にアンケートをとり調査中です。

本当は、育児をしつつも気になってくる母親の健康事情(老眼、更年期、白髪など)も取り上げたいのですが、学校から、PTAと関係ないと言われそう。
最終的には、教頭先生や校長先生のチェックをクリアしないと発行できないので。

広報委員のメリットは…

定期的に会っているうちに、いつの間にやら、変な遠慮が無くなり、チームワークと連帯感ができ上がってきます。
気軽に雑談できる程度の知り合いが複数できる事です。

6~7人のグループで役割分担して作業をしているのですが、時にはみんなで談笑することもあり、結構楽しいです。
子どもの学年もバラバラなので、色々な学年の話を聞くのは新鮮です。

あとは、学校に行くと自分の子供達とすれ違う事も多く、子供は喜んでいます。
特に、入学したばかりの一年生の子どもが、おとなしく授業を受けている様子や、友達と休み時間に遊んでいる様子を見られるのは、安心できます。

ただ、結構大事なのが、同じ係の人達の顔ぶれです。
これによって、雰囲気や負担が変わってきます。

幸い、全く協力しないとか、文句ばかりで何もしないとか、そういう人はいません。
みんな協力しあって良い雰囲気です。
フルタイムで働いていて、学校に全く来られない人もいますが、先生や生徒に書いてもらったコメントを、そのままワードでうってもらうなど、簡単な作業をしてもらい、ファイルを送信してもらってます。

広報の話は、いくらでも書けてしまうのですが、もうこの辺でやめておきます。

このブログについては、まだ放置期間が続くかもしれません。
また、全然更新してないにもかかわらず、それなりにアクセス数があるようになりました。

10年くらい前、当時住んでいた地域のママ達の交流HPを運営していたこともあり、ブログじゃなくてHPにしようかという気持ちもありますが、今すぐできる事ではないですし、コメントいただいても全て放置という事になってしまうので、コメント欄は無くしました。
但し、今までのコメントはそのまま残してあります。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
[ 2013/07/07 16:05 ] 私の日常の出来事 | TB(-) | CM(0)

子ども達が遊ぶモニター付きしゃべる地球儀

私は、自分自身が子供の頃に地図を見るのが好きだった事もあって、子どもが幼い頃から地図に親しむようにしてます。

上の子達については、2~3才の頃に地図絵本を買ったのをきっかけに、年齢に合わせた本を買っています。
今は、その時に買った本を下の子達が見ています。
(⇒年齢別の地図絵本一覧はこちら)

家のリビングには世界地図、トイレには日本地図を貼っているのですが、その影響か、うちの子供達の場合、次女以外は、比較的みんな好きなようです。

本を見る以外に、もっと楽しめるグッズはないか探し、年子姉妹が幼稚園児の頃、まずは、地図パズルを購入しました。

くもんの世界地図パズル

そして、上の年子姉妹が、小学校入学する直前に、しゃべる地球儀を購入しました。
1万円以上するので、数日間考えた上での購入でした。
もう6年以上前の事ですが、当時は、学研から発売されている物を買いました。
日本語でも英語でもしゃべることができ、クイズもできるのですが、私が購入したものは、地球儀上の国名が全て英語表記だったため、年子姉妹揃って「日本語で書いてないから分からない」言いだし、いつの間にやら、机の隅に置かれているオブジェと化していました。

そして、末っ子が幼稚園入をしたのを機に、数年ぶりにオブジェと化していた地球儀のスイッチを入れてみたのですが、電源が入りません。
電池交換してみてもやっぱりダメ。
修理に出す事が頭をよぎりましたが、登録されているデータも古くなっている事だろうし、ちょっと調べてみると、もっと良さそうなものもあり、新たに購入する事にしました。

前回は、普通の地球儀ではない、ちょっと変わった地球儀という事だけで購入しましたが、今回は、自分なりに、購入条件がありました。

・モニター付きである事
・長女から末っ子まで4人が楽しめる事
・地球儀上の国名は日本語表記
・地球儀だけでなく+α的なものがあったら嬉しい

しゃべる地球儀自体1万円くらいするのに、モニター付きとなると更に価格が高くなるのは覚悟の上でした。

条件を満たす地球儀はありますが、今度はどこから買ったらいいのかが問題でした。
検索して見ると、どうやら、機能が沢山ある地球儀は、初期動作不良という事もあるのだなという印象だったからです。
初期不良の際、商品または部品交換に快く応じてくれるか心配でした。

そのため、今度はどこから購入するかでしばらく考えました。

結局、楽天やアマゾンの口コミを参考に決めました。
楽天でもアマゾンでも良かったのですが、私が購入した時は、アマゾンのほうが安かったのと、他の買い物との兼ね合いでアマゾンで購入しました。

しゃべる地球儀 パーフェクトグローブ NEO

[しゃべる地球儀] パーフェクトグローブneo SE12-10

リンク先は2つともアマゾンですが、右の写真の地球儀は最新版です。
今の時点で、左のしゃべる地球儀よりも6000円高くなっています。
機能に大差はありませんが、最新のものには、バイリンガル機能があり、日本語を英語へ切り替え可能になっています。

私の場合、購入した途端、いきなりハプニングに見舞われました。
タッチペンでタッチしても何も音が出ません。
私は、かなり間抜けなところがあるので、私の扱いが悪いのかと、何度も説明書を読み、やり直しましたがダメでした。
そのため、販売しているドウシシャに電話したところ、動作確認済みのタッチペンをすぐに送付してくれました。

が、その動作確認済みタッチペンでやっても反応しませんでした。
どうやら、本体がダメなようです。
しかも、何度も繰り替えしているうちに、地球儀のモニター画面がフリーズしてしまいました。
何度の電源を消してやりなおしても、同じ画面でフリーズしてしまい、音も出なくなってしまいました。

そこで、再びドウシシャに電話したところ、今度は地球儀本体の交換をしてくれました。
この時も、速やかに事が進みました。
動作確認済みの地球儀と交換していただいたところ、ようやく利用できるようになりました。

ドウシシャの担当の方とのやり取りを通じて思ったのは、初期動作不良という事態に随分慣れている感じだな、という事です。
決して珍しい事ではないようだな、と感じました。

なお、この「しゃべる地球儀 パーフェクトグローブ NEO」は、電源を入れてから使えるようになるまで、パソコンのように少し時間がかかります。

うちは、毎日誰かが入れ替わり立ち替わり使っているので、電源は落とさずに、常にスタンバイモードにしています。

そして、現在、うちの子供4人が頻繁に使っています。
幼稚園児達は遊びの1つですし、上の子達も、全ての国について紹介の映像があるため、モニターに色々な画像が出るのが新鮮で、一度やり出したらしばらくやり続けています。

国の代表者の顔や名所の映像がモニターに映り、国歌や代表的な音楽が流れます。

情報のアップデートもできますが、私は、まだやってません。
そのため、我が家のパーフェクトグローブ NEOは、相変わらず、日本の代表者が「野田佳彦」となって、野田前首相の写真が出てきます。

うちの4才の末っ子は、しりとり遊びの際、「の」で始まる言葉を言う時、よく「のだよしひこ」と言っています。
そのたびに、上の子達3人に、「今は安倍晋三だよ」と言われていましたが、ようやく、現在の首相が分かってきたようです。
テレビに首相が写ると、「あべしんぞうさんだ」と言っています。
但し、しりとり遊びの際は、相変わらず、「のだよしひこ」は持ち駒の1つのようです。

そして、アメリカの大統領の事を「この人、かっこいい」と言って、毎日何度かアメリカをタッチペンでタッチして、オバマ大統領が出てくるのを眺めています。

また、「しゃべる地球儀 パーフェクトグローブ NEO」には、ワールドブックという冊子がついていて、この本も、タッチペンにより映像が流れ説明を聞く事ができます。

ワールドブック目次
この写真は、ワールドブックの目次ですが、世界の動植物や歴史、恐竜、国旗などが載っています。

ワールドブックの1部
ワールドブックの一部です。
この写真は、世界の動物についてのページですが、写真や動物名をタッチペンでタッチすると説明が流れます。

世界の国々がどこにあるのか知るだけでなく、各地域の動植物や歴史についても触れる事ができます。

うちでは、このワールドブックは、常に地球儀の下に敷いていて、使いたくなったらすぐに出せるようにしています。

ただし、購入の際は、初期動作不良の商品にあたってしまう場合もあるかもしれません。
私の経験した範囲では、それが最大の欠点だと思ってます。
ただ、その後、ドウシシャに連絡すれば、速やかに交換してくれます。

私の場合、購入直後は商品交換に見舞われましたが、その後は、毎日何度も使っていますが、故障はありません。

また、唯一あまり遊びたがらない次女は、タッチペンでタッチしてから映像が出たり説明が流れるまでに、少し待たされるのが嫌という事です。

私としては、それはパソコンでも言える事なので、特に嫌とは思いませんが、確かに、瞬時に反応する時と、少し待たされる事があるので、人によってはそれが嫌に思うのかもしれません。

しゃべる地球儀 パーフェクトグローブ NEOはこちら

今日、つけっぱなしになっていたテレビで、日本テレビの「ヒルナンデス!」という番組が流れていたのですが、その中で、うちの子供達がやっている地球儀が紹介されていました。
この記事は、以前から、相当のんびり書いていた記事でしたが、テレビで紹介されているのを見たのをきっかけに、一気に書いてみました。

他の受験ブログ 中学受験(本人・親)はこちら
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
[ 2013/03/21 14:05 ] 私の日常の出来事 | TB(-) | CM(0)

慌ただしい日々の中でテレビ局からの依頼

勉強とは少し離れた話題になってしまいますが、まずは、私自身が書きやすい事から書きます。

今日で小学校と幼稚園の2学期が終わりました。

思い返すと、あっと言う間に夏休みが終わり、模試が続き、サピックの保護者会や個人面談がありました。
6年生と5年生がいるので、スケジュールが混乱しそうになることもありました。
小学校のPTAの仕事で連日学校に行く中で、下の子達の幼稚園の運動会や発表会の係にもなり、1学期とは比べ物にならないくらい慌ただしくなりました。

そんな忙しい中で、記憶に新しい驚いた事は、フジテレビから連絡が来た事です。
私が管理している公園紹介ブログを見たようです。

スーパーニュースで日帰り旅行の企画をするそうで、家族で電話やネットでリサーチをして「オリジナル日帰り旅行マップ」を作成し、取材班同行で、実際にその旅行マップを体験する、という企画でした。

リサーチして実際に遊びに行くのは、これまで私がやっている事ですし大好きですが、現在、小学6年生の長女は毎週末サピックスに行ってます。

そのため、今学期はとても慌ただしく、ほとんど公園に遊びに行っていません。
下の子達だけを連れて、何かのついでに公園に行く程度です。

そんなわけで、今は、リサーチして親子でお出かけというは難しい状況です。

まして、取材班同行だなんて、ものすごいプレッシャー…。
こちらで好き勝手にリサーチして計画しても、「テレビで紹介するまでもないようなショボイ計画だ」と難癖をつけられたりして?

こういうのって、他人に邪魔されず、私達親子のペースで行動できるから楽しいと思っています。

仮に出演した場合の事をシュミレーションしてみましたが、親子でテレビに顔が出てしまっては、ブログ管理者である私の素顔が分かってしまうだけでなく、受験生である子供の顔まで分かってしまいます。

しかも、私達親子は、結構人見知りなので、仮に、取材班同行となると、私も子供達も無口になってしまって、まるでお通夜のような雰囲気になってしまいそうです。

考えるほど、デメリットばかり思い浮かびました。

結局、受験生がいるという事を最大の理由としてお断りしました。

その返信としていただいたメールの中に、「来年も同様の企画を予定しているので…」とありました。
来年のこちらの事情は伝えませんでしたが、来年も受験生がいるので、取材班同行の日帰り旅行をする余裕は無いでしょう。

今回の件は、2年前に「ベイビーstyle」というフジテレビの番組からの問い合わせ(出演せず)があって以来の出来事でした。

幼稚園入園前の幼い子が1人いるだけなら、割と気軽に出演する気になるのかもしれませんが、うちの場合は年齢差のある4人の子供がいます。

中学受験を控えた小学校高学年の上の子達までテレビに出てしまった場合の影響を色々考えたら、全てお断りするのが一番良いと思っています。

そもそも、番組の意向を気にしつつ日帰り旅行の計画を立てるのは、私には荷が重いです。
受験生がいるいないに関わらず、取材班同行のお出かけというのは、今後もお断りになりそうです。

他の受験ブログ 中学受験(本人・親)はこちら
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
[ 2012/12/21 18:23 ] 私の日常の出来事 | TB(-) | CM(0)

2学期行事が全部終わった区切りに口腔外科で親不知抜歯

私は、小学校のPTA広報委員の仕事が先週で無事に終わったところで、今週は、大学病院に行って、痛くて眠れないほどに悪化していた親不知を抜きました。

もっとも、この歯は、歯肉の中に完全に埋没していて外からは全く見えないので、切開していくつかに分割して取り出しました。
親不知の隣の歯は完全に外に出ている歯なんですが、その歯の歯周ポケットがいつの間にやら非常に深くなっていて、歯ブラシで磨ききれない状態で、接していた親不知のほうが、歯肉の中で化膿してしまいました。
切開した途端、口の中に何やら温かいものを少しだけ感じたんですが、これは血ではなく膿でした。

先月頃から何となく分かってたんです…。
歯磨きの時、その部分に歯ブラシが触れるだけで、ブヨンブヨンして感覚が鈍く、出血してたので。

よくこんなに酷くなるまで我慢できたと、担当の歯科医に感心されたんですが、何せ、学校の行事、幼稚園の行事、サピックスの保護者会や個人面談と重なっては嫌だし、頬を腫らして外を歩きたくないという思いもあって、全てが終わったこの時期になってしまいました。

この親不知、バカデカイだけでなく、あごの骨に癒着していたため、どうにもこうにも動かず、結局あごの骨まで削って取りだしました。
ドリル(?)の振動は、強烈で、意識まで掻き乱されてそのまま気絶するのではと思うほどでした。
でも、痛くは無かったのが救いです。

そして、当日の麻酔が切れた時の痛みは、かなり強く、無意識のうちに唸ってしまうほど痛かったです。
痛み止めを飲むと今度は眠くなって、夕食はろくに食べられないので、下の子二人を連れて、すぐに眠ってしまいました。

そして、今、3日経って痛みはひいてきましたが、口角が裂けてしまったため、いずれにせよ口があまり開けられません。

会話と食事が少し不自由ですが、一通りの行事が全て終わっているため、何の心配もせずに済んでいます。

私の口の中が落ち着いたら、とりあえず私の健康状態はOKとなり、長女の中学受験の出願準備を本格的に始める予定です。
あとは、風邪をひかないようにしなければ。

そして、このブログも久しぶりに書こうと思っています。

でも、2ヶ月も空いてしまうと、何から書いていいのか分かりません。
ブログは開くんだけど、手を動かせずに何から書こうかなと悩む、そんな状態です。
こんなブログでも、時々読みに来て下さる方々がいるのは、いただいたコメントなどから承知しています。

長女や次女について、起きた出来事の順に書こうとするから困ってしまうのかもしれません。
気楽に、思いついた事から、のんびりと書いていこうと思います。
そうしているうちに、また軌道に乗ってくると思ってます。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
[ 2012/12/14 02:41 ] 私の日常の出来事 | TB(-) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ