スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今年も中学受験の時期が終わりつつあります

気がつけば、前回の更新は一昨年前だったんですね。
今、自分で驚いているところです。

さすがに、放置しすぎでした。

今年も中学受験の時期が来ました。
そして、大体の子供たちが何らかの結果を出したことでしょう。

うちの中学生たちが、かつて中学受験でサピックスに通っていた頃、小学校卒業まであと何年?あと何日?なんて考える余裕は全く無くて、サピックスから与えられたものを全てこなす日々だったことを思い出します。
振り返ってみれば、懐かしいですが、あっという間でした。
その時は、必死なんですけどね…。

そして、今、上の娘は私立の中高一貫校に通い、2番目の娘は国立中学に通っています。
ともに、高校受験は無いです。

同級生達も、そのまま高校進学が大多数で、ごく一部の子が、父親の転勤などで、引っ越すため、受験予定という程度です。
あとは、自分の意思で脱出する子もいますが、特に上の娘の学校では、これは例外的な感じです。
成績に関係なく高校には進学できる学校なので。

娘二人、今年は、中学受験のお手伝いをする係で、受験生たちの誘導や、保護者の誘導を行ったそうです。
特に上の娘は、保護者たちの視線が一斉に向けられて怖かったと言ってました。

その一方で、受験生たちを見て、当時の自分を思い出し、サピックスで一緒だった友達と「懐かしいよね。あっという間だったね」と話しているとのこと。

下の娘は、受験生の誘導だけだったので、朝サピックスの先生たちが立って、受験生の激励をしている様子を見て、知っている先生がいないか探したそうです。
誘導もしなければならなかったので、知ってる先生を探すことに専念できなかったと、少し残念そうでした。

いずれにせよ、入学できたからこそ、受験生の誘導係になれたわけなので、頑張って良かったと、口々に言ってました。

他の受験ブログ 中学受験(本人・親)はこちら
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

[ 2016/02/06 08:48 ] 私の日常の出来事 | TB(-) | CM(-)

軽くショックを受けた長女の「ママ、実は…」

すっかり放置しているこのブログですが、たまにこうやって書き込みに来ています。

先日、私が長男の宿題を見ていたら、そこに長女と次女が来ました。

うちは、長女も次女も、小学生の時の勉強はリビングでした。
テレビは当然のようにつけっぱなしで、年の離れた妹が幼児番組を見て、歌ったり踊ったりしているような状態でした。

今、小学生になった長男が、姉達の時と同じようにリビングで勉強しています。
そのほうが、私が見やすいというのが一番大きな理由なんですが、姉達がそうしていたので、何となくそういうスタイルが続いてます。

リビングに来た長女と次女は、長男の様子には全く興味無い様子で、2人でお菓子をつまみながらおしゃべりをしていました。

しかし、私が、長男の計算ミスを直すように言ったところ、急に長女が、私に話しかけてきました。

「ママ、今だから笑って言えるんだけど、私、サピックスの基礎トレ、結構計算機使って解いてたんだよ。特に面倒な計算は計算機だったなぁ」と。

私は、「へーそうだったんだ」と軽く聞き流しましたが、少ししてから、軽いショックが。
あれー、なんで気が付かなかったんだろうと。
長女の場合、成績が常に安定していたので、まぁいいかとは思うのですが、全然気が付かなかったことにショックでした。

長女が言った後、今度は次女が、「あー、そうそう、私も計算機使ったことあるなぁ」と言いました。
ただ、次女については、使い終わった計算機が置きっぱなしになっていたので、取り上げた記憶があります。

親の目を盗むのも、成績の良いほうが上手ということでしょうか。
そうとは限らないとは思うのですが、うちの場合は、どうやらそのようです。

他の受験ブログ 中学受験(本人・親)はこちら
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
関連記事

[ 2014/10/18 18:18 ] SAPIX(サピックス)長女(6年生) | TB(-) | CM(-)

今年2月中学受験終了その後

久しぶりにここに来ました。

次女の中学受験が終わった瞬間、受験に関する全ての事からの解放感に浸っていました。
もう中学受験に関するものは見たくないし、触れたくもない、そんな感じでした。

進学する学校が決まってすぐ、サピックスのプリントは、全てまとめて廃品回収に出し、中学入学と小学校卒業に専念しました。

そして今、次女は、思いがけず入学することとなった国立の中学に通っています。
小学校から上がってくる同級生達になじめるか心配していましたが、とてもフレンドリーなクラスメイト達のおかげで、すぐになじむ事ができました。

完全中高一貫校ではないですが、同じ顔ぶれで高校に進学するので、中高一貫校同然の雰囲気です。

次女の中学受験は、何が起こるか分からないものだと実感するものでした。
私立と国立、どちらが良いか、考えるほど分からなくなり、全く結論が出ませんでした。
親は私立中学が良いのではと思ったものの、子どもは手のひらを返したように国立に行きたいと言い出し、驚きました。
結局、子どもの意思を尊重して進学先を決めました。

中学受験が終わってから、半年が経ちましたが、終わってしまうと、サピックスでの出来事全てが猛スピードで遠ざかっていきます。
それでも、中学から入学してきた同級生はサピックス出身者が多いので、話題になる事は時々あるとのことです。

これからは、下の子達が中学受験をするかどうかです。
長男は、上の子達とは全くタイプが違うので、公立中学進学も含めて考え中です。
サピックスに行くかどうかも未定です。
末っ子は、来年から小学生なので、まずはランドセル選びからですね。

このブログは、上の子達の中学生活について書くつもりはないので、これからは気まぐれに何か書くことになると思います。

他の受験ブログ 中学受験(本人・親)はこちら
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
関連記事

[ 2014/08/04 01:01 ] SAPIX(サピックス)次女(5年生) | TB(-) | CM(-)

サピックスの先生から激励の電話が

ついさっき、午後2時35分ごろ、ちょうど末っ子の通園バスが到着する時間にあわせて、自宅を出ようとした瞬間、自宅の電話が鳴りました。

パパからの電話かと思い、パッと受話器をとったら、サピックスの先生からの激励の電話でした。

どうしよう、末っ子の通園バスが来ちゃう、今更、あとで電話かけ直していただけませんか、とか言えないし。
内心どうしようかと思いながら、先生にご挨拶。

先生:「昨年に引き続き、今年も激励のお電話をしました」
私:「当人、家にいますので、代わります」
次女は、先生と何か話していますが、別室のため、良く聞こえません。

長電話になったらどうしよう、通園バスが幼稚園に戻っちゃう、と思いつつも、じっくり先生と話して欲しい気持ちもあり、複雑な心境でした。

と思ったら、次女と先生の電話は長くなく、すぐに次女は私に受話器を持ってきました。

先生:「声も落ち着いていて良い感じですね」
私:「いえいえ、もう心配で」
先生:「お母さんからも、頑張るように言ってあげて下さい。」
その後、少し受験校について話をされて最後には、
先生:「お姉さんと一緒に低学年の時に通い始めて以来、ずっと、お世話になりました」
と挨拶されました。

なんだか、もう、合格の挨拶はどうせ来ないだろうと思われているのか、なんて少し悲しい気持ちにもなりましたが、これは、私は今不安な気持ちでいっぱいだから、悪く考えてしまうのかもしれません。

長女の時は、先生からかけられた言葉も、「いつも通りやれば絶対合格するから」と言われていたけど、次女の場合は、「頑張れ」というのがメインだったとのこと。

確かに、次女に「いつも通りやれば絶対合格するから」とは言えません。
昨年の記憶がまだ鮮明すぎて、いちいち、長女との違いを感じてしまいます。

そして、そんな自分に、うんざりしつつも、どうしても比べてしまいます。

他の受験ブログ 中学受験(本人・親)はこちら
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
関連記事

[ 2014/01/31 15:13 ] SAPIX(サピックス)次女(5年生) | TB(-) | CM(-)

中学受験直前で落ち着かない気持ちの1月

今月は、次女の受験が間近に迫ってきた事もあって、私は、毎日落ち着かない気持ちでいます。

中学入試は、去年の長女に続き2回目なので、願書に貼る写真をどこで撮影するとか、何枚写真を用意しておくとか、写真についての要領は得ています。
でも、それ以外については、初めての様なものです。

長女とは成績が違うし、好みの学校も違います。
そのため、受験校の組み合わせも違ってきます。

次女の受験のために初めて見学した中学も複数あり、次女に合う中学なのか考えながら、先生のお話しを聞き、生徒さん達の様子を見学しました。

長女の時も含めると、それなりの数の学校を見学したことになります。
中学の見学自体は、私は好きなので、楽しかったです。

でも、今現在の心境は、一体どうなるんだろうという不安でいっぱいです。
受験する学校は、どの学校も、次女が行きたいという学校で、これまでのテストの成績から考えて選択しました。

一番の不安は、全部落ちるんじゃないかという不安です。
これは長女の時もそうでしたが、サピックスで常に偏差値70前後と安定していても、どんなに滑り止めとして受験したつもりでも、結果を見るまでは本当にずっと不安でした。
滑り止めの学校でさえ不安なんですから、2月受験校はもっと不安でした。

まして、次女の場合、長女のような成績ではないですし、しかも、成績がガタンと悪くなる事があります。
本番で、悪い時のパターンが出るのではと思うと、とても心配です。
あらゆるパターンを想定して、そうなった時の自分の気持ちが少しでも冷静でいられるように、シュミレーションしています。

ただ、昨年に続いて2年目だからでしょうか、夜の寝つきは良いです。
昨年は、夜はなかなか眠れず、朝4時ごろには目が覚め、脈は乱れるし、頭痛はするし、体調不良で、肝の据わった長女に対して、私は小心者でしたが、今年は、よく眠れています。

昨年の受験を経験して思った事は、親が悲観的に考えようが、逆に能天気になろうが、受験の結果はなるようにしかならないという事です。
時間と共に、淡々と結果が出て、その結果に従って、こちらも淡々と行動するだけです。

ただ、結果に一喜一憂しますし、子どもは試験に全力投球だし、親はその間、祈るような気持ちでずっと待ち続けます。
この一連の流れが、実はとても疲れます。
ただボケーッと待っているわけじゃなくて、ずっと落ち着かない、居ても立っても居られない気持ちで、待ち続けるのって、結構疲れるのです。
しかも、これが連日となるわけですから、疲労困憊です。

子どもが試験中、親が、どこで待つかにもよるのでしょうが、大抵は、中学が用意している保護者控室で待つことになるでしょう。
そんな場所での、周囲の様子も、色々目に入ってきます。

私の場合、特に記憶に残っているのは、去年、ある中学の保護者控室でのことです。

私が、特にする事もないため持って行った本を読んでいたら、目の前に座っているお母さんの携帯が鳴り、そのお母さんは携帯に目をやるや否や、すすり泣き始めました。
どうやら、1日受験校の合格発表の結果がメールで送信されてきたようです。

私は、あまりそちらを見ないように、読書をするように心がけましたが、全く本の内容が頭に入ってこなくなりました。
ちなみに、周囲にいた他のお父さんやお母さん達も、見て見ぬふりで、新聞やスマホに見入ったり、テーブルに突っ伏して寝ていました。

昨年の入試では、こんな光景はごく1例にすぎず、良くも悪くも目にしたものは非日常の光景で、私の気持ちにとても響きました。

そんなわけで、子どもに付き添う親も疲れるわけですが、そんな疲れは、入試まっただ中ではあまり感じません。
全てが終わって一息つけるようになった時、一気にドカッと出てきます。

私は、昨年の入試後は、心身ともに疲れ果て、しばらく一日中寝ていました。

今は、入試の前の段階で、疲れは無いですが、落着かない気持ちがピークです。

昨年の今の時期は、目的もなくサピックスや中学のHPをながめていたり、下の子の幼稚園の卒園式の準備や小学校入学の準備をして、気を紛らわしていました。

そして、家の中の掃除もしました。
これは、今年もそうなのですが、トイレ掃除やお風呂掃除をいつも以上に綺麗にしたくなります。
キッチンのコンロ周辺や水回りも、急に油汚れが気になったりして、いつも以上に掃除しました。
掃除は、頭の中が無の状態になれるし、家の中は綺麗になるし、一石二鳥です。

今回の中学受験では、掃除以外には、こうやってネットをやって気を紛らわしています。
ただし、昨年もそうでしたが、他の人のブログなどは全く読みません。
自分の事を書いて発散させているだけです。
いくら何をしても不安なのは無くなりませんが、何もしないよりはマシにはなります。

下の子達に絵本を読んであげたり、Z会 幼児コースのワークブックを見てあげるのも、良い気分転換になります。
上の子達も、こんな時期があったなぁと懐かしくなります。
あとは、学生時代の友達とのランチや、中学の同期会の事など、楽しい事を考えるようにしています。

でも、完全に不安が解消して落ち着くのは、良くも悪くも全てが終わって、入学先が決まった時になるでしょう。

そして、これもまた昨年同様、全てが一通り落ち着くまで、こちらのブログは、次女の話題から離れることになるでしょう。
もしかしたら、元々気まぐれ更新なので、更新自体、しばらくしないかもしれません。
更新するとしても、下の子達の話題か、上の子達が幼かった頃の話になると思います。

他の受験ブログ 中学受験(本人・親)はこちら
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
関連記事

[ 2014/01/31 14:20 ] SAPIX(サピックス)次女(5年生) | TB(-) | CM(-)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ